メインメニューを開く

立川 吉幸(たてかわ きっこう、1973年8月31日 - )は、落語芸術協会所属の落語家。本名、渡邉 正美千葉県勝浦市出身。現在は東京都足立区在住。

立川たてかわ 吉幸きっこう
本名 渡邉わたなべ 正美まさみ
生年月日 (1973-08-31) 1973年8月31日(46歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県勝浦市
師匠 2代目快楽亭ブラック
立川談幸
名跡 1. 快楽亭ブラ房(1997年 - 2005年)
2. 立川吉幸(2005年 - )
出囃子 春風がそよそよと
活動期間 1997年 -
所属 落語立川流(1997年 - 2015年)
落語芸術協会(2015年 - )

経歴編集

  • 1997年10月、2代目快楽亭ブラックに入門。前座名「ブラ房」。
  • 2005年8月、立川談幸門下となり、吉幸と改名。
  • 2007年7月1日、二つ目(立川流)昇進。
  • 2007年11月16日、東京・ムーブ町屋ホールで、二つ目昇進披露。
  • 2014年末、師匠立川談幸とともに落語立川流を退会[1]
  • 2015年4月、落語芸術協会入会(以降、2016年4月上席まで前座)[2]
  • 2016年4月中席より、二つ目(落語芸術協会)に昇進[3]
  • 2019年5月上席より、真打に昇進[4]

エピソード編集

  • 長かった前座時代からも端正な語り口を見せ、他の落語の流派の落語家と初めて共演した際には、その落語から前座レベルの噺ではないと驚かれることもあった。[要出典]
  • 東京でおさなぎ色という芸名で漫談をしていた桂ぽんぽ娘上方落語協会所属の女流噺家)からは、東京時代の公私にわたる交流をもとに「白馬の王子様」と称され慕われている。なお、公式サイト名の「ときめき☆…」というのは、おさなぎ色がかつてパーソナリティを務めた「ときめき☆乙女塾」に由来して、吉幸の贔屓筋周辺が命名した。[要出典]
  • 経歴では確かに二つ目に成り立て(2007年現在・立川流所属時)ではあるが、らくだ子別れ芝浜など寄席における大トリネタにも早くから取り組んでいる。[要出典]
  • 倉庫の二階の主催者・村田席亭と二人で「オールナイトチョメチョメ」というトークショーを両国亭で開催している。開催は年六回で、奇数月に開催している。
  • 落語立川流退会後、2015年4月1日から落語芸術協会に加入。ただし、1年間前座を務めることとなり[5][6]、2016年4月上席まで前座として扱われた。2016年4月中席をもって、二つ目に昇進し、その約3年後の2019年5月上席から真打に昇進した。
  • 競輪に造詣が深い事でも知られており、大レースの際には競輪場のイベントに登場することも多い。

関連項目編集

  • 倉庫の二階

脚注編集

外部リンク編集