メインメニューを開く

立川 志の春(たてかわ しのはる、1976年(昭和51年)8月14日 - )は、大阪府豊中市出身の落語家。本名は小島一哲[2]出囃子は『供奴』[3]。弟は劇団四季出身の作曲家・ミュージカル俳優の小島良太[4]

立川 志の春たてかわ しのはる
立川 志の春
丸に左三蓋松は、立川流の定紋である。
本名 小島 一哲
生年月日 (1976-08-14) 1976年8月14日(42歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府豊中市
師匠 立川志の輔
活動期間 2002年(平成14年) - 現在
活動内容 古典落語
新作落語
英語落語
公式サイト 立川志の春 公式WEB
受賞歴
2013年度『にっかん飛切落語会』奨励賞[1]

目次

略歴編集

帰国子女で、千葉の渋谷教育学園幕張中学校・高等学校のOB。イェール大学卒業後、1999年(平成11年)の春に三井物産に入社し鉄鉱石を扱ったが[5][6]2001年11月に立川志の輔の落語を聞いて衝撃を受け[7][8]、翌2002年10月に志の輔門下に入った。

2011年(平成23年)1月1日、二つ目に昇進[5]。高座名は以前と変わらず「志の春」を名乗っている。

またイェール大学卒業ということで2011年6月には1年1組 平成教育学院フジテレビ系列)にも落語家チームで出演した。

著書編集

  • 『誰でも笑える英語落語: Rakugo in English』新潮社、2013年12月。ISBN 978-4-10-335031-6
  • 『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか? 落語に学ぶ仕事のヒント』星海社(出版) 講談社(発売)〈星海社新書 55〉、2014年11月。ISBN 978-4-06-138559-7
  • 『自分を壊す勇気~現状から一歩踏み出したいあなたの背中を押す本~』クロスメディア・パブリッシング(インプレス)、2015年2月。ISBN 978-4-84-437397-1

脚注編集

外部リンク編集