メインメニューを開く

立川 志獅丸 (たてかわ ししまる、1976年昭和51年)4月19日 - )は、日本落語家落語立川流所属の真打

立川 志獅丸たてかわ ししまる
立川 志獅丸
本名 吉盛 正之(よしもり まさゆき)
生年月日 (1976-04-19) 1976年4月19日(43歳)
出身地 日本の旗 日本東京都豊島区
師匠 立川志らく
名跡 1. 立川らく太(2002年 - 2012年)
2. 立川志獅丸(2012年 - )
活動期間 2002年 -
活動内容 落語家
所属 落語立川流
受賞歴
第13回さがみはら若手落語家選手権 優勝

目次

概要編集

1976年東京都豊島区出身。明治大学付属明治高等学校(柔道部主将)、明治大学農学部農業経済学科卒業後、株式会社きもののやまとに入社。2年勤続後立川志らくに弟子入り。前座名はらく太[1]

2012年、二つ目に昇進し、志獅丸に改名。2014年、第13回さがみはら若手落語家選手権に初出場し、初優勝した[1][2]。東京都東久留米市在住。

2019年夏に真打昇進が内定しているが、同年5月に師匠の志らくが主宰する劇団の稽古に一門の弟子たちが一度も見学に来なかったことから「弟子が師匠に対して興味がないのなら弟子である必要はありません」との理由で、志らく門下の二つ目7人全員が前座に降格となった。ただし、いずれも期限を決めた上での前座再修行となり、志獅丸については「志獅丸は真打ち昇進前日まで」とされた[3]。同年7月1日付で真打に昇進した(形式上、前座から異例の真打昇進)[4]

出演番組編集

出典編集

外部リンク編集