立志社 (政治団体)

立志社(りっししゃ)は、自由民権運動の中心となった高知県政治団体

1874年板垣退助片岡健吉山田平左衛門植木枝盛林有造らにより設立された[1]。人民主権・一院制議会・周到な人権保障など民主主義の理念に貫かれた立志社憲法見込案を発表するなど国会期成同盟の中心的役割を果たした。『海南新誌』『土陽雑誌』『土陽新聞』を発行し、また立志学舎で近代的な教育を行うなど民権思想の普及に努めた。1883年に解散。

参考文献編集

  • 宇田友猪,和田三郎 『自由党史 上巻』 五車楼、1910年 

脚注編集

関連項目編集