立教大学硬式野球部

日本の大学野球チーム

立教大学野球部(りっきょうだいがくやきゅうぶ、: RIKKIO Baseball Club)は、東京六大学野球連盟に所属する大学野球チーム。立教大学の学生によって構成されている。

立教大学硬式野球部
Rikkyo University-5.jpg
平成29年度 東京六大学野球 春季リーグ戦 優勝
(平成29年5月29日 表彰式 明治神宮野球場)
加盟団体 東京六大学野球連盟
本拠地 埼玉県新座市北野1-2-35 智徳寮
創部 1909年
監督 溝口智成
公式サイト 公式ウェブサイト
リーグ戦成績
リーグ成績 優勝 13回
全日本大学野球選手権大会
出場回数 5回
最高成績 優勝 4回
明治神宮野球大会
出場回数 3回
最高成績 準優勝 2回
テンプレートを表示

創部編集

歴史編集

草創期、戦前編集

築地の立教学校では1892年-93年頃から野球が行われ、攻玉社や錦城学校、慶應義塾などとも対戦していた。1903年に運動場が狭いとの理由で野球部は一時廃止されたが、有志らは「築地野球俱楽部」と称して月島や越中島などで練習を続けた[2]

1909年に野球部が大学から公認された後も部員集めには苦労し、立教中学の選手を借りることもあったという[1]

1918年に立教大学が池袋に移転したことにより専用グラウンドも整備され、早稲田野球部監督だった飛田穂洲の指導を受けながらチーム力を上げ、1921年に東京六大学野球連盟の前身である四大学野球連盟(当時)に加入した[3]。五大学時代から通して優勝できずにいたが1931年秋季、菊谷正一辻猛(のち4連覇時の監督)の両投手の活躍により悲願の初優勝を遂げる。初優勝の翌年には約3か月間の米国遠征を行った。この遠征は、ポール・ラッシュ教授と大学体育主事であったジョージ・マーシャル教授が企画したものであった。選手たちは米国各地を回り、アイビーリーグの優勝校であるイェール大学とも対戦し、8-1で勝利するなどの戦績も収めた。遠征のハイライトであるニューヨークでは、ヤンキースの試合を観戦した後、ベーブ・ルースルー・ゲーリックらも出席して歓迎会が開催され、スポーツを通じ日本とアメリカの友好関係を深めた[4]。ポール・ラッシュは日本で多くのスポーツ振興を行い、戦争で中断していた高校野球夏の甲子園大会を終戦翌年に復活開催させている[5]

年間1シーズン制だった1933年には菊谷の好投に加えルーキー景浦將の猛打が加わり2度目の優勝を果たす。この2回の優勝は監督を置かず部員たちによる自主運営で勝ち取った栄冠であり、こうした例は(六大学では)その後1例しかないことからも特筆される。1940年春季には慶應明治と3校同勝率で並んだもののプレーオフは行われず優勝預かりとなったため、戦前の優勝はこの2回のみだった。1942年を最後にリーグ戦が中止となるとユニフォームのロゴをローマ字から漢字に変え[6]同好会として明治や早稲田と練習試合を行うなど活動は続けていたが[7]1944年をもって一時休部となった。

戦後編集

 
小島訓一(1953年)

戦後、好選手は集まるものの早慶の壁は厚く、1951年春季に早慶と3校でプレーオフに臨んだものの2敗に終わり優勝できなかった。その前年に監督に就任した砂押邦信が飛田ばりの猛練習で選手を鍛え上げ、エース小島訓一ら好選手が揃った1953年春季、待望の天皇杯を手にし全日本大学野球選手権大会も制した。このとき砂押が発案した縦縞のユニフォームが、現在まで使用されている。この縦縞のユニフォームはニューヨーク・ヤンキースをモデルとしている。砂押は1955年春季リーグ戦後、選手からの排斥運動により退陣する(後任が辻)。砂押が鍛え上げた逸材長嶋茂雄がこのころ台頭、杉浦忠本屋敷錦吾らと「立教三羽烏」と呼ばれチームの主軸を担う。1957年、チーム初の春秋連覇を達成。春には大学日本一となった。長嶋は当時リーグ新となる通算8号ホームランを最終戦となった秋季慶應2回戦で放ち、この試合でチームは連覇を決めた。長嶋らの卒業で苦戦が予想された1958年もエース五代友和片岡宏雄高林恒夫らの野手陣がまとまり、春季は10戦全勝、秋季も制して1938年の明治以来となる史上2校目の4連覇を達成した。1959年秋季にも早稲田とのプレーオフに勝って優勝、この頃をもって立教の最強時代と評する人は多い。

1966年春季、三冠王 槌田誠の猛打で久しぶりの優勝を果たしたがそこから長い低迷に入ってしまう。優勝できなかった空白の時期は六大学最長の23年46シーズンと気の遠くなるような時間が流れていった。野口裕美をはじめチームの柱となる選手は現れても、チームの総力としては他校に及ばないことが多く、東大に苦杯を嘗め最下位の屈辱を味わうことも多かった。1960年代後半以降からのスポーツ推薦制度の大幅な縮小により、有力選手の獲得が困難になる等の学内事情も低迷の大きな要因になっていた。
1980年代も後半に入り、長嶋一茂矢作公一ら人気スラッガーにくわえ、立教高校(現・立教新座高)を1985年に夏の甲子園出場に導いた黒須陽一郎高林孝行山口高誉らの俊英が入学してリーグ随一の長打力を誇る強力打線が完成。長嶋・矢作らが学園を出た1989年秋季、平田国久・高橋一太郎らの投手陣が打線とかみ合い、悲願の優勝を遂げた。1試合毎に観客の数が増え続け、優勝を決めた東大1回戦は立教の試合としては久しぶりに2万人の大台を超えた。翌1990年秋季も混戦のなか法政とのプレーオフに勝って秋のシーズン2連覇を果たした。

その後は再び最下位に転落するなど成績は落ち込んだが、1999年秋季、エース上野裕平多田野数人上重聡の両1年生投手が活躍、9年ぶりのリーグ優勝で復活を果たした。この優勝以来、最下位に落ちることはないものの2016年まで17年間優勝もなく、再び低迷期に入っていたが、これまでの歴史を見ても立教が凱歌を挙げる時は各校の実力が拮抗しリーグ戦も白熱した試合の連続となることが多かった。そして2017年春季、35シーズンぶりに優勝を果たした。


平成29年度 東京六大学野球 春季リーグ戦 優勝(5月29日 表彰式 明治神宮野球場)

本拠地編集

埼玉県新座市北野1-2-35 智徳寮

創部当初は東京市京橋区明石町にあった付属中学の校庭を使用していたが狭く[8]1918年に大学の池袋移転に伴いグラウンドも移転[9]、さらに1925年には北豊島郡長崎村(現在の豊島区千早)に移転した[10]。この東長崎グラウンドは1966年の現在地への移転まで使用され[11]、景浦の場外弾や長嶋の猛練習など数々の逸話を生み出した。

現在のグラウンドは1966年に完成し、8,400平方メートルの人工芝を備えた野球部専用のグラウンドである。2016年に改修され、全面人工芝化、バックスクリーン張替、観覧席増改築などが行われた。人工芝は2015年3月に改修された明治神宮野球場と同じ、ハイブリッドターフExcitingが使用されている。近くには、野球部の選手たちが生活する智徳寮や、人工芝が整備された全天候型の室内練習場も置かれている。室内練習場にはトレーニングルームやブルペンも併設されている。

ユニフォーム編集

現在のユニフォームは、白地に黒のストライプに「RIKKIO」と表記されたものでニューヨーク・ヤンキースのユニフォームをモデルとしている(1953年春採用)。野球帽には、大学のシンボルであるユリの花(フルール・ド・リス)をモチーフとしたマークが付けられている[12]

現在の立教大学の正式英称は「RIKKYO UNIVERSITY」であるが、戦前のローマ字表記では「きょう」は「KIO」と表し、「東京」は「TOKIO」と書いた。そのため、戦前に登録した法人のローマ字表記にはこの方法が用いられ、「りっきょう」は「RIKKIO」と表記され、伝統を重んじる体育会では今もこの「RIKKIO」を使用している[13]

また、野球部のユニフォームの胸に「RIKKIO」の文字が入ったのは1920年(大正9年)頃で、当時のユニフォームをデザインした山下銜(1922年・大正11年卒)が、「RIKKYO」の文字をデザインしたとき、『Y』ではおさまりが悪いので『I』にしたという話もあり、野球部の公式サイトではこの説を採用している[12]。(「RIKKIO」の謎を参照)。

記録編集

  • リーグ戦(※2017年度秋季リーグ戦終了時点)
優勝:13回(戦前2回・戦後10回。最近の優勝=2017年春季。4連覇=1957年春季~1958年秋季。全勝優勝=1958年春季。完全優勝=戦後3回。)
第66回大会 立大優勝(59年ぶり4回目 2017年6月11日撮影)

※獲得タイトルは、東京6大学野球リーグで歴代5位の計20回である。

主な出身者編集

Category:立教大学野球部の選手も参照。

 
立教大学初優勝時(1931年)の主力選手
左から桃瀬和夫、菊谷正一、関口慶一郎
  • 坪内道典 - 外野手、大東京、中日監督、野球殿堂、松山商・天王寺商出身
  • 佐川直行 - 捕手、大映・中日・阪神スカウト、札幌商出身
  • 景浦將 - 外野手・投手、阪神、野球殿堂、松山商出身 / 立大中退にて大阪タイガース(阪神)入団
  • 西郷準 - 戦前期の剛速球投手、打者としても通算3割、鹿児島二中出身 / 西郷隆盛の孫、ルソン島で戦死
  • 田部輝男 - 内野手、西日本パイレーツ、西鉄ライオンズ、広陵中出身
  • 西本幸雄 - 主将・内野手、大毎・阪急・近鉄監督、和歌山中出身
  • 砂押邦信 - 投手、国鉄・立大監督、水戸商業出身 / 地獄の「千本ノック」で知られる。現在の縦縞ユニフォームの考案者
  • 大沢啓二 - 外野手、日本ハム監督、神奈川商工出身
  • 長嶋茂雄 - 内野手、読売ジャイアンツ監督、野球殿堂、巨人軍終身名誉監督、佐倉一高出身
  • 杉浦忠 - 投手、南海ホークス監督、野球殿堂、挙母高出身
  • 本屋敷錦吾 - 内野手、阪急・阪神、芦屋高出身
  • 高林恒夫 - 外野手、巨人・国鉄、立教高出身
  • 森滝義巳 - 投手、国鉄スワローズ、兵庫高出身 / 五代らと立大4連覇に貢献
  • 谷木恭平 - 外野手、1965年秋季首位打者。中日ドラゴンズ、北翔大監督、北海高出身
  • 横山忠夫 - 投手、読売ジャイアンツ、ロッテオリオンズ、網走南ヶ丘高出身 / 1970年春の対東大戦でノーヒットノーラン。
  • 野口裕美 - 投手、西武ライオンズ、米子東高出身 / 「セントポールの星」
  • 長嶋一茂 - 主将・内野手、ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、立教高出身
  • 川村丈夫 - 投手、元横浜ベイスターズ、コーチ、厚木高出身
  • 広池浩司 - 広島カープ、立教高出身 / 大学時代は外野手で4番、主将
  • 古内義明 - 外野手、磐城高校出身、1990年秋季リーグ戦優勝、明治神宮大会準優勝に貢献。現スポーツジャーナリストメジャーリーグアナリスト、「サムライベースボール」発行人。東京六大学野球オフィシャルガイドブック発行人
  • 早川大輔 - 主将・外野手、オリックス、千葉ロッテマリーンズ、横浜ベイスターズ、オリックススカウト、船橋高出身
  • 上重聡 - 主将・投手、PL学園高出身/2000年秋の対東大戦で完全試合。 現日本テレビアナウンサー
  • 多田野数人- 投手、クリーブランド・インディアンス、北海道日本ハムファイターズ、八千代松陰高出身
  • 小林太志 - 投手、横浜ベイスターズ、富岡高出身
  • 戸村健次 - 投手、東北楽天ゴールデンイーグルス、立教新座高出身
  • 大城滉二 - 内野手、オリックス・バファローズ、興南高出身 ※現役
  • 澤田圭佑 - 投手、オリックス・バファローズ、大阪桐蔭高出身 ※現役
  • 田村伊知郎 - 投手、埼玉西武ライオンズ、報徳学園高出身 ※現役
  • 田中和基 - 外野手、東北楽天ゴールデンイーグルス、西南学院高出身 ※現役
  • 齋藤俊介 - 投手、横浜DeNAベイスターズ、成田高出身
  • 熊谷敬宥 - 内野手、阪神タイガース、仙台育英高出身 ※現役
  • 松本直樹 - 捕手、東京ヤクルトスワローズ、丸亀高出身 ※現役
  • 中川颯 - 投手、オリックス・バファローズ、桐光学園高出身 ※現役
  • 荘司康誠 - 投手、東北楽天ゴールデンイーグルス、新潟名訓高出身 ※現役

エピソード編集

「RIKKIO」の謎編集

本来立教大学の英語表記は「RIKKYO University」が正しいが、本野球部のユニフォームは前述の通り「RIKKIO」の表記が使われている[13]。この理由にはいくつかの説がある。

  • 戦前のローマ字表記では「きょう」を「KIO」と表記していたことから、当時からの伝統を重んじたもの[13]。実際1936年に日本初のヒマラヤ山脈遠征を行った立教大学登山隊が当時使用していたテントに「RIKKIO UNIV ALPEN VEREIN」の表記が見られるほか[14]、立教大の他のスポーツ部でも「RIKKIO」表記を使用する例が見られる[15]
  • 「RIKKYO」表記だと左右のバランスが悪いので、「Y」を「I」に置き換えてみたところバランスが良くなったため[13]。本野球部では公式サイトでこの説を採用している[12]。ちなみに「RIKKIO」がユニフォームに初採用されたのは1920年(大正9年)[12]

ただし一般的な表記ではないため校正に引っかかる等の問題もあり、2016年の東京六大学野球の告知ポスターではその点がネタにされたこともある[16]

脚注編集

  1. ^ a b 野球部紹介|立教大学野球部
  2. ^ 立教学院百年史編纂委員会 『立教学院百年史』 学校法人立教学院、1974年、267-269頁
  3. ^ 「立教ティームが池袋に呱々の声を挙げた時、私は懇望されて同ティームをコーチし、その後立教が整頓してからでも、常に相談に預り、立教がリーグに加盟する場合にも尽力するなど、私と立教ティームとはかなり古い関係があつた。」(飛田穂洲 『熱球三十年』 中央公論社、1934年、376頁)
  4. ^ 宮本 正明「百瀬和夫「アメリカ遠征日誌」(1932年4月7日~7月2日)」『立教学院史研究』第11巻、2014年。 
  5. ^ 『75周年記念特集 フットボールの父 ポール・ラッシュの真実』関東学生アメリカンフットボール連盟
  6. ^ 山室寛之 『野球と戦争』 中央公論新社、2010年、132頁
  7. ^ 「立教がマネーヂャーを加へて七人、早稲田はそれでも十三人を残してゐた。立教の七人に早稲田の二人を加へ、これを一ティムに編成し、早稲田と練習試合を行ったが、これこそ早立両大学が戸塚に集まってなした練習最後のものであり、その後いくばくもなく、立教の全員は動員され、早稲田も遂に六人となってしまった。」(飛田穂洲 『球道半世記』 博友社、1951年、172頁)
  8. ^ 1909年(明治42年) 大学から正式に部として認められる
  9. ^ 1918年(大正7年) 専用のグラウンドを持つ
  10. ^ 1925年(大正14年) 東長崎にグラウンド移転
  11. ^ 1966年(昭和41年) 練習場、新座へ移転
  12. ^ a b c d ユニフォーム - 立教大学野球部
  13. ^ a b c d 立教大学校友会・立教うんちく話『第23回「RIKKIO」』
  14. ^ 1936年のヒマラヤ登山隊 初登頂支えたテント、同行記者の生家で発見 - 毎日新聞・2017年1月8日
  15. ^ 立教大学体育会アイスホッケー部など。
  16. ^ 『六大学野球』を見に行こう! - CHINTAI ACTIVE ON SUNDAYS・2018年9月2日

外部リンク編集