メインメニューを開く
立花小一郎

立花 小一郎(たちばな こいちろう、1861年3月20日万延2年2月10日) - 1929年(昭和4年)2月15日)は、日本の陸軍軍人政治家男爵陸軍大将、第10代福岡市長、貴族院議員

経歴編集

1861年、三池藩家老(藩主の分家)立花碩(おおい)の長男として生れる。

1883年(明治16年)12月25日、陸軍士官学校(旧6期)を卒業し、陸軍少尉任官[1]1889年(明治22年)12月、陸軍大学校(5期)を優等で卒業した。陸士教官、参謀本部第1局員を歴任し、日清戦争では第1軍参謀として出征した。1896年(明治29年)から1899年(明治32年)までオーストリアに留学し、その後、清国駐屯軍参謀、参謀本部付(袁世凱軍事顧問)、陸軍省人事局恩賞課長、補任課長などを歴任した。

日露戦争では、第4軍参謀副長として出征した。1905年(明治38年)3月、奉天会戦直前に陸軍大佐に進級し大本営参謀に発令され帰国した。さらにポーツマス講和会議全権随員、アメリカ大使館付、陸軍省副官などを経て、1909年(明治42年)8月、陸軍少将に進級し歩兵第22旅団長、歩兵第30旅団長、近衛歩兵第1旅団長、朝鮮駐剳軍参謀長、朝鮮駐剳憲兵隊司令官兼朝鮮総督府警務総長を務める。1914年(大正3年)8月、陸軍中将となり、第19師団長、第4師団長、関東軍司令官を歴任。1920年(大正9年)8月、陸軍大将となり、シベリア出兵では、最後の浦塩派遣軍司令官を務めた。その後、軍事参議官を務め1923年(大正12年)3月に予備役に編入。同年10月、男爵を叙爵し華族となる。

その後、1924年(大正13年)8月から翌年8月まで福岡市長、1925年(大正14年)7月から1929年(昭和4年)2月まで貴族院議員を務めた。

栄典編集

位階
勲章等

脚注編集

  1. ^ 『官報』第151号、明治16年12月27日。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 陸軍大将秋山好古外二名特旨叙位ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A11113166400 
  3. ^ 『官報』第6531号「叙任及辞令」1905年4月12日。
  4. ^ 『官報』第3223号「叙任及辞令」1923年5月1日。
  5. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  6. ^ 『官報』第1218号「叙任及辞令」1916年8月21日。
  7. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  8. ^ 『官報』第2612号「叙任及辞令」1921年4月19日。
  9. ^ 『官報』第3347号「授爵・叙任及辞令」1923年10月18日。

参考文献編集

  • 土田宏成「立花小一郎」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004年。ISBN 4-642-01341-5
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

外部リンク編集


公職
先代:
久世庸夫
  福岡市長
第10代:1924 - 1925
次代:
時実秋穂
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
立花(小一郎)家初代
1923年 - 1929年
次代:
立花馨