メインメニューを開く

立花 貫長(たちばな やすなが)は、筑後三池藩の第4代藩主。一説にの読みは「つらなが」とも言われる。

 
立花 貫長
時代 江戸時代中期
生誕 貞享4年(1687年
死没 延享4年5月19日1747年6月26日
改名 孫千代丸(幼名)貫長
別名 長当、種瓶(別名)
戒名 霊通院殿仁翁紹寛大居士
墓所 東京都台東区下谷の広徳寺
官位 従五位下、出雲守、民部
幕府 江戸幕府
筑後三池藩
氏族 立花氏
父母 父:立花種明、母:京極高国の娘・晴雲院
兄弟 貫長種盈
正室:島津惟久の娘・養信院
長煕黒田直巷(次男)、直尹(四男)、
應興(五男)、六男、娘(能勢頼紀婚約)、
娘(青山幸充継室)、娘(加納久堅正室)、
娘(立花種秀養女)、娘(屋山継平室)、女

貞享4年(1687年)、第3代藩主・立花種明の長男として生まれる。元禄12年(1699年)の父の死去で家督を継ぎ、宝永6年(1709年)3月7日に従五位下、出雲守に叙任する。享保9年(1724年)9月1日、駿府加番に任じられる。元文3年(1738年)からは石炭の採掘が始まり、平成9年(1997年)まで存続した三池炭鉱の礎となった。

延享4年(1747年)5月19日に死去した。享年61。跡を長男の長煕が継いだ。