メインメニューを開く

概要編集

暴力シーンを伴わないヤクザ映画として高く評価され[2]湯布院映画祭でのプレミア試写で喝采を浴び[3]1983年10月29日から全国で公開され大ヒットを記録した[3]。主題歌は萩原健一の「ララバイ」。後に、長渕剛主演の「とんぼ」の撮影の際に、その手法を真似たと言われている。

作品内で主人公・竜二の娘・あや役を演じているももは、金子の実の娘であり、現在ラジオパーソナリティーナレーター金子桃である[2]

金子は映画公開期間中の11月6日に、胃癌腹膜炎により、親友の松田優作らに看取られながら33歳の若さで死去、遺作となった。奇しくも、後年松田優作も同じ日に亡くなっている。

あらすじ編集

別れた妻と娘への未練から堅気になった男・竜二。それでも彼を慕う舎弟分。慣れない仕事。ある日、配達中に職場の先輩が「俺も昔はワルだった」と吹かしを入れた途端に我慢の限界が来た。家に帰ろうとしたときに商店街の安売りに群がる愛妻の姿を見た竜二は自分の本当に帰るべき場所、シノギを削った歌舞伎町へ白いスーツを着て舞い戻っていく[1]

キャスト編集

スタッフ編集

製作編集

企画編集

アングラ演劇の主演俳優だった金子正次1981年1月、同劇団の解散公演の楽日に大量に吐血し病院に担ぎ込まれる。一命は取りとめ、既に手遅れ[2]の状態の末期の胃ガンと診断されたが、本人には最後まで病名は伏せられた。金子は東映任侠映画が大好きで[1][2][4]、退院からの二年間、ヤクザ映画を作りたいと精力的に映画製作に取り組んだ[2]。しかし1980年代初頭、ヤクザ映画は完全に死んでいた[1]。1980年、1981年とヤクザ映画は1本も公開されず、1983年、深作欣二佐藤純彌中島貞夫監督でリメイクした『人生劇場』も興行が振るわず[1]。最初に競馬ノミ屋を描いた「ちんぴら」(『チ・ン・ピ・ラ』として1984年映画化)の脚本を書き、大手映画会社に持ち込むが、「脚本はいいが、主演は君には務まらない。他のキャストでやってみればどうか」と言われこの話を蹴る[2]。無名の監督、キャストではメジャーの配給ルートに乗せられない[5]。主役しかやるつもりのない金子は映画会社での製作をあきらめ、自主製作にしようとかつての演劇仲間たちに声をかけた。プロデューサーには原宿学校(現・東京映像芸術学院)時代の友人・大石忠敏(川島透)に頼んだ[6]。金子は鈴木明夫の名前で1982年秋「竜二」のシナリオを書き上げ、製作費3000万円は、自己資金と実家や知人からかき集め、配給会社のあてのないまま、1983年1月6日にクランクインした[2]。金子の妻役の花城まり子を演じた永島暎子は「金子さんはもう、自分はもうだめなんじゃないかと分かっていたんじゃないかと思います。金子さんは、松田優作さんと、まだ松田さんが売れない時からの親友で、かたや松田さんは映画界でどんどんスターになって、自分は何をやっているのか田舎の親も誰も知らない。東京でやくざやっているんじゃないかと言われてて、自分の形が映るということをやっぱり映画でやりたかったんでしょうね。だから自分が主役をやるための映画の脚本をたくさん自分でも書いてらして、売れるとか決まってるわけじゃないけれども、とにかく友達のお金集めていきなり作ってしまったという。 やっぱり最後に自分の形が映るということを映画でやりたかったんでしょうね。それだけなんだと思いますけど」と述べている[7]

脚本編集

金子は自分の好きなヤクザ映画を作ると決意したが[1][2]、1980年代初頭、ヤクザ映画の興行は厳しく、そこで金子が取り入れたのが、やくざから足を洗った男という新機軸[1][3]。従来のヤクザ映画を後追いせず、低予算で小粒ながら、強烈なインパクトを持った作品に仕上げ、「大会社の作品に蹴手繰りをかけてやろうという気持ちはありました」と話した[4]

撮影編集

金子らは原宿学校で映画の制作を学んではいたが、ほぼ素人[6]。最初は別の監督で一旦完成したが、出来上がりに納得のいかないプロデューサーの川島透が監督に交代し、大部分を撮り直した[6]。後年、桜金造はNHKスタジオパークからこんにちは」にゲスト出演した際、フィルムを惜しんでテストが延々と繰り返された現場の窮迫ぶりから、「いきなり次の日から弁当屋のオジサンが新しい監督ですって現れて驚いた」と笑いを交えて回想している。金子は体調が悪く、痛々しいかったといわれる[2]。作品内で主人公・竜二の娘・あや役を演じているももは、金子の実の娘で当時4歳、現在ラジオパーソナリティーナレーター金子桃[2]。金子の妻役の花城まり子を演じた永島暎子は、金子が永島のファンで、永島に当てて脚本を書いた[7][8]。永島は1977年日活ロマンポルノ女教師』での生徒に犯される女教師役が出世作で、その後はにっかつに出演せず、映画やテレビで地味な脇役が続いていたが[8] 、本作で初めての母親役を演じ、多くの映画賞を受賞した[8]。ヤクザ映画から平凡な主婦役のスター女優が生まれたという点でも、80年代のヤクザ映画と評価される所以といえる[8]。金子は「私の弟分に北公次佐藤金造、そして妻の役には永島さんということでなければ、この映画は作りたくなかった」と話した[8]

配給編集

1983年5月初旬に映画が完成[2]。しかしまだ配給会社は決まらず。『狂い咲きサンダーロード』(1980年)の製作にも関わっていた上板東映の支配人・小林紘にフィルムを持ち込むと、小林が都内の名画座支配人に呼び掛けて試写会を行った[2]。すると支配人たちが「こんな映画を埋もれさせてはいけない」と名画座のチェーン化を構想して、その最初の作品として『竜二』を予定したが[7]、金子が「俺の映画に東映の三角マークが欲しい、三角マークが欲しい」と言うので[7]、仕方なく東映に再々度働きかけ7月下旬、東映セントラルフィルムで配給が決まった[2][7]。東映での配給は金子の最初からの希望で[7]、映画企画中から東映での製作や配給を何度も打診していたがずっと断られていた[7]。ようやく東映で配給されることが決まると金子は大喜びしたという[7]。東映は機をみるに敏で転身も早く、新しい触手を伸ばして模索中で[9]、本作を東映ヤクザの土壌から生まれた作品と判断した[9]。金子は最後までがんに気付かなかったといわれるが、最初に東映セントラルに持って行ったチラシには「パパはもう帰らない」というキャッチフレーズが書かれており、自身の死期を知っていて愛娘と最後の共演をしたのではないかともいわれる[2]。その直後に金子のがんが再発し1ヵ月入院。全身衰弱が激しかったが気力で持ちこたえ、封切り日まで前売り券を売った。

湯布院映画祭上映編集

本作はこの年8月28日、第8回湯布院映画祭最終日のプレミア試写で絶賛されたことでも知られるが[3][10][11]、その反響によって東映での配給が決まったのではなく、先の小林紘の働きかけがあり、東映の配給が決まったのを受け、湯布院映画祭での上映が決まったもの[11]。それまでは都内で試写会が行われただけで、地方の映画関係者で存在を知る人はほとんどいなかった[11]。この年のプレミア上映は『逃がれの街』で交渉を続けていたが[11]、地元の東宝系のロキシーチェーンとの交渉が難航し、タイムリミットぎりぎりになって同映画祭実行委員長・横田茂美が『竜二』に変更を決断した[11]。横田は『竜二』を鑑賞する機会もなく、それでも『竜二』に決めた理由は、東映で配給が決まったことと、『噂の眞相』で塩田時敏のコラムに『竜二』を称賛する記事を見たこと、見知らぬ名前ばかり並んだスタッフ・キャスト欄の資料の中に永島暎子の名前を見て『女教師』のヒロインの鮮烈なイメージを想い返し、「永島が出演してるなら傑作に違いない」と上映を決めた[11]。"カン"というより"賭け"だったと話している[11]。湯布院映画祭での反響は映画祭後も続き、多くのマスメディアも取り上げ、10月14日にはぴあ主催の試写会が開かれた[12]

封切り編集

1983年10月29日、東京新宿東映ホール2を始め、全国主要都市五、六館の限定ロードショーで封切り[3]。お客の入りを心配して新宿東映に駆け付けた金子は、初回の上映が終わった直後に劇場前の路上にうずくまり、そのまま世田谷区の板谷クリニックに担ぎ込まれ8日後の1983年11月6日胃癌性腹膜炎で亡くなった[2]。33歳だった。金子は痛み止めの薬で混沌とする意識の中でも「ホールに電話、電話」としきりに呟いていたといわれる。客の入りが不安だったのだが、客席は初日からほぼ満員で11月に入ると連日、立ち見が出るほどだった。それまでやくざ映画に見向きもしなかったカップルや、女子大生の姿が目立った。1983年12月下旬から、自主映画では異例の全国ロードショー公開が行われた[1][2]

評価編集

"正統派任侠映画"とも"実録"とも違う、等身大のやくざの姿を描いた本作は、「ホームドラマ調ヤクザ映画」「ニューファミリー世代のヤクザ映画」などとマスメディアが評した[2]。 1989年「大アンケートによる日本映画ベスト150」(文藝春秋発表)では第67位にランキングされている。

関連項目編集

本作『竜二』を作った金子正次と仲間のドラマに迫って、フィクショナルに再現したバックステージ映画が18年後の2001年に製作され、2002年3月に劇場公開された『竜二Forever[4]

関連ソフト編集

関連図書編集

  • 竜二―映画に賭けた33歳の生涯 (幻冬舎アウトロー文庫) 生江 有二
  • 金子正次遺作シナリオ集 (幻冬舎アウトロー文庫) 金子 正次
  • 竜二漂泊1983 この窓からぁ、なにも見えねえなあ 谷岡雅樹

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『映画秘宝EX 爆裂!アナーキー日本映画史1980-2011』洋泉社、2012年、54-55頁。ISBN 978-4-86248-992-0
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 岩田一平「『竜二』自作自演に散った金子正次(33歳)のガン死 話題のホームドラマ調ヤクザ映画」『週刊朝日』、朝日新聞社、1983年11月25日号、 184–185頁。
  3. ^ a b c d e 関根忠郎『関根忠郎の映画惹句術』徳間書店、2012年、314-315頁。ISBN 978-4-19-863465-0
  4. ^ a b c 関根忠郎『関根忠郎の映画惹句術』徳間書店、2012年、315-318頁。ISBN 978-4-19-863465-0
  5. ^ 『キネマ旬報』(キネマ旬報社)1987年6月上旬号 72–73頁。「ちょうちん 特集3 多くの金子ファンの力で実現した『ちょうちん』の映画化 小林紘」
  6. ^ a b c 「映画・そして・福岡を語る」 川島透 - 学びの輪 晴好夜学 | 晴好 HARUYOSHI
  7. ^ a b c d e f g h 「狂い咲きサンダーロード」「竜二」 - KAWASAKIしんゆり映画祭 座談会「名画座から生まれた映画ども」
  8. ^ a b c d e 「雑談えいが情報」『映画情報』、国際情報社、1983年12月号、 75頁。
  9. ^ a b 緑川亨『日本映画の現在』岩波書店〈講座日本映画7〉、1988年、347頁。ISBN 4-00-010257-5
  10. ^ 過去の映画祭ラインナップとゲスト記録 第8回 湯布院映画祭 1983年8月25日(木)~28日(日)第8回 湯布院映画祭公式サイト
  11. ^ a b c d e f g 横田茂美「湯布院映画祭20年の記録 第6章 特別試写」『キネマ旬報1995年平成7年)5月下旬号 121頁、キネマ旬報社
  12. ^ 横田茂美「湯布院映画祭20年の記録 第7章 和田誠と伊丹十三」『キネマ旬報』1995年(平成7年)6月上旬号 115頁、キネマ旬報社。
  13. ^ 「竜二」初Blu-ray化、夭折の俳優金子正次を捉えたヤクザ映画”. 映画ナタリー (2016年1月26日). 2016年1月26日閲覧。

外部リンク編集