メインメニューを開く
日本 > 中部地方 > 石川県 > 金沢市 > 竪町 (金沢市)

竪町(たてまち)は、石川県金沢市の町名。また、周辺を含めた地域名としても使われる。 「竪」の字が一般的でなく、また片町(かたまち)と隣接していることもあってか、しばしば「堅町」と表記されることがある[4]が、誤りである。

竪町
通称「タテマチストリート」 新竪町方向より撮影。
通称「タテマチストリート」
新竪町方向より撮影。
竪町の位置(石川県内)
竪町
竪町
竪町の位置
北緯36度33分31.87秒 東経136度39分17.31秒 / 北緯36.5588528度 東経136.6548083度 / 36.5588528; 136.6548083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Ishikawa Prefecture.svg 石川県
市町村 Flag of Kanazawa, Ishikawa.svg 金沢市
人口
2018年(平成30年)4月1日現在)[1]
 • 合計 109人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
920-0997[2]
市外局番 076 (金沢MA)[3]
ナンバープレート 金沢

歴史編集

江戸~昭和戦前編集

  • 古くは北国街道片町から分岐し、犀川とほぼ平行に上流部へ通じる街道の入口の町である。元は犀川の河原であったが、1615年元和2年)に河原を埋め立てて町が形成された。
  • 竪町の町名は、当時の金沢の町並みが南北に並んでいたのに対して、犀川に平行して道路が出来たこの地域が東西に連なり縦に並んでいることに由来する。また、古くは竪河原町(たてがわらまち)と呼ばれたものが省略されて竪町になったとされる。竪町の誕生時点からこの地域は商店街として形成され、周辺に暮す人々の生活必需品や武家の必需品を売る町屋通りとして発展した。
  • 1871年明治4年)に、亀沢町を合併して金沢市の地域となり、池田町2番丁・3番丁として発足。1889年(明治22年)に金沢市の町名として竪町が採用された。
  • 竪町では、1632年寛永9年)に油酒屋三郎右衛門という灯油を扱う店が開店したのが最初の店舗とされている。

戦後編集

  • 戦後、街灯の設置や夜店の開催など買物客の集客の整備が進められ、1968年(昭和43年)以降、竪町通りにはユニー(旧ほていや)や長崎屋などが竪町に店舗を構えるようになり、片町商店街と並び商店街として位置づけられる。
  • 1966年昭和41年)、住居表示制度の実施により、竪町の一部が片町一丁目となり現在に至る。

現在編集

  • 国道157号の片町一丁目交差点(スクランブル交差点)から中央通の竪町交差点までの竪町通に200近くの店舗飲食店が軒を並べて「竪町商店街」を形成している。竪町通は幅4.5メートル、全長430メートルの通りで通称『タテマチストリート』と呼ばれる。道幅は竪町が誕生してからはほとんど変わりがない。
  • 特に、戦後に入ってからは若者のファッションの発信地として北陸地方だけでなく全国からも注目を集めるようになる。そのため、現在も多くの衣料店が営業を行っている。
  • 2006年5月30日に竪町商店街は「がんばる商店街77選」に選ばれた。

歩行者天国編集

  • アーケードを設けていない竪町通は、本来は一方通行の道路であり、気軽に買物が出来るよう1970年(昭和45年)から歩行者天国を実施して自動車の進入を禁止している(12時から19時までは全面的に進入禁止)。

主な施設編集

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)4月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
竪町 57世帯 109人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番・番地等 小学校 中学校
42~82番地 金沢市立中央小学校 金沢市立紫錦台中学校
その他 金沢市立犀桜小学校 金沢市立城南中学校

交通編集

参考文献編集

  • 『書府太郎 石川県大百科事典改訂版』 - 北國新聞社
  • 『角川日本地名大辞典 17 石川県』 - 角川書店
  • 『竪町350年の歩み』 - 竪町商店街振興組合

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁別人口・世帯数【改正後】”. 金沢市 (2018年4月1日). 2018年4月24日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2018年4月24日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年4月24日閲覧。
  4. ^ 「がんばる商店街77選」でも、見出しが誤表記されている。
  5. ^ 金沢市立小中学校通学区域一覧”. 金沢市. 2018年4月24日閲覧。

外部リンク編集