メインメニューを開く

端岡村(はしおかむら)は、香川県綾歌郡にあった

端岡村
廃止日 1955年3月20日
廃止理由 新設合併
山内村端岡村国分寺町
現在の自治体 高松市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 香川県
綾歌郡
隣接自治体 坂出市
山内村松山村上笠居村下笠居村檀紙村
端岡村役場
所在地 香川県綾歌郡端岡村大字新居1807番地
 表示 ウィキプロジェクト

国分寺町を経て現在は高松市の一部となっている。「端岡」の名はJR端岡駅に名を残している。

人口編集

1920年(大正9年) 4,221人
1925年(大正14年) 4,237人
1930年(昭和5年) 4,482人
1935年(昭和10年) 4,544人
1940年(昭和15年) 4,491人
1947年(昭和22年) 6,122人
1950年(昭和25年) 6,164人
総務省統計局 / 国勢調査1950年

歴史編集

  • 1890年2月15日 - 町村制施行に伴い、阿野郡國分村(こくぶむら)、新居村(にいむら)が合併し、端岡村が発足。
  • 1899年4月1日 - 阿野郡が鵜足郡と合併し、綾歌郡となる。
  • 1955年3月20日-綾歌郡山内村(やまのうちそん)と合併し、国分寺町が発足。端岡村は消滅。

関連項目編集