端懿王后

朝鮮の妃嬪

端懿王后 沈氏(たんいおうこう しんし、タニワンフ・シムシ、단의왕후 심씨康熙25年5月21日1686年7月11日) - 康熙57年2月7日1718年3月8日))は、李氏朝鮮第20代国王景宗世子時代の正室。本貫は青松沈氏諡号は恭孝定穆端懿王后。世子嬪のまま逝去したため、夫の即位後、王后に追封された。

端懿王后
단의왕후
朝鮮王妃
別称号 端懿嬪、恭孝定穆端懿王后

出生 康熙25年5月21日(1686年7月11日)
死去 康熙57年2月7日(1718年3月8日)
配偶者 景宗
氏族 青松沈氏
父親 青恩府院君 沈浩朝鮮語版
母親 高霊朴氏
テンプレートを表示

生涯編集

漢城府好賢坊(現在のソウル特別市)に生まれ、1696年4月の揀択により世子嬪に選ばれて入宮した[1]。実家の青松沈氏は、すでに昭憲王后仁順王后を輩出した名門だった。

1701年に痛風を患い、内医院の治療を受けた[2]

1718年に31歳で逝去した[3]粛宗により端懿嬪と追尊され、夫が王に即位すると、端懿王后に追封された。

家族編集

沈温(昭憲王后の父)の十二世の孫、沈鋼(仁順王后の父)の七世の孫に当たる。また、五世祖の沈㤿の妻の綾城具氏が、世宗と昭憲王后の孫娘の吉安県主の玄孫娘にあたる。よって王后は世宗の子孫でもある。

  • 十二世祖:沈温
  • 十一世祖:沈澮
  • 十世祖:沈湲
  • 九世祖:沈順門
  • 八世祖:沈連源
  • 七世祖:沈鋼
  • 六世祖:沈忠謙(仁順王后の弟)※実際は、沈忠謙の兄の沈義謙が六世祖、その子の沈㤿が五世祖になる。しかし沈㤿の子の沈熙世が沈悦の養子に入ったため、系図上沈忠謙が祖先になる。
  • 玄祖父:沈悦
  • 高祖父:沈熙世(実際は沈悦の従兄の沈㤿の子。養子となった)
  • 曾祖父:沈権 - 粛宗時代に吏曹佐郎に任じられた重臣。
  • 祖父:沈鳳瑞(実際は沈権の兄の沈枢の子。叔父の沈権に息子がいないことから養子となった)
  • 父:青恩府院君 沈浩朝鮮語版(1668年-1704年)
  • 母:霊原府夫人 高霊朴氏 - 朴鑌の娘
  • 弟:沈維賢
  • 養弟:沈駿賢 六世祖 沈義謙の弟 沈悌謙の六世孫。
  • 夫:第20代国王 景宗
    • 子女なし

登場作品編集

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ 朝鮮王朝実録/粛宗実録/二十二年(1696) 卷三十/四月/8日
  2. ^ 朝鮮王朝実録/粛宗実録/二十七年(1701) 卷三十五/卷三十五中 八月至十月/九月/11日
  3. ^ 朝鮮王朝実録/粛宗実録/四十四年(1718) 卷六十一至六十二/卷六十一 正月至六月/二月/7日