端敬王后 慎氏(たんけいおうこう しんし、タンギョンワンフシンシ、1487年2月7日 - 1557年12月27日)は、李氏朝鮮第11代国王中宗の王妃。本貫居昌慎氏。益昌府院君 慎守勤(シン・スグン)(世宗の四男の臨瀛大君の娘の中牟県主の子)と夫人韓氏の娘。

端敬王后
朝鮮王妃
在位 正徳元年9月2日 - 9月9日
1506年9月18日 - 9月25日

出生 成化23年1月14日
1487年2月7日
死去 嘉靖36年12月7日
1557年12月27日
配偶者 中宗
子女 なし
氏族 居昌慎氏
父親 慎守勤
母親 清原府夫人韓氏
テンプレートを表示

生涯編集

中宗即位前の1499年に結婚する。1506年中宗即位と共に王妃になるが、燕山君の縁戚(父の妹が燕山君の妃)だったために反正勢力の反対に遭い、中宗の反対にもかかわらず、中宗即位後わずか7日後に王妃の身分を剥奪され、後宮追放で河城尉鄭顕祖(チョン・ヒョンジョ)の家に追い出され、その後実家に戻った。1515年、章敬王后死去の際に、復位させる世論が持ち上がるが、権敏手(クォン・ミンス)らの反対で実現しなかった。死から約180年後の1739年、第21代国王英祖の時代に復位される。陵は京畿道楊州市長興面日迎里にある温陵。

チマ岩伝説編集

端敬王后が廃位され、後宮を追われた後も中宗は彼女をしのんで、たびたび仁王山の岸にいる端敬王后の家を遠くから眺めた。このうわさを聞いた端敬王后は、後宮にいた頃よく着ていたチマ(韓服の下衣、ラップスカート)を仁王山の岩の上にかけておいた。それで後世の人々はその岩をチマ岩と呼んだ。

家族編集

両親共に、第3代国王太宗の末裔であり、夫の中宗とは遠縁にあたる。

  • 祖父:居昌府院君 慎承善(1436~1502)
  • 祖母:中牟県主(1435~?)- 第4代国王世宗の孫娘で、臨瀛大君の娘。
    • 父:益昌府院君 慎守勤(シン・スグン)(1450~1506)- 中宗反正時に殺害された。
    • 叔母:廃妃慎氏
  • 外祖父:韓忠仁(1433~1504)- 夫の中宗の祖母の仁粋大妃の従兄にあたる。
  • 外祖母:安東金氏(?~?)- 第3代国王太宗の娘の慶貞公主の孫娘。太宗の側室の明嬪金氏の姪孫。第5代国王文宗の廃世子嬪の徽嬪金氏の姪。
    • 母:清原府夫人 韓銀光(1447~?)

端敬王后が登場する作品編集

参考文献編集

  • 朝鮮王朝実録【改訂版】朴永圭 著、神田聡訳、2012年3月14日、キネマ旬報社
先代
王妃愼氏
朝鮮王妃
在位:1506年
次代
章敬王后