競合作品

競作から転送)

競合作品(きょうごうさくひん)とは、ほぼ同時期において「酷似したテーマ」で製作され競合している作品同士のことを指す[注 1]。「類似作品」「ライバル作品」「ライバルプロジェクト」等とも言われる。また、意図的に競り合って製作することを「競作」という[2]

公開が同時期ではなく、数年以上離れている場合には、「競合作品」と呼ばれない場合が多い。

映画編集

過剰な列挙を防ぐため、単独ページのある作品か或いは出典で「競合作品」として言及されている作品を一覧にする。

1950年代編集

自由学校
1951年に獅子文六の同名の小説を松竹大映が映画化し、公開を同じ週に合わせた競作[3]

1960年代編集

ベン・ハー』VS『スパルタカス
前者は1959年に、後者は1960年に公開された。『古代ローマ』を舞台にしたスペクタクル巨編。

1980年代編集

007 オクトパシー』VS『ネバーセイ・ネバーアゲイン
1983年に公開された、『ジェームズ・ボンド』をテーマにした映画作品。映画化権の権利関係で、本家シリーズとは別にショーン・コネリーが再びボンドを演じた映画が作られた。
アビス』VS『リバイアサン』VS『ザ・デプス
1989年に公開された、『深海海底もの』をテーマにした映画作品。

1990年代編集

レッド・オクトーバーを追え!』VS『クリムゾン・タイド
前者は1990年に、後者は1995年に公開された。どちらも『米ソの潜水艦』をテーマにした映画作品。
トゥームストーン』VS『ワイアット・アープ
前者は1993年に、後者は1994年に公開された。『OK牧場の決闘』をテーマにした映画作品。
四十七人の刺客』VS『忠臣蔵外伝 四谷怪談
1994年に東宝と松竹が製作した『忠臣蔵』を題材にした映画作品[3]
ボルケーノ』VS『ダンテズ・ピーク
1997年に公開された、『火山噴火』をテーマにした映画作品。
アルマゲドン』VS『ディープ・インパクト[4]
1998年に公開された、『地球への彗星衝突』をテーマにした映画作品。
アンツ』VS『バグズ・ライフ[4]
1998年に公開された、『』をテーマにしたアニメ映画作品。

2000年代編集

レッドプラネット』VS『ミッション・トゥ・マーズ
2000年に公開された、『火星』をテーマにした映画作品。
カポーティ』VS『インファマス英語版』(日本未公開)[4]
前者は2005年に、後者は2006年に公開された。トルーマン・カポーティの伝記映画。

2010年代編集

はやぶさ/HAYABUSA』VS『はやぶさ 遥かなる帰還』VS『おかえり、はやぶさ
2011年秋から2012年春にかけて公開された、日本の小惑星探査機はやぶさ」に関する実写映画作品。映画大手3社(20世紀フォックス東映・松竹)競作として注目を集めた[3]
白雪姫と鏡の女王』VS『スノーホワイト[4]
2012年に公開された、『白雪姫』をテーマにした映画作品。
エンド・オブ・ホワイトハウス』VS『ホワイトハウス・ダウン[4]
2013年に公開された、『ホワイトハウスへのテロ攻撃』をテーマにした映画作品。
アフター・アース』VS『オブリビオン
2013年に公開された、『人類が滅亡した後の地球』をテーマにした映画作品。
パトリオット・デイ』VS『ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜[4]
前者は2017年に、後者は2018年に公開された。『ボストンマラソン爆弾テロ事件』をテーマにした映画作品。

メディアミックス作品編集

アイドルマスター』VS『ラブライブ!』VS『アイカツ!
前者は2005年から、中者は2010年から、後者は2012年からとスタート時期は異なっているが、一般的には競合作品とされている。『アイドル』をテーマにしたメディアミックス作品。競合しているものの、それぞれにターゲット層が棲み分けているので、現実のアイドルのように「ファンの奪い合い」になることも少ないとされる[5]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ テーマに類似性がなくても、同時期に公開された作品であれば、競合作品と呼ばれることもある[1]

出典編集