メインメニューを開く

竹中省吾

竹中 省吾(たけなか しょうご、1942年8月2日 - 2006年12月3日)は、日本裁判官広島家庭裁判所所長、大阪高等裁判所部総括判事などを歴任した。住基ネット判決3日後の2006年12月3日、自宅にて死亡。遺書等は存在していなかったが警察は当初から「自殺」とみて捜査を行った[1]

目次

略歴編集

住民基本台帳ネットワークシステム違憲判決編集

2006年11月30日、「住基ネットは個人情報保護対策に欠陥があり、拒否する人への運用はプライバシー権を著しく侵害し憲法13条に違反する」として箕面市守口市吹田市に原告の住民票コードの削除を命じる原告勝訴判決を言い渡した。

この判決にあたり、判決の期日は4回も延長されており、違憲判決を下すことは悩んだ末の決断だったのではないかとする見解がある[2]。 死体はハンドバッグで首をつった状態で見つかっており、あまりに不自然なこと、判決の衝撃の大きさから国家によって殺された、とするものがいる。

脚注編集

  1. ^ 12月4日産経新聞朝刊
  2. ^ 長嶺超輝 裁判官の爆笑お言葉集(ISBN 978-4-344-98030-3

関連項目編集