メインメニューを開く

竹中 繁雄(たけなか しげお、1941年昭和16年) - )は日本外交官法務省入国管理局長やトルコ駐箚特命全権大使を務めた。

人物編集

東京出身。1965年に一橋大学法学部を卒業し、外務省入省。外務省では主にアジア外交にたずわる。

在大韓民国日本国大使館参事官・広報官室長を務めていた1986年9月17日に、ソウル市鍾路区雲泥洞にあった日本文化センター(日本大使館広報官室)の竹中の室長室が、中曽根康弘(総理大臣)の訪韓反対を主張するナイフを持った高麗大学校韓国外国語大学校の学生5人に襲撃された。学生らは、竹中の要請でかけつけた警察官に取り押さえられたが、日本大使館が直接の標的となったことから、関係者に大きな衝撃を与えた[1]

1988年カンボジア臨時代理大使として、ノロドム・ラナリットと面会し、大統領辞意表明を出したノロドム・シハヌークを日本は支持することを伝えた[2]

1992年に開催された第8回日朝国交正常化交渉の副団長協議に、アジア局審議官として出席[3]

1997年に法務省入国管理局長に。入管局長時代には、在日外国人一般永住者資格を付与するための在留年限を20年から10年に短縮した。

のち、在トルコ特命全権大使を経て、2004年退官。その後、アジア生産性機構 (APO) の事務総長に就任。

2016年11月、瑞宝中綬章受章。

略歴編集

  • 1941年 東京都生まれ
  • 1965年3月 一橋大学法学部卒業
  • 1965年4月 外務省入省。その後タイカンボジア公使等を務めた。
  • 1989年7月 外務省外務参事官(報道・広報担当)
  • 1991年1月 外務省アジア局参事官
  • 1993年3月 在バングラデシュ特命全権大使(第9代)
  • 1996年9月 金属鉱業事業団理事
  • 1997年12月 法務省入国管理局長
  • 1999年8月 外務省大臣官房付
  • 1999年8月 在トルコ国特命全権大使
  • 2003年8月 特命全権大使(査察担当)
  • 2004年8月 退官
  • 2004年 アジア生産性機構 (APO) 事務総長
  • 2010年 任期満了退任

同期編集

脚注編集

  1. ^ 朝日新聞1986年9月17日、朝日新聞1986年9月18日
  2. ^ 朝日新聞1988年7月13日
  3. ^ 朝日新聞1992年11月6日


先代:
伊集院明夫
法務省入国管理局長
1997年 - 1999年
次代:
町田幸雄
先代:
田島高志
アジア生産性機構事務総長
2004年 - 2010年
次代:
山崎隆一郎