メインメニューを開く

竹久みち

竹久 みち(たけひさ みち、1930年昭和5年) - 2009年平成21年)7月24日[1])とは、服飾デザイナー。本名は小島 美知子[1](こじま みちこ)。ペンネームの「竹久」は竹久夢二にあやかって命名したものである。

概説編集

旧制共立女子専門学校生活科(現:共立女子大学)を卒業した[1]後、1957年(昭和32年)文化学院デザイン科を卒業。

文化学院在学中から、銀座で「ヌーベル・アクセサリー研究所」を主宰。上野松坂屋、銀座松坂屋などと取引。TV各局に出演し、アクセサリーについて語る。アクセサリー研究所は、改称、転居を経て、1960年(昭和35年)からは、六本木で「竹久みちアクセサリーデザインスクール」として、国内初のアクセサリーデザイナーの養成を始める。これは、のちに「竹久みちアクセサリー学院」と改称するも、1983年(昭和58年)に閉鎖。

1963年、三越の宣伝部長(当時)の岡田茂との知遇を得た[1]。岡田が三越の社長に就任した1972年以降、竹久の会社「オリエント交易」は三越の大口納入業者となった[1]。これにより多額の取引手数料を手にしたほか、三越の社内人事にも介入するようになり、竹久は「三越の女帝」と呼ばれた[1]。しかし1982年に「三越事件」によって岡田が社長を解任され、竹久は三越社内への影響力を失った。その後はクィーンズオーキッド株式会社を設立し、代官山の自社ビルでアートフラワーの販売を続けた。

岡田が社長を解任された翌月、三越に約18億円[1]の損害を与えたとして岡田とともに逮捕され、特別背任罪[1]と所得税法違反の容疑で起訴された。最高裁判所まで争ったが、1997年10月に最高裁で上告が棄却され、懲役2年6月および罰金6000万円の実刑判決が確定し[1]栃木刑務所収監された。

2009年(平成21年)7月24日午後1時頃に、東京都内の病院にて死去。79歳没[1]。晩年の2008年(平成20年)12月動脈瘤を患っていた[2]

著書編集

  • アクセサリー教室 : 作り方技術のすべて 竹久みち 著 鎌倉書房 1965
  • アクセサリー 竹久みち 著 保育社 1967 (カラーブックス)
  • ふりむかない私 : "女帝"といわれた私の真実 竹久みち 著 講談社 1985
  • 『報道被害 11人の告発』(1991年創出版) - 共著・編著
著者 : 山際永三池田理代子・桐生裕子・竹久みち・中西ミツ子・佐川一政八尾恵・草野光子・米原ゆり・三浦和義・神戸エイズ被害者
  • 罪名女 : もうひとつの「三越事件」 竹久みち 著 ごま書房 2004

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j “竹久みちさん死去 「三越の女帝」と異名”. 読売新聞東京夕刊: p. 12. (2009年7月28日) 
  2. ^ 竹久みちさんが死去 三越事件で実刑確定 - 47NEWS(よんななニュース)(2013年9月9日閲覧)