メインメニューを開く

竹井 輝彦(たけい てるひこ、1965年9月17日 - )は、日本お笑い芸人で、漫才コンビビッグブラザーズ」の元メンバー。

竹井輝彦
本名 竹井輝彦
生年月日 (1965-09-17) 1965年9月17日(53歳)
出身地 徳島県阿南市
言語 日本語
コンビ名 ビッグブラザーズ(1986年 - 1990年)
事務所 松竹芸能吉本興業 → 松竹芸能 → オフィスZERO
活動時期 1986年 -
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
第18回NHK上方漫才コンテスト優秀賞(1988年
第24回上方漫才大賞新人奨励賞(1989年)ほか

徳島県の出身で、徳島県立新野高等学校を経て、松竹芸能に延べ30年間在籍。後輩のお笑いコンビよゐこ」の名付け親でもある。2018年10月からは、「アマチュアのピン芸人」と称しながら、太田プロエンターテインメントカレッジの芸人コースへ所属。

目次

人物・来歴編集

徳島の暴走族を経て入所した松竹芸能の養成所時代に、酒田薫と「ビッグブラザーズ」を結成。当時の愛称は(名前の輝彦から)「テルくん」で、地元の関西地方を中心に、単独で複数のテレビ・ラジオ番組へレギュラーで出演するほどの人気を博した。ビッグブラザーズを結成4年後の1990年に解散してからは、ピン芸人として漫談コントを披露。漫談については、実際に鑑賞した芥川賞作家町田康から、コラムで「絶望な大坂的笑い」と絶賛されたことがある。

ビッグブラザーズ時代の1980年代後半には、当時主に大阪で活動していたダウンダウンとの間で、お笑い関係の賞レースを何度も争っていた。1989年第24回上方漫才大賞の新人奨励賞を受賞したが、大賞を受賞したダウンダウンが、「ビッグブラザーズに賞を取らせるのは1億万年早い」と発言。その発言が、後にある雑誌へ掲載された。奇しくも竹井は、ビッグブラザーズの解散後に一時、ダウンタウンが所属する吉本興業へ移籍。移籍を機に、活動の拠点を大阪から東京に移した。後に松竹芸能へ復帰するとともに、大阪へ戻っている。

また、ビッグブラザーズの解散後は、事業家としても活動。最初に上京した時期には、副業として浅草で営んでいたスナックやバーに、新加勢大周(坂本一生)が入り浸っていたという。活動の拠点を大阪に戻していた時期にも、大阪府箕面市の牧落で「男の娘くらぶ」という女装バーを経営していた。

しかし、2015年に松竹芸能を再び退社したことを機に、東京での芸能活動を再開。同年11月から、祖師ヶ谷大蔵駅付近のウルトラマン商店街の一角を舞台に、「祖師ヶ谷呼び込みお笑いライブ」を主宰している。その一方で、2018年10月には、太田プロエンターテインメントカレッジの芸人コースへ14期生として入学した。ピン芸人としては、「芸人・竹井輝彦ネタカタログ」と称する動画をYouTubeで公開。松竹芸能時代からR-1ぐらんぷりへの挑戦を続けているが、2015年の退社後は、「オフィスZERO」という事務所名義で参加している。

松竹芸能時代には、先輩芸人の森脇健児を通じて、当時『夢がMORI MORI』(フジテレビ)で森脇と共演していた若き日のSMAPと親しくしていた。現在は、COOLSのリーダー・佐藤秀光と親交がある縁で、COOLSのライブMCを定期的に務める。

2019年7月15日(月曜日・海の日)には、「(放送時点で)53歳のアマチュアピン芸人」としての竹井の近況に密着したNHK岐阜放送局制作のドキュメンタリーが、NHK総合テレビの『ひとモノガタリ』(祝日夕方の単発ドキュメンタリー枠)で全国向けに放送された。サブタイトルは「ダウンタウンになれなかった男」で、King Gnuのメンバー・井口理が、テレビ番組で初めてナレーションを担当。ビッグブラザーズ時代の相方だった酒田や、芸人としての同期に当たる吉本興業所属の木村祐一も、インタビュー映像に登場した。

出演番組編集

森脇健児の楽屋噺 (第373話)

2019年現在のレギュラー番組

  • 湾岸ベース スペシャルゲストCOOLS佐藤秀光、他

http://autogarage.tv/category/wangan

  • 東京いろもの演芸劇場 MC竹井輝彦・ナッキィ、ご意見番ベートベン鈴木、など

過去の出演番組編集

外部リンク編集