メインメニューを開く

竹光たけみつとは、を削ったものを刀身にしてのように見せかけたもののことである。現代では、芝居小道具として用いられる。また、切れ味の悪い安物の刀を嘲ってこう呼んだりもする。

目次

概要編集

「竹光」とは刀工の名前風に言ったもので、「銀紙竹光ぎんしたけみつ」などという言い方をすることもある。現在市販されている竹光の多くは、実際には竹を素材にすることは少なく、を削ったものを刀身とすることが多い。真剣風に見せる場合は、水に溶いた卵白を刀身に接着剤として塗りその上から、かつては銀箔、現代ではアルミ箔錫箔を貼る。

模造刀模擬刀)店で市販されているが、銃刀法上の「模造刀剣類」とは金属の刀身を用いた模造品を指し[1]、竹光は含めない。

歴史編集

平家物語には、刀剣を帯びることが禁じられていた内裏平忠盛昇殿した際に、闇討ちを恐れて竹光を持参し周囲を威嚇した話が載せられている。

江戸時代になって平和な世の中になると、生活に困窮した浪人が刀を質入れなどした際に代用されたり、重い刀を常に腰に差しておくことを嫌った武士が代用したりした。

現代ではもっぱらその軽さを殺陣に活かせる為、時代劇小道具として用いられることが多い。横綱土俵入り太刀持ちが持つ太刀も竹光である場合が多い。

派生編集

  • 日本政界では内閣総理大臣(首相)の切り札(伝家の宝刀)である衆議院解散をめぐる動きで、首相の解散権を封じられることを「竹光」になぞらえることもある[2]

脚註編集

  1. ^ 銃砲刀剣類所持等取締法第二十二条の四 何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、模造刀剣類(金属で作られ、かつ、刀剣類に著しく類似する形態を有する物で内閣府令で定めるものをいう。)を携帯してはならない。
  2. ^ 封じられた解散権 最高裁「違憲」判決&大震災で 最短でも衆院選は来春以降 産経新聞 2011年4月3日閲覧

関連項目編集