竹内 健(たけうち けん、1935年3月2日 - 2015年12月23日)は、日本の劇作家演出家翻訳家怪奇小説作家、偽史研究家、神代文字研究家、古代信仰研究家。劇団「表現座」主宰。日本オリエント学会会員。

来歴編集

1935年(昭和10年)、愛知県名古屋市に生まれる。父は紡績会社の社長、母は元教師、姉が二人。10歳のとき、戦災で家を失い、滋賀県に疎開。12歳のとき父が死去。

1949年、14歳で横須賀に転居。新聞配達をしながら中学高校に通う。17歳のとき母が死去。1953年、神奈川県立横須賀工業高校造船科を卒業。日立造船に就職。一年後退職。大工、沖仲士など肉体労働ののち、1957年、劇団四季に入団(作家志望、22歳)。半年で退団。その後、世界銀行の通訳として全国の石灰採掘会社をめぐる。

このころ(20歳前後)、重度の喘息を患い、鎌倉で一年間の療養生活を送る[1]。その間、ギリシャ語、ラテン語、古代エジプト語を独習。その後、エジプト人にアラビア語を習う。25歳ごろ、友人の学者の推薦で日本オリエント学会の会員になる[2]。西アジア史を研究し、中世アラビア旅行家の紀行文などを学ぶが、しだいに異端なもの[3] に興味が移っていった[4]

1960年、劇団「表現座」を主宰(25歳)。イオネスコなどの前衛劇を翻訳・演出。1961年、エールフランス入社(一年半後退社)。このころ、新宿の喫茶店「風月堂」に出入りし、ヨーロッパ人と交流する。興行会社「日進プロ」に務めながら「日欧文化協会」を設立。フランス映画「かくも長き不在」を輸入したが売れなかった(26歳)。

1962年、ラジオドラマ「黒い塔」(音楽・武満徹)のシナリオ執筆。1963年、寺山修司作のミュージカル「青い種子は太陽のなかにある」(作曲・石丸寛)を演出。このころ、寺山とともに映画や演劇などを見て回った[5]。寺山との交流は1967年の「天井桟敷」旗揚げのころまでつづく。

1964年、短歌グループ「律」の深作光貞に依頼され、韻文劇「青光記」を作・演出(草月会館)。歌人の馬場あき子や映像作家などとの共同作業だった[6]。ロビーで三島由紀夫に絶賛されたという[7]。10月、東京オリンピックフランスチームの通訳をする。

1965年、アルフレッド・ジャリユビュ王』を翻訳出版、アングラ演劇界に衝撃を与える[8](30歳)。また、『現代詩手帖』1965年9月号掲載の「故郷とは何か:寺山修司論」のなかで、日本民族の由来に関する異説・珍説がたくさんあることに触れ、「この種の文献を少なからず所有してる」と述べている。

1966年、フランス語雑誌『EST-ORIENT』の編集主任となる(31歳)。これは日本の文化や歴史を紹介する雑誌で、パリのキオスクで売られた。表紙の写真は土門拳。竹内は歴史関係の記事を執筆[9]。1967~1968年の表現座公演は、「埋葬伝説」「ワクワク学説」「般若由来記」。

1967年から1970年にかけて、少女向けの怪奇小説を四冊出版。1970年、『ランボーの沈黙』出版(35歳)、ロングセラーとなる[10]。1971年、『図解ポーカー入門』を出版。このころ、雑誌に賭博関係の記事も寄稿している[11]

1972年夏、雑誌『季刊パイディア』12号で「日本的狂気の系譜」特集を監修、平田篤胤の神字論や偽史に関する記事を執筆(37歳)。1976年より数度にわたって、雑誌『地球ロマン』で記事執筆や座談会参加。このころより、アラハバキ神の研究に没頭する。1977年、『津軽夷神異文抄』出版。『日本読書新聞』に「異神巡脚記」を連載。

1978年、東京大学仏教青年会所属「古代信仰研究所」を創設する(43歳)。以後、晩年までここの所長として活動。1979年より、雑誌『迷宮』に「琉球古字と十二干の謎」を三回連載。1992年、東大仏青会の機関誌『仏教文化』29号に、「わが国に於ける阿羅羅仙人信仰について」を発表。1994年、古信研の教室を清瀬市の自宅に移転(59歳)。

2012年、雑誌『Fukujin』16号で「竹内健特集」が組まれ、インタビューを受ける(77歳)。古代信仰史学について語り、競馬血尿についての狂歌などを発表する。2015年、死去(80歳)。肝臓癌だったが治療を拒否していた[12]

著書編集

  • 『竹内健戯曲集』思潮社、1968年[13]
  • 『竹内健怪奇幻想シリーズ』、新書館(For Ladies シリーズ)
    • 『世界でいちばん残酷な話:薔薇の天使』、1967年/新装版、1969年
    • 『世界でいちばんコワイ話:薔薇の悪魔』、1968年
    • 『世界でいちばん奇妙な話:薔薇の半神』、1969年
    • 『世界でいちばん孤独な話:薔薇の埋葬』、1970年
  • 『ランボーの沈黙』、紀伊国屋新書、1970年/新装版、1994年
  • 『図解ポーカー入門』、有紀書房、1971年
  • 『邪神記』、現代思潮社、1976年。
  • 『津軽夷神異文抄:竹内健史劇集』、絃映社(発売 三樹書房)、1977年。

翻訳編集

  • アルフレッド・ジャリ『ユビュ王』現代思潮社、1965年。
  • ジャン・コレ『ゴダール』三一書房、1969年。

雑誌監修編集

  • 『パイディア』12号(特集・日本的狂気の系譜)、竹内書店、1972年。

新聞連載編集

  • 「異神巡脚記:アラハバキ神と津軽伝承」(全12回)、『日本読書新聞』1909-1920号、1977年。

エピソード編集

  • 1962年、寺山修司の最初の短編映画「檻囚」を共同演出。出演もした。[14]
  • 声優の増岡弘(『サザエさん』のマスオ役)は表現座の俳優だった。「天井桟敷」の旗上げ公演でも客演した[15][16]
  • 声優の井上真樹夫(『ルパン三世』の五ェ門役)は表現座創立者の一人。「ワクワク学説」で主役を演じた[17]
  • 舞踏家の麿赤児は、竹内健を「風月堂の主のような男」だったと言い、唐十郎と出会ったときのキーマンだったと言っている[18]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「南方憧憬論」(『邪神記』p.29)。
  2. ^ 『表現座新聞』第2号、1967年。
  3. ^ 石川三四郎、荘司憲季など
  4. ^ 『邪神記』あとがき。
  5. ^ 『Fukujin』16号、p.87
  6. ^ 「この忌々しき四物目」(『短歌』1972年11月号、p.71)
  7. ^ 『Fukujin』16号、p.97
  8. ^ 上杉清文、『Fukujin』16号「編集後記」
  9. ^ 「異説起源論者の系譜」(『SD スペースデザイン』 No.89、1972年2月)
  10. ^ 1974年に第6刷発行。
  11. ^ 「賭博論」(『黒の手帖』1972年2月号)、「賭博の形而上学」(『芸術生活』1972年10月号)
  12. ^ 不二本 蒼生ブログ AOI FUJIMOTO”. 2021年3月27日閲覧。
  13. ^ 国会図書館デジタルコレクション「竹内健戯曲集」”. 2021年5月3日閲覧。
  14. ^ DVD「寺山修司の実験映像ワールド」Vol.1に収録。
  15. ^ 岡和田晃「山野浩一とその時代(14)」
  16. ^ ウキペディア項目「増岡弘」 人物・エピソードの節、2021年5月3日閲覧。
  17. ^ nijimaq|プロフィール|マイソング・クリエイト”. 2021年5月3日閲覧。
  18. ^ 麿赤兒インタビュー vol.1「舞踏まで―新宿が大学だった」2012/12/17(動画)”. 2021年5月3日閲覧。

参考文献編集

  • 『Fukujin』16号(特集 竹内 健―ユビュ王から古代信仰まで―)、福神研究所、白夜書房、2012年。(年譜など) http://www.byakuya-shobo.co.jp/page.php?id=3546&gname=shoseki_livingculture
  • 『迷宮』第1号、白馬書房、1979年。(著者紹介等)
  • 絓秀実『1968年』、ちくま新書、2006年。(p.196-197、p.200-201)
  • 四方田犬彦『歳月の鉛』、工作舎、2009年、p220
  • 長山靖生『偽史冒険世界』、ちくま文庫、2001年。(p201-204)
  • 岡和田晃「山野浩一とその時代(14) 企業のPR映画と、劇団表現座への参画」、『目と眼差しのオブセッション』(トーキングヘッズ叢書 No.85)、アトリエサード、2021/1/28。
  • 九條今日子『ムッシュウ・寺山修司』ちくま文庫、1993年。(p.166)
  • 寺山修司「竹内健にまつわる数学」(表現座公演『アメデーまたは死体処理法』パンフレット)1963年。
  • 瓜生良介『小劇場運動全史 記録・発見の会』造形社、1983年。(p85-86, p96)
  • 藤原明『偽書「東日流外三郡誌」の亡霊:荒吐の呪縛』、2019年、河出書房新社。(p45-46)

関連項目編集

外部リンク編集