メインメニューを開く

竹内 泰宏(たけうち やすひろ、1930年10月12日 - 1997年11月13日)は、日本の作家、文芸評論家。

東京生まれ。本名・泰郎(やすお)。東京大学卒。妻は詩人の高良留美子。1962年「見張り」で文藝賞優秀作。1967年『希望の砦』で河出長編小説賞受賞。新日本文学会アジア・アフリカ作家会議の活動に参加し、第三世界文学の翻訳や評論を行った。野間宏小田実らと親交があった。

著書編集

  • 視点と非存在 20世紀文学批判 現代思潮社 1962
  • 希望の砦 河出書房新社 1968 (河出・書き下ろし長篇小説叢書)
  • 想像的空間 せりか書房 1968
  • 境界線の文学論 河出書房新社 1970
  • アジアのなかの日本文学 筑摩書房 1974
  • 人間の土地 河出書房新社 1976
  • 第三世界への想像力 現代文学はどこへ行くか 現代書林 1980.4
  • アジア・アフリカの文学と心 第三文明社 1980.5 (レグルス文庫)
  • 少年たちの戦争 河出書房新社 1991.7
  • 第三世界の文学への招待 アフリカ・アラブ・アジアの文学・文化 御茶の水書房 1991.11

翻訳編集

  • 太陽と生の荒廃から アフリカ共同体の詩と文学 マジシ・クネーネ 高良留美子共編訳 アンヴィエル 1980.12
  • アフリカ創世の神話 女性に捧げるズールーの讃歌 マジシ・クネーネ くぼたのぞみ共訳 人文書院 1992.5

参考編集

  • 文藝年鑑1975
  • 読売新聞死亡記事