竹内 潤たけうち じゅん、1970年8月11日 -)[2]は、日本のコンピュータゲームディレクタープロデューサー

竹内 潤
Jun Takeuchi 2010.jpg
2010年 press eventでの竹内
原語名竹内 潤
生誕 (1970-08-11) 1970年8月11日(52歳)
日本の旗 日本 大阪府豊中市
国籍日本の旗 日本
職業ゲームデザイナー,ゲームディレクター,ゲーム プロデューサー
活動期間1991年 - 現在
雇用者カプコン
代表作バイオハザード
鬼武者
ストリートファイター
肩書きカプコン取締役会常務執行役員
カプコンのコンシューマーゲーム開発第1部の責任者[1]

代表作に、スーパーファミコン用の『ストリートファイターII』や、プレイステーション用の『バイオハザード』と『バイオハザード2』他。

来歴編集

創造社デザイン専門学校[3] のグラフィック学科を卒業し、1991 年にゲーム開発会社のカプコンに入社[2]

2012年にはカプコンで開発第1部門責任者に就任。このセクションは主にバイオハザードの開発に携わっていたが、デビルメイクライシリーズなど海外の愛好者に焦点を当てたタイトルも手がけた。

代表作編集

Year Game Role
1991 超魔界村 背景デザイナー
ストリートファイターII: ザ・ワールド・ウォリアー ビジュアルデザイナー
1992 ロックマン5
ストリートファイター II: チャンピオン エディション
1993 ファイナルファイト2 背景デザイナー
スーパー ストリート ファイター II (Super_Street_Fighter_II: 新たな挑戦者たち スタッフ
1996 バイオハザード キャラクターモデラー、モーションデザイン
1998 バイオハザード2 モーションデザイン
2001 鬼武者:武将 (Onimusha:_Warlords ディレクター
2002 鬼武者2 サムライズ・デスティニー (Onimusha 2: Samurai's Destiny Player animator
2004 機動戦士ガンダム_ガンダムvs.Ζガンダム プロデューサー
鬼武者3 鬼殺隊 (Onimusha 3: Demon Siege プロデューサー, キャラクターアニメーター
2006 ロスト_プラネット_エクストリーム_コンディション プロデューサー
2007 バイオハザード_アンブレラ・クロニクルズ アドバイザー
2009 バイオハザード5 プロデューサー
2010 ロスト プラネット 2
2017 バイオハザード7 製作責任者
2019 デビルメイクライ5
バイオハザード2
深世海_Into_the_Depths
2020 バイオハザード3
2021 帰ってきた_魔界村

脚注編集

  1. ^ CAPCOM | Corporate Officers” (英語). CAPCOM IR. 2017年8月20日閲覧。
  2. ^ a b Abe, Mika (2009年3月). “インタビュー 竹内 潤さん”. PS World. Sony Computer Entertainment Inc.. 2009年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月7日閲覧。
  3. ^ 創造社デザイン専門学校

参考編集

外部リンク編集