竹内 章郎(たけうち あきろう、1954年 - )は、日本の哲学者岐阜大学教授。専門は社会哲学、生命倫理、障害者論。日本哲学会理事。

人物・経歴 編集

神戸市生まれ。岐阜県立岐阜高等学校卒業、1978年一橋大学社会学部卒業。1989年同大学院社会学研究科博士課程単位修得退学[1]。指導教官は岩崎允胤[2]。1989年岐阜大学教養部講師、92年助教授、96年同地域科学部教授、社会福祉法人いぶき福祉会理事[1][3]。2012年唯物論研究協会委員長[4]。2015年日本哲学会評議員[5]、2017年同理事兼評議員[6]

著書 編集

単著 編集

  • 『「弱者」の哲学』大月書店 科学全書 1993
  • 『現代平等論ガイド』青木書店 シリーズ現代批判の哲学 1999
  • 『平等論哲学への道程』青木書店 2001
  • 『いのちの平等論 ―現代の優生思想に抗して―』岩波書店 2005
  • 『新自由主義の嘘』岩波書店 双書哲学塾 2007
  • 『平等の哲学 ―新しい福祉思想の扉をひらく』大月書店 2010

共編著 編集

  • 『平等主義が福祉をすくう 脱〈自己責任=格差社会〉の理論』中西新太郎後藤道夫小池直人吉崎祥司共著 青木書店 2005
  • 『格差社会とたたかう 〈努力・チャンス・自立〉論批判』後藤道夫、吉崎祥司、中西新太郎、渡辺憲正共著 青木書店 現代のテキスト 2007
  • 『哲学する〈父(わたし)〉たちの語らいダウン症・自閉症の〈娘(あなた)〉との暮らし』藤谷秀共著 生活思想社 2013
  • 『なぜ、市場化に違和感をいだくのか? 市場の「内」と「外」のせめぎ合い』高橋弦共編著 晃洋書房 2014
  • 『社会権 人権を実現するもの』吉崎祥司共著 大月書店 2017

論文 編集

編集

  1. ^ a b 『平等の哲学』著者紹介
  2. ^ 「昭和57年度 学位授与・単位修得論文一覧」一橋大学
  3. ^ 岐阜大学
  4. ^ 「学会案内」唯物論研究協会
  5. ^ [1]日本哲学会
  6. ^ [2]日本哲学会