竹増 貞信(たけます さだのぶ、1969年昭和44年〉8月12日[1] - )は、日本実業家コンビニエンスストアローソン代表取締役社長

略歴編集

大阪府池田市出身[2]で、大阪教育大学附属高等学校池田校舎大阪大学経済学部を卒業。

1993年平成5年)に三菱商事へ入社し、畜産部に配属[3][4]されて牛肉輸入業務に携わるが、事業撤退に伴い部署が閉鎖されて2年目から子会社の牛肉販売会社に出向する。のちに豚肉営業へ転じ、2002年からグループ企業で米国の豚肉処理・加工品製造会社インディアナパッカー社へ最高経営責任者の補佐として3年間出向した[5]広報部に5年勤務したのち、2010年に[6]総務部経営企画部で小林健副社長と社長の時代に業務秘書[7][8]を務めた。

2014年に三菱商事を退社し、5月にローソン代表取締役・代表執行役員副社長兼法人営業本部長ローソンマート担当に就く[9]2016年3月からコーポレート統括兼成城石井・NL・LS100事業管掌兼海外事業管掌兼エンタテイメント・サービス事業管掌兼開発本部長、6月に玉塚元一の後を受けて社長に就き、2017年3月からマーケティング本部長を兼務[10]

人物編集

飽和状態とされるコンビニについて産経新聞にインタビューされた際、2016年平成28年)の熊本地震を例に挙げ、フランチャイズ加盟店の「オーナーや店長は『こんな時こそ店を開けないといけない』という高い当事者意識を持っている」とし、ローソンが店舗数で業界3位に後退したことについても、店舗数や売上高よりも店の質や競争力の向上が優先といい、「お客さまに愛されて、一店一店を大事にして、他社にいかにして勝っていくかが最優先」と述べており、大手3社で遅れている海外進出も「(残り6ケ月間の)年内に海外1100店を目指す」と宣言[11]。達成した上で2020年令和2年)2月末で中国アジアを中心に2,918店まで増やしている[12]

以前から、ローソン加盟店に時短営業を認めたり、社内コミュニケーションを心掛けたりして「何でも言える環境・雰囲気づくり」を重視しており、重要な案件について「100万回言う覚悟」で臨む[13]という。

また、ローソンのプライベートブランド(PB)商品が佐藤オオキによる新パッケージに変わった直後の2020年5月、デザインを巡り消費者の間で賛否両論の議論となったことに即応。翌6月9日に「お店で選びにくかったり探しにくかったり、色々なご不便やお手数をおかけしてしまっている」とコメント。客のニーズや価値観に「寄り添いながらお客さんとつくっていくのがPBだ」と表明。ローマ字表記で分かりにくいと指摘されたデザインを7月にも変更する方針を明らかにした[14]

なお、元内閣府副大臣自由民主党副幹事長の後藤田正純衆議院議員は、三菱商事での同期である[15]

脚注編集

[脚注の使い方]


関連項目編集


先代:
玉塚元一
ローソン社長
2016年 -
次代:
(現職)