竹村拓

日本の男性声優

竹村 拓(たけむら ひろし、1953年10月24日[4] - )は、日本声優、元舞台俳優東京都葛飾区出身[2]オフィス薫所属[4]

たけむら ひろし
竹村 拓
プロフィール
本名 竹村 拓(たけむら たく)[1]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本東京都葛飾区[2]
生年月日 (1953-10-24) 1953年10月24日(69歳)
血液型 AB型[3]
職業 声優
事務所 オフィス薫[4]
公式サイト 竹村 拓|オフィス薫
公称サイズ([4]時点)
身長 / 体重 165 cm / 65 kg
活動
活動期間 1970年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

経歴編集

東邦大学付属東邦高等学校[2][5]卒業後は医科大学進学を考えていたが、学費が莫大な額であることを知り断念、日本大学芸術学部映画学科進学も考えたが、映画産業は既に斜陽産業だという周囲の意見を聴いてこれも断念。親の勧めに従って獣医科大学に進学した[2]

野沢那智主宰の劇団薔薇座出身者の一人。野沢の弟子であるが、元々は舞台俳優としてのキャリアが中心だった。薔薇座は1980年に退団し、その後は役者は辞め、東京都内の割烹料亭にフロアマネージャーとして就職した。その後、薔薇座に残っていたデモテープを聴いた千葉耕市が、音響監督を務めていた『クラッシャージョウ』のオーディションを受けて欲しいと要請。役者は引退していた身であったがオーディションに合格、30歳で『クラッシャージョウ』で主演声優として本格的にデビューした[2]

その後、ぷろだくしょんバオバブ[2]フリー[5]を経て、オフィス薫所属となった[4]

テレビアニメ『鎧伝サムライトルーパー』のメインキャラクターの羽柴当麻を演じ、これをきっかけに1989年に結成され大ヒットした声優ユニットNG5」のメンバーの1人。『鎧伝サムライトルーパー MESSAGE』では、「もうやりたくない」と降板を申し出て、寸前まで他の声優で話が進んでいた[要出典]が、結局声をあてることになった。

人物編集

音域はテノール[4]

趣味はビリヤードスキー釣りテニス[4]

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1978年
1979年
1980年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2002年
2003年
2004年
2007年
2008年
2009年
2010年

劇場アニメ編集

OVA編集

ゲーム編集

1990年代
2000年代

CD編集

  • 銀河漂流バイファム ドラマ編 ジェイナス愛の航海日誌…気分はもう主役(バーツ・ライアン)
  • クラッシャージョウ 銀河系最後の秘宝(ジョウ
  • ザ・マスターズファイター(坂本辰之助)
  • ビックリマン 愛の戦士ヘッドロココ イメージアルバム(ヘッドロココ
  • 桃太郎伝説 夢・しゃりばり / 夢しゃりばりII、桃王(ドラマ出演、ボーカル)
  • 鎧伝サムライトルーパーシリーズ
    • 君を眠らせない
    • BEST FRIENDS
    • ドラマCD 天空伝
    • ドラマCD 光輪伝
    • ドラマCD 月
    • カセットコレクション そして五人
  • 寝室の鍵買います(妹尾義喬)
  • ロードス島戦記パーン
    • ロードス島戦記 幻惑の魔石
    • ロードス島戦記2 宿命の魔術師

吹き替え編集

映画編集

テレビドラマ編集

アニメ編集

ドラマ編集

その他コンテンツ編集

  • タカラ 戦え!スーパージンライ(ジンライ)

脚注編集

[脚注の使い方]

シリーズ一覧

  1. ^ 『F』(2000年)、『F.I.F』(2001年)、『PORTABLE』(2006年)、『SPIRITS』(2007年)、『WARS』(2009年)、『WORLD』(2011年)、『OVER WORLD』(2012年)、『GENESIS』(2016年)、『CROSSRAYS』(2019年)
  2. ^ GC』『MX』(2004年)、『MX ポータブル』(2005年)、『XO』(2006年)、『A PORTABLE』『Z』(2008年)

出典編集

  1. ^ a b c d 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、173頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ a b c d e f 『ジ・アニメ』(近代映画社)1983年6月号 168ページ『声優クローズあっぷ』より。
  3. ^ 竹村 拓|声優名鑑”. 声優グランプリweb. 2020年2月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 竹村 拓”. オフィス薫. 2020年2月15日閲覧。
  5. ^ a b 『日本タレント名鑑(1988年版)』VIPタイムズ社、1988年、141頁。 
  6. ^ BAD TASTE 編「第1章 聖戦士たち --キャラクター&メカニック-- Character File」 『聖戦士ダンバイン大全』双葉社、2004年3月5日、62頁。ISBN 4-575-29653-8 
  7. ^ おねがい!サミアどん”. KBS京都. 2020年12月4日閲覧。
  8. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーションラインナップ. トランスフォーマー 超神マスターフォース. 東映アニメーション. 2022年9月18日閲覧。
  9. ^ a b 松田岳久 編「設定資料集」 『トランスフォーマージェネレーション』勁文社〈ケイブンシャの大百科別冊〉、2001年7月30日、109頁。ISBN 4-7669-3800-3 
  10. ^ STAFF&CAST|新世紀GPXサイバーフォーミュラ”. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB. 2022年9月30日閲覧。
  11. ^ 作品概要”. 『機動新世紀ガンダムX』 公式サイト. サンライズ. 2020年9月3日閲覧。
  12. ^ 13 CAST”. 銀河漂流バイファム. 2020年12月4日閲覧。
  13. ^ OVA CAST”. 銀河漂流バイファム. 2020年12月4日閲覧。
  14. ^ STAFF&CAST|新世紀GPXサイバーフォーミュラ11”. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB. 2022年9月30日閲覧。
  15. ^ STAFF&CAST|新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO”. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB. 2022年9月30日閲覧。

外部リンク編集