竹村かつし

竹村豪氏から転送)

竹村 克司(たけむら かつし、1972年8月21日 - )は、日本政治活動家介護士実業家、元プロレスラー。リングネームは竹村 豪氏(たけむら かつし)。

竹村 克司
竹村 克司の画像
プロフィール
リングネーム 竹村 豪氏
TAKEMURA
本名 竹村 克司
身長 178cm
体重 99kg
誕生日 (1972-08-21) 1972年8月21日(48歳)
出身地 京都府城陽市
スポーツ歴 バスケットボール
バレーボール
トレーナー 藤波辰爾
デビュー 1997年7月22日
引退 2010年
テンプレートを表示

来歴編集

父親が高校教師という家庭に生まれ、お寺の職も兼ねていたことから、教師や僧侶に囲まれた環境で育つ。当時一大ブームであったプロレスにも熱中し、タイガーマスクの登場に衝撃を受ける。

カメラマンを目指し大阪芸術大学写真学科に入学するも、その後中退。

海外での総合格闘家を志し渡航計画を立てていた23歳の時、藤波辰爾が立ち上げた「無我」が大阪に道場を設立した事を知り、入門テストを受験し合格。

1997年7月22日、無我博多大会における対アレクサンダー大塚戦でデビュー。デビュー後は格闘探偵団バトラーツレッスル夢ファクトリーのリングへ上がりつつメキシコのEMLLへ参戦した。

2001年2月に新日本プロレスに入団。新日本プロレスではジュニアヘビー級で実績を積んだ。新日本プロレス所属中も2002年4月から途中1か月の一時帰国を挟んで2003年8月まで長期メキシコ遠征を経験している。メキシコでは西村修とのタッグや、NOSAWAMAZADAとの「東京愚連隊」として活動した。

2003年8月の新日復帰以降は、邪道外道と組んで行動した。2004年7月3日からはC.T.Uの一員となって活動、9月9日の闘龍門Xの興行ではUWA世界6人タッグ王座を獲得している。12月12日、西村の度重なる説得によりC.T.Uを脱退、本隊に復帰した。2006年1月28日、新日本プロレスを退団[1]

2004年7月4日、全日本プロレス初参戦でNOSAWA、MAZADAと合流し、オリジナルの東京愚連隊を復活させ、その勢いで7月18日、カズ・ハヤシが保持していた世界ジュニア王座に挑戦。王座獲得はならなかったが、2004年末まで全日マットにスポット参戦した。

2006年2月にZERO1-MAXへ数試合ほど参戦し、東京愚連隊として暴れる。その後は妻子を妻の実家へ戻らせ、西村と共に海外遠征へと出発。当初はタンパでの住居移転を考えたようだが、愚連隊として活動していたメキシコで家族を連れての住居移転を目指した。5月21日、全日本プロレスに約1年半ぶりに参戦、8月2日には無我ワールド・プロレスリングプレ旗揚げ戦に参加。8月20日、ビッグマウス・ラウド後楽園ホール大会では緑のペイントを施したザ・グレート・タケとして藤原喜明と対戦した。8月29日に無我ワールド・プロレスリング旗揚げシリーズ参戦を前に、正式に所属選手になった。

2007年12月、無我を退団。2008年1月、無我を退団した西村を追って全日本に乱入し東京愚連隊に復帰。後に法人化を発表した東京愚連隊の所属レスラーTAKEMURAとなった。

2008年1月以降、全日本に西村との一騎討ちを要求、4月20日の後楽園大会で西村とのシングルマッチが実現するも敗北した。

2009年1月6日、試合中に肩を負傷し長期欠場(全治1年)となった。竹村を支援するため「TAKEMURA AID」を開催された。2010年、NOSAWAが「AIDでの見舞金はTAKEMURAへ一部渡しているが、現在連絡が取れないためケガの具合などは一切不明」と公表。この時期一定期間、ケガの具合や現在の状況など一切公表されず、リングや表舞台などに一切登場しなくなった。視聴者参加型のネット生配信のインタビューでもNOSAWA、MAZADAが出演した際によく尋ねられる質問だが、「どこにいるか、オレらが知りたいよ。」(NOSAWA)と笑い話のように答えていた。

2018年1月、テレビ朝日系「あいつ今何してる?豪華新春3時間SP」に出演。現在は妻の故郷である山口県下関市に家族で移住。肩の大怪我から生活のためプロレスを廃業し山口へ移住、ホテル業へ就職。その後介護士免許を取得し、デイサービスとカラオケカフェを経営している事が初めて公にされた。また、プロレスデビューしたての頃はそれだけでは食べていけず、運送会社でアルバイトしており、その頃に中学時代のANZEN漫才のみやぞんと出会い、プロレス技を教えていたというエピソードも明かされている[2]

2019年2月15日、大阪で行われたマサ斎藤追悼興行において、対戦相手にかつての同僚であるMAZADAを迎え、けじめの限定復帰を果たす。ANZEN漫才の2人も応援コメントを出す中で、7分48秒首固めで勝利した[3]

2020年2月、次期衆議院議員総選挙にれいわ新選組の候補者として山口4区から立候補する意向を示し、同26日に記者会見で正式に発表した[4]。その後、れいわ新選組衆議院山口県第4区総支部長に就任。

政策編集

公式ホームページより[1]

全国一律 最低賃金1500円 「政府が補償」

現在の下関市の最低賃金は、829円(2019年厚生省発表)。1日8時間1月20日で、月収13万弱。最低限度の生活を送るための最低生計費(23万強)を大きく下回ります。

消費税廃止と累進化(中小零細事業者の大減税)、それでも赤字の事業者には政府が補償。人々の生活の底上げと、東京一極集中の解消、地方創生。雇用者と事業者をともに守り、下関市、長門市は勿論のこと日本経済の活性化を目指します。

消費税をゼロに!

消費税は、強制的な物価の引き上げです。そして納税義務者の中小零細企業に重くのしかかかり経営を圧迫し続けています。実質賃金は下がり、物価は上がる。生活が苦しいと感じる人は、全世帯の57.7%(平成30年国民生活基礎調査)と、6割近くにのぼります。

1989年に消費税法が施行され、30年以上が経ちました。 その間、私達が払った消費税は計371.9兆円。一方 法人税率は引き下げられ、290.4兆円、減収しています(1989~2018年)。

消費税の廃止と、根本的な税制の見直しが必要であると考えます。

私達が日々の生活の中で細かく支払っている消費税は、一年間で一月分の給与額に匹敵します。

年収310万円の人は控除後の手取りは242万円。さらに1ヶ月に相当する18.6万円が消費税として消えます。

介護士・保育士の公務員化

子供からお年寄りまで、全ての世代が安心して暮らせる社会を。

介護士、保育士は深刻な人材不足の状況にあります。介護士、保育士の雇用の安定を図るためには、これら職種を公務員化し、低賃金、長時間労働の労働環境を積極的に改善する必要があると考えます。 少子高齢化問題を語る上で欠かせないこの課題に、福祉事業経営者として現場で得た経験を活かし取り組みます。

新しいエネルギー政策

甚大な被害をもたらした2011年の福島第一原発の事故。山口県では原発事故以前より上関原発建設計が進められています。事業中止を求める住民の声が上がる中、計画は着々と進められています。

また一方で、下関市安岡沖では、洋上風力発電事業も計画されており、低周波音による健康障害、漁場の喪失の問題が強く懸念されています。 未来に引き継ぐべき美しい自然と景観、人々の健康と食の安全。これらを大切にするエネルギー政策と社会の構築を目指します。

第一次産業を守る

「食糧安全保障」では、全ての国民が、将来にわたって良質な食料を合理的な価格で入手できるようにすることは、国の基本的な責務であると規定されています。しかし、就業人口の減少による労働力不足、従事者の高齢化に伴い、第一次産業は縮小し続けています。衰退の危機に直面している現状を変えるため、若者にとっても魅力のある成長分野へと導く改革が必要です。

日本の食料安全保障のために本当に必要なことを考え、政府による戸別所得補償を基本政策に一次産業を守っていきます。

タイトル歴編集

得意技編集

M9

脚注編集

外部リンク編集