メインメニューを開く

竹森 満佐一(たけもり まさいち、1907年 - 1990年[1])は日本の牧師で、新正統主義の聖書学者である。

1907年大連に生まれる。1936年日本神学校を卒業した後、白金教会吉祥寺教会の牧師になる。

1950年ユニオン神学校大学院で学ぶ、1951年東京神学大学の教授に就任する。1968年にウェスタン神学大学、1969年ハイデルベルク大学の客員教授になる。

1975年より1979年まで東京神学大学の学長を務め、1979年からは名誉教授になる。また、名誉神学博士号を授与される。

弟子編集

脚注編集

参考文献編集