メインメニューを開く
インドネシア独立戦争で使用された竹槍。

竹槍(たけやり)とはを加工して製造された状の簡易武器である。

目次

概要編集

 
スラバヤの戦い」を記念する「竹槍記念碑」(スラバヤ市)。

竹槍は、竹を適当な長さに切った上で、先端部を斜めに切断した、あるいはその円周の一部だけを尖らせたもので、更に火で炙るなどして硬化処理を施した簡易の武器であるが、竹が熱帯から亜熱帯温帯亜寒帯に掛け広い範囲に自生しているため、この竹自生地域ではほとんどタダ同然で入手できる武器である。ただしその威力は一度使用すれば貫通力が鈍る使い捨て程度で、こちらも「簡易」と呼ぶに相応しいものとなっている。

使用される竹は該当地域に自生するものに限られるため、その太さはまちまちである。しかし竹が垂直方向に繊維が揃っていて丈夫で、かつ中空であるため軽量、加えて使い捨てとはいえ白兵戦CQCにおいては十分な殺傷能力を持っていたことから、広い範囲で様々な形で利用されていたと考えられる。

なお武器の性質としては竿状武器(ポールウェポン)となるが、その多くでは入手しやすいこと(=量産しやすいこと)から集団で利用するためにも便利が良く、これによって対象を相手の武器や牙・爪の間合いの外から取り囲んで、突いたり叩いたりして対象を攻撃するのに向いていた。

太平洋戦争中の大日本帝国陸軍では制式兵器として竹槍を採用していた。また、ベトナム戦争における南ベトナム解放民族戦線など、近代のゲリラ戦でも活用された。インドネシア独立戦争でも使用され、そのため独立を達成するまでの勇気と犠牲を象徴するものとされ、戦争記念碑などのモチーフとされている[1]

歴史編集

その起源は古く、竹林が自生する地域では鉄器文明以前から使用されていたとも言われているが、記録がない有史以前でもあり、材質的にも遺物として残りにくいため、詳細は不明である。日本では戦国時代にはすでに使用されていた記録があるが、当時は純粋な竹製のものだけでなく、(鋼鉄製の穂先が備えていたとしても) 柄が竹製であればいずれも竹槍と呼称していた[2]ので注意が必要である。明智光秀落ち武者狩りをしていた土地の農民らの竹槍に掛かり果てたとされる[3]一方で、錆びた鑓との異説もあるのもこのためである。

江戸時代の百姓一揆による強訴は、支配層の武力転覆を狙ったものではなく、騒擾を起こすことによって責任問題を恐れる代官に要求をのませようとする性格の行動であったため、本格的な武器ではなく竹槍などが持ち出された。

日本では明治以降も、「竹槍でドンと突き出す二分五厘」とうたわれた1876年の伊勢暴動、米の買い占めを行っているとされる家を民衆が次々と打ち壊した1918年米騒動など、民衆の暴動に際しては竹槍が活躍した。太平洋戦争中の1942年には大日本帝国陸軍の「制式兵器」(軍から兵士に配備される正規の兵器)として正式に竹槍が採用され、前線の兵士に竹槍が配備された。銃後の国民においても、1943年には軍が策定した「竹槍術」のマニュアルが配布され、学生や主婦など民間人の間で竹槍の製造と訓練が行われた。さらに1945年には竹槍は本土決戦に備えた「決戦兵器」と位置付けられ、国民義勇隊の主要装備のひとつとされた。また、軍では「制式兵器」としてだけではなく「自活兵器」(窮乏した兵士がありあわせの物から自作した兵器)としても採用され、使用する兵器に欠く陸海軍部隊が自作して小銃の代わりに装備した例が多見される。明治以前に一揆などで使用されていた物は長さが通常の槍と同じく3メートルから4メートルと長かったが、大日本帝国陸軍の制式兵器として規格化された竹槍は子供用が150センチほど、大人用が170~200センチほどだった。直径は3~5センチである。実態としてはというよりも銃剣の代用品であり、行われた訓練(竹槍術)は銃剣術と同じだった。

インドネシア編集

インドネシアでは、竹槍は「Bambu Runcing」と呼ばれる。日本軍が1942年に蘭印(現在のインドネシア)を占領した後、日本軍によって竹槍術の教練が行われていたが、竹槍がインドネシア人によって現実の兵器として使用されるのは、インドネシア独立戦争においてである。連合国軍の一員としてインドネシアに進駐したイギリス軍と、インドネシア独立を支持するインドネシア民兵との間でスラバヤ市において1945年11月10日より行われた「スラバヤの戦い」は、竹槍などで武装したインドネシア民兵側に多大な犠牲を出しながらもインドネシア独立戦争の端緒となった。そのためスラバヤ市には、連合軍に竹槍で立ち向かった英雄たちを記念する「竹槍記念碑(Monumen Bambu Runcing)」が建てられている。同じくインドネシア独立戦争の激戦地となったジョグジャカルタ市ヨグヤ・ケンバリ記念館(独立戦争の闘士を記念する記念館で、ジョグジャカルタの小学生は遠足で必ず行く)にも、独立戦争で使われた竹槍が展示されている。竹槍戦線(id:Barisan Bambu Runcing)の指導者であるK. H. Subchi(「竹槍将軍(Jenderal Bambu Runcing)」の異名を持つ)は、日本占領期より竹槍をインドネシアのナショナリズムの象徴としていた人物として知られ、Subchiの故郷であるテマングン県パラカンにはTAMAN BAMBU RUNCING(竹槍公園)が建設されている。インドネシアにおける竹槍は、鹵獲した武器の量が十分でないために竹槍で戦わざるを得なかった独立戦争の初期や、竹槍を持って蜂起した市井の民衆を象徴するものとされ、竹槍を記念したモニュメントが各地にある。

ベトナム編集

ベトナム戦争でも南ベトナム解放民族戦線ゲリラ戦用の無音武器やブービートラップ(仕掛け罠)として竹槍を使用していたと言われており、現代でも未開地の紛争では使用される事例がある。ベトナム戦争当時に使われたものとしては、これらは敵の予想進路に落とし穴を掘ってその底に突き立てて排泄物を切っ先に塗りたくる(排泄物に含まれる細菌による感染症が狙い)というものや、ワイヤーに引っ掛かると飛び出して串刺しにするといったもので、それらに掛かった兵士は見るも無残な姿となったため、アメリカ軍兵士にとって士気を下げるほどのストレスを与えたともされる。ポル・ポト派も、これらの罠を地雷に次いで多用したが、竹槍ではなく木を尖らせたものを使用した。

アメリカ編集

アメリカ陸軍のサバイバルマニュアル (FM3-05.70, May 2002) の12-18項は即席の槍を作る方法を説明しており、合わせて竹槍の作り方も図解されている。

作り方編集

物干し竿ほどの太さの真竹を一間(約1.8m)くらいの長さに切り、先の部分を鋭く削る。この際、竹の節をまたぐように切っ先を設けると、節が無い場合に比べて強度が多少上がる。先端を火であぶって硬度を高める。最後に重油などを塗って滑りをよくすれば完成。

大日本帝国陸軍の制式兵器としての竹槍編集

 
第52軍による訓練の様子(1945年)。竹槍、木槍、なぎなた、その他のポールウェポンで日本を防衛する

第二次世界大戦中の大日本帝国における竹槍は、当初はあくまで銃剣の代用品としての位置づけで、日中戦争頃より後方部隊での使用例が見られる。銃剣の代用品としての竹槍に関しては、『銃剣術指導必携』(陸軍戸山学校編、1942年)に詳しい。

1942年(昭和17年)より、竹槍は「制式兵器」、すなわち正規の兵器と位置付けられて規格化され、陸軍兵士に配備された(大日本帝国では本当に竹槍が近代陸軍の制式兵器として実戦で使用された)。また竹槍の扱い方も、武術の一つである「竹槍術」として完成され、1942年より全国民に竹槍訓練が行われるに至った。武術としての「竹槍術」の神髄、及び訓練方法に関しては、『竹槍術訓練ノ参考』(教育総監部、1943年)に詳しい。本書では、竹槍の代用品として木槍を使う方法も紹介されている。

さらに1945年には国民義勇隊が組織され、竹槍は本土決戦のための主要武器の一つと位置付けられた。白兵戦において竹槍を用いて背の高いアメリカ人を殺すためのテクニックについては、『国民抗戦必携』(大本営陸軍部、1945年)に詳しい。

竹槍術は実戦向けに洗練されており、白兵戦では非常に強いが、一方で大日本帝国海軍を中心に「竹槍で航空兵力に勝てるのか」と言う疑問が当時からあり、海軍の意向をくむ形で毎日新聞新名丈夫記者が『毎日新聞』(1944年2月23日付)に「竹槍では間に合はぬ 飛行機だ、海洋航空機だ」との記事を載せたところ、東條英機陸相首相が激怒。毎日新聞は発禁となり、新名は招集された(竹槍事件)。

大戦末期には極度の物資の窮乏のため、竹の先に青竹で編んだ籠を付けて爆雷の発射装置とした「投射式噴進爆雷」(竹製のパンツァーファウストのようなもの)、竹槍の先に火薬を詰めて爆雷とした「爆槍」、爆槍の末尾に推進火薬を詰めてロケット弾にした「対空噴進爆槍」(竹製のフリーガーファウストのようなもの)など、竹槍を実際に対空兵器や対戦車兵器としたものが考案されている。

『竹槍術訓練ノ参考』など、大日本帝国陸軍兵器としての竹槍に関する軍事資料は、終戦直後の証拠隠滅による破却を逃れたものが、一部は他の軍事機密とともに連合軍に接収され(竹槍は『兵器引渡目録』にも記載されており、本当に竹槍が兵器として連合軍に引き渡された)、現在はアメリカ議会図書館に蔵されている(「米議会図書館所蔵占領接収旧陸海軍資料」)ほか、日本国内にある資料の一部は国立公文書館アジア歴史資料センターによってインターネット公開されている。

規格編集

以下は『竹槍術訓練ノ参考』に準拠した。

  • 長さ:子供用が1.5m、大人用が1.7m~2m
  • 直径:子供用が3.5cm、大人用が4cm
  • 刃の角度:20度(木槍を使う場合は丸く削っても可)
  • 刃の強化のために弱火であぶって植物油を塗っても可
  • 竹は、生乾きまたは生の物でも可

竹槍の代用品としての木槍の規格は、刃を作らず先を丸く削る以外は竹槍と同じ。

竹槍術編集

「竹槍術」は、大日本帝国陸軍が1940年代に完成させ、1943年より大日本帝国の国民に教育された武術。竹槍術の「真髄ヲ体得シ必勝ノ信念ヲ養成スル」のための教本である『竹槍術訓練ノ参考』も、教育総監部によって制作された(生徒用と先生用の2種類がある)。なお、国立公文書館アジア歴史資料センターがネット公開している「竹槍術訓練の参考」は、帝国在郷軍人会台北支部が複写・頒布したものが、戦後に防衛省防衛研究所に収蔵されたもので、「竹槍術」は台湾や朝鮮など当時は日本だった諸地域でも教育されていた。

『竹槍術訓練の参考』は冒頭に「白兵戦ハ使術簡単ニシテ精練ナルモノ克ク勝ヲ制ス」との言があり、竹槍は明確に白兵戦のための「兵器」と位置付けられているが、同時に「銃代用」としての面や「心身ノ訓練陶冶」など、竹槍術の教練を通じた教育的要素も重視されている。

竹槍術においては「刺突」がもっとも重要視され、「気・槍・体」が一致していないと正しい刺突が行えないとされる。また、「一突必殺」と言う、精神的要素も重視されている。

なお、古武道における「竹槍術」には、「槍術」に「薙刀術」の要素も取り入れられ、敵を刺突するだけでなく、敵を押さえたり薙ぎ払ったりと言った実戦的要素が高められたものもあるが、教育総監部式の「竹槍術」は、そのような武道の達人ではなく老人・女性・小学生などの銃後の国民に対して、在郷軍人などが本土決戦が迫る中で短時間で白兵戦の教練を行うための物であるため、「一突必殺」だけである。

インドネシアに進出した日本軍が現地の人々に竹槍術を教えるために制作された、日本映画社ジャカルタ製作所による教育映画『TAKEYARI JUTSU Pemakaian Tombak bamboe』(1943)が存在する。竹槍の先を火で焙って固くしたり、屈強な日本兵が「突撃にぃー、進めッ!」の合図とともに大きな声を出しながら撃突台(竹槍訓練の時などに使う稽古用の的。軍教品として市販されていた)を次々と竹槍で刺していく様子など、『竹槍術訓練の参考』に書いてある通りのことだが、竹槍術の実際が映像で記録されている[4]。ちなみに「Pemakaian Tombak bamboe」とはマレー語で「竹槍術」の意味。

爆竹槍(爆槍)編集

第二次世界大戦末期の日本では「対人用爆竹槍」(爆槍)という兵器が実在した。簡単に言うと竹槍の先に爆薬を詰めたものである。

陸軍技術研究所によって考案され、配備された自活兵器のひとつ。2メートルほど長さの竹筒の先端に爆薬と簡易信管を装着し、これで敵を突くと先端が爆発して敵を殺傷するという自爆兵器である。本来の刺突爆雷は棒の先に爆雷を付けた物であるが、物資の窮乏のため爆雷を用意できず、竹筒の先に直接爆薬と信管を詰めた。爆薬はダイナマイト、安全装置は厚紙などの有り合わせの物を使い、信管も釘や針金などで自作した撃針を雷管に付けただけの簡単な構造であった[1]。運用法は竹槍術に準ずる。

また実戦で使用されたかは不明であるが、爆槍を巨大な弓矢で飛ばす兵器や、爆槍の末尾に推進火薬を詰めてロケット弾にした「対空噴進爆槍」という対空兵器まで考案されていた[2]ナチス・ドイツ製の携帯用対空ロケット砲フリーガーファウストに近い運用法であったと見られる。

なお、このように物資が窮乏する中で正規の兵器に対抗するためにありあわせの物やガラクタで作った兵器全般を自活兵器といい、大戦末期の日本軍では陸軍技術研究所をはじめ、各部隊単位でもいくつも試行錯誤していた。陸軍技術研究所は竹で作った爆槍の他にも、簡易投擲器である弩弓、和紙とコンニャク糊で作った大陸間兵器である風船爆弾など数々の兵器を開発している。なお、前述の通り「竹槍」自体は「自活兵器」ではなく、陸軍で正式に採用された「制式兵器」である。

出典編集

  1. ^ Monjali Dilapisi 1.500 Bambu Runcing(krjogja.com 参照日:2018.5.17)
  2. ^ 笹間良彦『図説 日本武道事典』柏木書房。
  3. ^ 太田牛一『別本御代々軍記』(「太田牛一旧記」
  4. ^ Membuat Bambu Runcing untuk Perjuangan (1945) - youtubeの映像

関連項目編集

その他
  • 暴走族 - 改造マフラーの一種で竹槍と呼ばれるものが存在するが、こちらは形状の似た金属管。
  • 門松