竹田王(たけだおう、生年不詳 - 和銅8年3月15日715年4月22日))は、飛鳥時代から奈良時代にかけての皇族敏達天皇曾孫で、百済王の子とする系図がある。官位従四位上刑部卿

経歴編集

天武天皇10年(681年)天武天皇の命令により、川島皇子忍壁皇子らとともに『帝紀』や上古諸事(『旧辞』)の校定に参画[1]。天武天皇14年(685年)宮処王らと京や畿内に派遣されて武器を検閲した[2]持統天皇3年(689年)判事、和銅元年(708年刑部卿を歴任する。和銅8年(715年)3月15日卒去。最終官位散位従四位上。

官歴編集

六国史』による。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本書紀』天武天皇10年3月17日条
  2. ^ 『日本書紀』天武天皇14年9月11日条

参考文献編集