メインメニューを開く

竹田 真砂子(たけだ まさこ、1938年3月21日 - )は、日本小説家。本名、川俣昌子[1]時代小説を得意とする。

目次

来歴・人物編集

東京神楽坂出身。法政大学文学部教育学科卒。1982年『十六夜に』でオール讀物新人賞受賞、2003年『白春』で第9回中山義秀文学賞受賞、2011年『あとより恋の責めくれば-御家人南畝先生』で第30回新田次郎文学賞を受賞した。また、邦楽を軸にした舞台作品も多く、国立劇場新橋演舞場紀尾井ホールなどで上演されている。舞踊詞として作られた「蛍」はその後コンサートホールなどで演奏され、CD「今藤政太郎作品集1」に収録されている。

現在、中山義秀文学賞選考委員を務める。

著書編集

主な舞台台本編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.456