メインメニューを開く

竹田 裕一郎(たけだ ゆういちろう、1968年5月6日 - )は日本のアニメ脚本家。SF作品やロボット作品を多く手がける一方で、ゲーム脚本などの活動もあった。

目次

概要編集

アニメV』、『月刊OUT』などで特集記事、読者ページなどをフリーライターとして担当。それらを通じて知り合ったアニメーター・監督の芦田豊雄の誘いにより、『新・超幕末少年世紀タカマル』で脚本家デビュー。以後は、SF物、ロボット物を中心に活躍中。

エピソード編集

  • 勇者王ガオガイガー』では、肝臓原種というキャラクターのデザイン上のモデルとなった[1]
  • ゼノサーガシリーズ」ではDS版ゲームとアニメ版の脚本を担当しているが、双方のプロデューサーが偶然、別個に依頼することになった結果だという[2]
  • スーパーロボット大戦シリーズ」のファン。映像演出家の嶋崎直登とは大学からの知り合いで、嶋崎がシリーズに関わるようになったのは竹田の影響による[3]。嶋崎没後にスーパーロボット大戦シリーズのアニメのシリーズ構成を依頼された際は快諾している[3]。『第2次スーパーロボット大戦OG』では、第一報と同時に公式ブログにおいて、シナリオを担当する事が発表された[4]。シリーズにおいて、発売前にシナリオ担当者が発表されたのは、初の出来事である。

作品編集

テレビアニメ編集

OVA編集

特撮編集

ゲーム編集

小説編集

脚注編集