メインメニューを開く

竹谷松平家(たけのやまつだいらけ)は、松平信光の長男の松平守家を祖とする松平氏の庶流。三河国宝飯郡竹谷(現在の愛知県蒲郡市竹谷町)を領したことから竹谷松平家と称する。松平氏の分家では最も古く、代々松平宗家に貢献した。

竹谷松平家
家紋
丸に一つ引両まるにひとつひきりょう
本姓 称・清和源氏
家祖 松平守家
種別 武家
士族
出身地 三河国宝飯郡竹谷
主な根拠地 三河国宝飯郡竹谷
著名な人物 松平清宗
凡例 / Category:日本の氏族

6代家清小田原征伐で宗家の徳川家康に従軍し、家康の関東移封後、武蔵八幡山1万石の大名となった。家清は関ヶ原の戦いでも功績を立て、三河国渥美郡吉田3万石に移封されるが、7代忠清に嫡子なく絶家となり、忠清の弟松平清昌が三河国宝飯郡に5千石を与えられ、蒲形(かまがた)陣屋を構えた。清昌の系統は帝鑑間詰の交代寄合の上級旗本として幕末まで続いた。

歴代当主編集

系図編集

脚注編集