メインメニューを開く
福岡県竹野郡の位置

竹野郡(たけのぐん)は、福岡県筑後国)にあった

郡域編集

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史編集

近世以降の沿革編集

今泉村、坂井村、末次村、上古賀村、千代久村、小川村、行徳村、東小田村、中小田村、西小田村、立野村、野中村、高木村、口高村、蜷川村、怒田村、田主丸村、村島村、吉田村、吉田町、松門寺村、明石田村、松原村、諏訪村、力常村、亀王村、蔵成村、分地村、蔵八村、徳童村、下古賀村、菅村、樋口村、中徳村、陣内村、吉本村、冠村、森部村、石垣村、二田村、益永村、東麦生村、西麦生村、三本木村、朝帰村、恵利村、床島村、高食村、鳥飼村、早田村、柳瀬村、竹松村、大窪村、鹿狩村、筒井村、塩足村、指出村[1]、松崎村、浮地村、自在丸村、五名村、吉富村、綾野村、猪口村、西牧村、東牧村、小物成村、今村、馬渡村、江口村、灰塚村、志床村、唐島村、原村、亀山村、門上村、高島村、上森山村、下森山村、中原村、善院村、大慶寺村、五郎丸村、徳間村、竹野村、三明寺村、富本村、隈村、平村
  • 明治4年
  • 明治9年(1876年) - 三潴県により以下の町村の統合が行われる。(1町22村)
    • 長栖村 ← 今泉村、坂井村、末次村、上古賀村、千代久村
    • 船越村 ← 小川村、行徳村、下古賀村
    • 野田村 ← 東小田村、中小田村、西小田村、立野村、力常村[石王名]
    • 豊城村 ← 野中村、高木村、口高村、蜷川村、怒田村
    • 常盤村 ← 吉田村、松門寺村、松原村、力常村[石王名を除く]
    • 殖木村 ← 明石田村、諏訪村
    • 秋成村 ← 松原村[今屋敷名]、亀王村、蔵成村、分地村[八龍名を除く]、蔵八村、徳童村、吉本村
    • 鷹取村 ← 樋口村、中徳村、陣内村、冠村、菅村、分地村[八龍名]
    • 益生田村 ← 二田村、益永村、東麦生村、西麦生村
    • 朝森村 ← 朝帰村、三本木村
    • 三川村 ← 床島村、高食村、鳥飼村
    • 八幡村 ← 早田村、柳瀬村、竹松村、大窪村、鹿狩村[柳瀬名]
    • 菅原村 ← 鹿狩村[柳瀬名を除く]、筒井村、塩足村、志床村[平木名]
    • 中尾村 ← 指出村、松崎村、浮地村、自在丸村、五名村、猪口村、吉富村、綾野村、隈村、平村
    • 牧村 ← 西牧村、東牧村、小物成村
    • 以真恵村 ← 今村、馬渡村、江口村
    • 志塚島村 ← 灰塚村、志床村[平木名を除く]、唐島村、高島村
    • 上原村 ← 原村、亀山村、門上村
    • 地徳村 ← 上森山村、下森山村、中原村、善院村、大慶寺村、五郎丸村
    • 吉田町・村島村が田主丸村に、徳間村・三明寺村・富本村が竹野村にそれぞれ合併。
    • 8月21日 - 第2次府県統合により福岡県の管轄となる。
  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の福岡県での施行により、行政区画としての竹野郡が発足。「竹野生葉郡役所」が田主丸町に設置され、生葉郡とともに管轄。
 
51.船越村 52.田主丸町 53.水分村 54.竹野村 55.柴刈村 56.水縄村 57.川会村(紫:久留米市 橙:うきは市 1 - 24は上妻郡 31 - 33は下妻郡 41 - 50は生葉郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・久留米市。(1町5村)
    • 船越村 ← 鷹取村、長栖村(現・久留米市、うきは市)、船越村、秋成村(現・久留米市)
    • 田主丸町 ← 田主丸村、豊城村[フケノ川溝以南・野面中間ノ道以東字日詰]、常盤村[字木般字吉見ノ内道以西字虎丸ノ内]、殖木村[字延命ノ内]
    • 水分村 ← 殖木村[上記を除く]、常盤村[上記を除く]、野田村、豊城村[上記を除く]
    • 竹野村 ← 地徳村、竹野村、中尾村
    • 柴刈村 ← 恵利村、八幡村[字中洲を除く]、朝森村、菅原村
    • 水縄村 ← 石垣村、森部村、益生田村
    • 川会村 ← 上原村、志塚島村、以真恵村、牧村
    • 三川村および八幡村の残部(字中洲)が御井郡大堰村の一部となる。
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「竹野生葉郡役所」の管轄区域から生葉郡の一部(星野村)を除いた区域をもって浮羽郡が発足。同日竹野郡廃止。

脚注編集

  1. ^ 記載は差出村。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
浮羽郡