メインメニューを開く

笑ってよいしょ』(わらってよいしょ)は、1969年4月8日から同年6月17日まで日本テレビ系列の火曜20時00分 - 20時56分(JST)に放送された、コメディ風のテレビドラマである。全7回。

笑ってよいしょ
ジャンル テレビドラマ/コメディ
脚本 渡邊祐介東盛作
監督 渡邊祐介
出演者 5代目三遊亭圓楽ほか
オープニング 「笑ってよいしょ」(ロイヤルナイツ、5代目三遊亭圓楽、野末陳平
プロデューサー 鎌田哲也清水欣也(以上NTV)、太田浩児泊懋
制作 日本テレビ東映
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1969年4月8日 - 同年6月17日
放送時間 火曜20:00 - 20:56
放送枠 日本テレビ火曜8時枠連続ドラマ
放送分 56分
回数 7

特記事項:
武田薬品工業一社提供
テンプレートを表示

武田薬品工業一社提供

概要編集

スナック「ポッポ」、銭湯「助六湯」、小松寺などがある浅草観音様付近の横丁を舞台に、同局放送中の『笑点』を降板したばかりの[1]5代目三遊亭圓楽4代目三遊亭小圓遊などの、当時人気の落語家やタレントを出演させて展開する、下町人情喜劇。

監督はザ・ドリフターズの映画でおなじみの渡邊祐介らが担当、渡邊は脚本も手掛けている。

スタッフ編集

出演者編集

(協力:現代センター

主題歌編集

笑ってよいしょ
野末陳平5代目三遊亭圓楽ロイヤルナイツシングル
A面 笑ってよいしょ
B面 白夜のカリーナ
ザ・バロネッツ
リリース
ジャンル 歌謡曲
コミックソング
レーベル CBS・ソニー
作詞・作曲 野末陳平(作詞)
萩原哲晶(作曲)
ザ・バロネッツ 年表
恋人たちの森
1968年
白夜のカリーナ
(1969年)
-
テンプレートを表示

サブタイトル編集

放送日 サブタイトル ゲスト
1 4月8日 ブルーライト浅草 南利明(渡)、大泉滉
2 4月15日 とっぽい女とつむじ風 桜町弘子(あられ)
3 4月29日 エリザベス・テーラーがやって来た
4 5月20日 かわい子ちゃんには気をつけろ 高見エミリー
5 5月27日 姉か妹か思案橋 多々良純(虎吉 = ふみ奴の父)
6 6月3日 お嫁さんが欲しいんだ!
7 6月17日 ゼニもうけしたけりゃフロ屋へおいで 白木みのる(みのる)

ビデオソフト化編集

  • 一般家庭にビデオが普及する前の1981年頃、東映芸能ビデオから第1話を収録したビデオが4万円で発売されていたことがある[2]。本作の映像ソフトはこれが唯一となっており、現在まで一切再発売やDVD化・BD化は行われていない。
  • 1998年東映ビデオから発売されたLD「東映TVドラマ主題歌大全集 現代劇編」第1巻(VHS版では第2巻)にはオープニング映像が収録されている。

参考資料編集

関連項目編集

備考編集

  • 静岡では当時日本テレビ系列がなかった関係でテレビ静岡フジテレビ系列)にて1972年8月12日から土曜15:00~15:56枠で放送された。[3]
  • 主題歌シングルのジャケットは、針すなおによる主要キャスト6人のイラストが使われている。

脚注編集

  1. ^ 司会の立川談志のブラックユーモア志向を巡って談志と大喜利メンバーが対立し、4月に大喜利メンバーの総入れ替えが行われた。圓楽と小圓遊はのちに談志降板後に番組に復帰している。
  2. ^ 「ビデオコレクション1982」1981年、東京ニュース通信社、「週刊TVガイド」臨時増刊12月2日号
  3. ^ なお、第4話「かわい子ちゃんには気を付けろ」からの放送。
日本テレビ 火曜20時 武田薬品工業一社提供
前番組 番組名 次番組
笑ってよいしょ