メインメニューを開く

笑福亭 仁智(しょうふくてい じんち、1952年8月12日 - )は大阪府羽曳野市出身の落語家タレント。本名は浅田 晃一郎(あさだ こういちろう)。出囃子は「オクラホマミキサー」。所属事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシー上方落語協会会長(第7代)。

笑福亭 仁智しょうふくてい じんち
笑福亭 仁智
五枚笹は、笑福亭一門の定紋である。
本名 浅田 晃一郎(あさだ こういちろう)
生年月日 (1952-08-12) 1952年8月12日(66歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府羽曳野市
師匠 笑福亭仁鶴
弟子 笑福亭智之介笑福亭智六笑福亭智丸笑福亭大智
出囃子 オクラホマミキサー
活動期間 1971年 -
活動内容 上方落語
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
受賞歴
1999年:「大阪文化祭賞」演芸部門奨励賞

2003年:「文化庁芸術祭」演芸部門優秀賞
2015年:「文化庁芸術祭」大衆芸能部門優秀賞

備考
上方落語協会会長(2018年5月 - )
同副会長(2016年6月 - 2018年5月)

目次

来歴・人物編集

大阪府立勝山高等学校卒業後、1971年4月1日笑福亭仁鶴に一番弟子として入門、落語を覚えることを条件に入門が許された。仁智は『池田の猪買い』を披露した。当初は端正な顔立ちで古典落語を披露していたが徐々に髪の毛が薄くなり桂三枝(現:6代桂文枝)の勧めで新作落語路線に転進。1999年6月よりほぼ2ヶ月に1回、新作落語の勉強会「笑いのタニマチ」を開催。また、福祉グループ「上方落語喜講」を主宰し、各地でチャリティー寄席を開いている。笑福亭仁福松旭斎小天正笑福亭仁勇とのコントグループ「大阪パイレーツ」リーダー。

2004年に消滅した大阪近鉄バファローズのファンとしても知られ、「近鉄バファローズアワー」(ABCラジオスカイ・A)のパーソナリティもつとめていた。

2016年6月22日上方落語協会の副会長に就任し、企画委員長として企画戦略を担う[1]

2018年4月26日6代桂文枝が上方落語協会会長を退任する意向を示した事に伴う次期会長候補選挙が行われ、仁智は同協会員の投票で最多票数を獲得し、会長候補に選出された。5月31日、理事会の承認を得て、第7代の同協会会長に就任した[2][3]

主な受賞歴編集

主な持ちネタ編集

  • 『スタディ・ベースボール』
  • 『老女A』
  • 『源太と兄貴』シリーズ
  • 『川柳はこの世の憂さの吹きだまり』

ほか

出演番組編集

CD編集

弟子編集

出典編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集