メインメニューを開く

笑福亭 吾竹(しょうふくてい ごちく)は、上方落語名跡笑福亭一門の由緒名である。現在は空き名跡となっている。

初代編集

初代 笑福亭吾竹生没年不詳)は、本名、享年とも不詳。

初代松富久亭松竹の弟子。文政から天保にかけて京都で活躍し、初代都喜蝶と実力を競い合った、後に大坂に移った。また「松富久亭」の亭号を現在の「笑福亭」に改めた。1836年(天保7年)3月には笑福亭勢楽らと名古屋の清壽院で口演した記録がある。遅くとも弘化3年(1846年)には、2代目に名跡を譲っている。

初め素噺、後に芝居噺に長じたと伝え、『こぶ弁慶』や『景清』などを創作したという。

2代目編集

2代目 笑福亭吾竹(生没年不詳)は、本名、享年とも不詳。

1812年ごろの生まれ?、初代吾竹の弟子。初代吾鶴を経て、2代目吾竹を襲名。嘉永3年(1850年)頃には道頓堀の芝居を題材にした伊予節の刷り物を発表、そこには初代竹我と書かれており竹我に改名したようである。(『落語系圖』では、竹我を2代目吾竹門人としているが、誤りか?)

天保末に「ちゝㄑりちてんぶし」「とっちりとん」等の流行唄を残したのが、この吾竹だと思われる。

大阪で活躍し、芝居噺、滑稽噺に長じたという。弟子に初代笑福亭松鶴が現れる。

2世曽呂利新左衛門の回想によると幕末(慶応から明治に変わる頃)に「三枚起請」を教わった際に引退中で42歳頃だったという。

3代目(4代目とも)編集

3代目 笑福亭吾竹(? - 1891年8月8日)は、本名: 松本豊七。享年不詳。

後の2代目松鶴、2代目圓笑

4代目編集

4代目 笑福亭吾竹(? - 1890年5月20日)は、本名、原吉弥。

3代目三笑亭可楽(武生可楽)の門流で2代目吾竹の客分であった、初名を笑福亭小三馬。1876年頃に4代目吾竹を経て、1887年11月、上方5代目三笑亭可楽を襲名したという。

江戸(東京)のネタを多く演じ長編人情噺を得意とした。俗に「京の可楽」「京都の可楽」。

5代目編集

5代目 笑福亭吾竹(? - 1919年頃)は、本名、享年とも不詳。

初め初代桂文團治の門下で初代桂歌團治を名乗る。後に初代桂米團治7代目桂文治)と2代目文團治襲名を争って敗れたため、3代目笑福亭松鶴の門下に移り、5代目吾竹を襲名。1912年、更に笑福亭吉右衛門と改名。

出典編集

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年)