メインメニューを開く

笘篠 賢治(とましの けんじ、1966年10月11日 - )は、大阪府茨木市出身のプロ野球選手(主に内野手)、野球解説者

笘篠 賢治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府茨木市
生年月日 (1966-10-11) 1966年10月11日(52歳)
身長
体重
185 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1988年 ドラフト3位
初出場 1989年4月12日
最終出場 1999年10月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 広島東洋カープ (2000 - 2002)
オリンピック
男子 野球
1988 野球

兄は元プロ野球選手の笘篠誠治。妻は元タレントの松本典子(結婚後の本名:笘篠美和子)。姪は宝塚歌劇団99期生姫歌ひな乃で、甥にはジャニーズJr.笘篠和馬がいる(二人とも兄である誠治の子供)。賢治本人には3人の息子がいる。

目次

経歴編集

上宮高校では1983年、2年時に控え外野手ながら春の選抜に出場。1回戦で仲田幸司仲田秀司のバッテリーを擁する興南高を降すが、2回戦で明徳義塾に敗退[1]。この試合では途中出場を果たす。1年上のチームメートに捕手光山英和がいた。翌1984年は同期のエース江本晃一を擁し春季近畿大会に進むが、1回戦で嶋田章弘を擁する箕島高に延長12回サヨナラ負け。同年夏は府予選で敗退し甲子園には出場できなかった。

高校卒業後は中央大学に進学し、外野手として活躍。当時東都大学二部リーグに低迷していた中大を1987年春季リーグから一部に昇格させる。一部リーグ優勝はならなかったが、4年時は主将をつとめ1988年日米大学野球選手権大会、第30回アマチュア野球世界選手権日本代表となる。またソウルオリンピック野球日本代表に選出され銀メダル獲得に貢献した。一部リーグ通算44試合出場、176打数49安打、打率.278、10本塁打、17打点。

1988年のドラフト会議ヤクルトスワローズが3位指名で交渉権を獲得し契約金5000万円、年俸600万円で入団合意した[2]。1年目から自慢の足を武器に活躍し、前半戦は3割近い打率をマーク、ジュニアオールスターゲームにも出場した。同年は、本職だった外野手ではなく二塁手として活躍。32盗塁を記録し新人王に選出された[3]盗塁王のタイトルは広島の正田耕三が34個で獲得し、2個及ばなかった。

1990年野村克也が監督に就任してからは1992年の日本シリーズの開幕スタメンになったりとはしたものの出場機会は減っていった、二年目以降は本職の外野手や三塁手や遊撃手として出場することもあった。1997年の日本シリーズ前にヤクルトから戦力外通告を受ける[4]

1998年広島東洋カープにテスト入団し、その年の開幕スタメンに名を連ね、復活をアピールした。この年は、かつて盗塁王を争った正田耕三と2塁のポジションを争った。 1999年は自身の不振や怪我、若手の東出輝裕木村拓也の台頭もあり、この年限りで現役を引退した。引退後も広島球団に残り、一軍守備走塁コーチを2002年まで務めた。

その後は文化放送、およびフジテレビONEの『プロ野球ニュース』・テレビ新広島[5]で解説者を務めている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1989 ヤクルト 120 483 429 57 113 17 3 5 151 27 32 15 7 1 41 0 5 77 5 .263 .334 .352 .686
1990 71 216 202 20 46 6 3 2 64 8 6 5 5 1 8 1 0 36 4 .228 .256 .317 .573
1991 112 337 301 40 75 10 6 4 109 21 16 5 19 0 13 0 4 46 2 .249 .289 .362 .651
1992 73 164 144 15 37 3 1 1 45 7 8 5 9 0 10 1 1 24 3 .257 .310 .313 .622
1993 82 248 217 29 59 6 0 1 68 13 5 4 12 2 15 1 2 29 3 .272 .322 .313 .635
1994 17 32 31 2 5 0 0 1 8 4 0 0 0 0 0 0 1 7 0 .161 .188 .258 .446
1996 56 95 83 16 25 0 1 1 30 6 7 3 6 0 5 0 1 20 2 .301 .348 .361 .710
1998 広島 79 215 186 15 47 8 2 4 71 14 4 1 17 2 8 0 2 41 2 .253 .288 .382 .670
1999 18 59 52 5 11 5 1 0 18 5 1 0 5 0 1 0 1 5 0 .212 .241 .346 .587
通算:9年 628 1849 1645 199 418 55 17 19 564 105 79 38 80 6 101 3 17 285 21 .254 .303 .343 .646

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 25 (1989年 - 1990年)
  • 4 (1991年 - 1997年)
  • 00 (1998年 - 1999年)
  • 78 (2000年 - 2002年)

出演番組編集

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 朝日新聞、1988年12月2日付朝刊 (23面)
  3. ^ 年度別成績 1989年 セントラル・リーグ
  4. ^ 【トレード裏話】西山秀二が経験したトレード
  5. ^ 2017年には東亜学園高等学校・中央大学で野球部に在籍した長男が社員として入社した。(新卒業生進路:中央大学硬式野球部ホームページ)。
  6. ^ この場合は広島テレビから山本浩二池谷公二郎野村謙二郎のいずれか(いずれもキー局・日本テレビ兼任)が派遣される。また宮城県側で他局での放送となる時も、ミヤギテレビの制作協力による乗り込み自社制作を行うことがある。

関連項目編集

外部リンク編集