メインメニューを開く

笛吹童子(ふえふきどうじ)は北村寿夫(きたむらひさお)の脚本によるラジオドラマである。NHK新諸国物語の第2作として1953年(昭和28年)に放送された。 放送期間は1953年1月5日 - 12月31日。 主題歌「笛吹童子」は作詞:北村寿夫、作曲:福田蘭童

同年小説化され、以降、何度か映画化やテレビドラマ化された[1]

ストーリー編集

時は室町時代応仁の乱のころである。丹波国の満月城の城主、丹羽修理亮は野武士に攻められ、城は落ちた。彼には20歳そこそこの2人の息子がいる。兄は萩丸、弟は菊丸。武芸に秀でた萩丸は敢然と立ち向かうが、弟の菊丸はちがった。「武士なれば戦もしなければならぬ。戦いはいやだ。わたしは武士をすてて面作りになる」と言い残して都に暮らし始める。菊丸は笛の名手である。笛の音で濁りや汚れに満ちた人の心を洗うのであった。笛は師から伝わる名笛、春鶯囀(しゅんおうてん)[2]。人々は彼を笛吹童子と呼んだ。

小説編集

  • 『笛吹童子』 1953年、北村寿夫(著)、御正伸(絵)、宝文館
  • 『笛吹童子・紅孔雀』 1990年、北村寿夫(著)、香西久(元NHKチーフ・ディレクター、解説)、講談社(スーパー文庫)、ISBN 4062047403
  • 『笛吹童子』 1998年、橋本治(著)、北村寿夫(原作)、橋本治(解説「今の時代に合うように書き直した」)、講談社 (痛快世界の冒険文学; 7)、ISBN 4062680076
  • 『完全版 新諸国物語 第一巻』 2010年、北村寿夫(著)、末國善己(編)、作品社。

映画『新諸国物語 笛吹童子』編集

1954年(昭和29年)4月公開。東映製作、東映京都撮影所作品。第一部公開後、週替わりで全三部作が順次公開された。

  • 第一部:『どくろの旗』
  • 第二部:『妖術の闘争』
  • 第三部:『満月城の凱歌』

解説編集

本作も『紅孔雀』もラジオドラマが先で[3]、映画に持って来たのはマキノ光雄とマキノの元で製作を仕切っていた岡田茂両プロデューサーである[4][5]

東映は二本立て興行を打ち出して間もなく[6]、第一部~第三部まですべて長編の添え物中編で[7]、第一部『どくろの旗』の併映が『悪魔が来りて笛を吹く』、第二部『妖術の闘争』の併映は『唄しぐれ おしどり若衆』(主演・美空ひばり)、第三部『満月城の凱歌』の併映は『鳴門秘帖』(市川右太衛門主演)であった。東映はまだ経営が厳しい状況にあったが[5]、「電気紙芝居」とか「ジャリすくい」などとバカにされながら[5][8]、少年観客層の圧倒的な人気を集め、特大のヒットを記録した[3][5][7][9][10]

開館して間もない東映の直営館第1号である渋谷東映は、殺到する観客は収容しきれず、ニュース短編を上映していた地下劇場の営業を中止し、上下両劇場で本作を上映した[3]高岩淡は1954年に東映に入社し、新人研修期間に同劇場で呼び込みともぎりをやらされ[5][10]、「1日1万人もお客が入り、座れない子供たちが舞台の上まで鈴なり。後方でお父さん全部が子どもを肩車で担いでいる光景に感激した」と話している[5][10]

この時期、長編の添え物として製作された『笛吹童子』『里見八犬伝』『紅孔雀』などの中編の冒険時代劇は熱狂的に受け入れられ[7]中村錦之介東千代之介といったアイドルを生み[3][6][7]東映動画東映まんがまつりと合わせ、子どもたちに娯楽版で映画館通いを覚えさせ、未来の観客を作り育てた[7]。娯楽版の成功は東映専門館の拡大に貢献し、1953年末は数10館にすぎなかった専門館が、1954年2月に95館、8月に149館に急増した[3]。東映娯楽版を真似て、松竹東宝大映など各社も競って中編作品の製作に乗り出した[3]。また娯楽版の製作は新人の監督や脚本家が数多く抜擢され、脚本の結束信二、監督の河野寿一小沢茂弘小林恒夫らがここから頭角を現した[3]

スタッフ
監督の萩原ほか小川、三木らスタッフはこの年暮に、ほぼ同じキャストで『紅孔雀』を制作している。
キャスト
菊丸役の中村錦之助は、本作が初主演作であり、これをきっかけに東千代之介とともにスター街道を駆け上がることとなった。

テレビドラマ編集

1960年版『笛吹童子』編集

放送と合わせて、「原作:北村寿夫、脚本:和家寿夫江原比佐夫、まんが:益子かつみ」名義で、月刊誌「少年画報」(少年画報社刊)にコミカライズ版が連載、更に「原作:北村寿夫、絵:石井きよみ」名義で、少女月刊誌「ひとみ」(秋田書店刊)にもコミカライズ版が連載された。

1972年版『新諸国物語 笛吹童子』編集

第二次怪獣ブームの最中での放送だったため、特撮を多用しており、妖怪が登場するのも特徴である[11][12]。 提供は不二家一社である。約18年間続いた「不二家の時間」(日曜19:30 - 20:00)は当番組が最後となった。 放送と合わせて、週刊誌「少年サンデー」(小学館刊)や小学館の学習雑誌にコミカライズ版が連載された。

放送局

人形劇『新諸国物語より笛吹童子』編集

新諸国物語より
笛吹童子
ジャンル 人形劇
原作 北村寿夫
脚本 田波靖男
演出 二宮睦郎
制作 日本放送協会NHK総合テレビ
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1977年4月4日 - 1978年3月16日
放送時間 平日 18:05 - 18:20
放送枠 子供の時間 (NHKテレビ番組)
放送分 15分
回数 220
テンプレートを表示
  • 1977年4月4日 - 1978年3月16日
  • 放映:NHK

放送時間(JST)は平日18:05 - 18:20と、1973年3月終了の『ネコジャラ市の11人』以来4年ぶりに元の枠に戻っているが、1978年4月より『600 こちら情報部』開始にともない、次作『紅孔雀』は18:25 - 18:40に移動する。

2016年現在、第1回、第206回 - 第218回、最終回の計15話が現存する。このうち第1回・最終回を除く13話分については、人形奏者の伊東万里子からNHKに提供されたもの[16]

声の出演


脚注編集

  1. ^ 香西久、小説・1990年版解説による。
  2. ^ 読みは小説2010年版、p171のルビによる。なお、同名の雅楽の曲は通常「しゅんのうでん」と発音される。
  3. ^ a b c d e f g 「東映娯楽版スタート新スター:錦之助・千代之介ブームに沸く」『クロニクル東映 1947 - 1991』2、東映、1992年、18頁。
  4. ^ 「本誌特別インタビュー 本誌特別インタビュー 東映(株)高岩淡専務取締役 『ビデオやテレビも視野に入れ総合戦略で変革の時代に対応』」『映画時報』1993年3月号、映画時報社、 11頁。
  5. ^ a b c d e f 「東映(株)代表取締役社長・高岩淡 『映像3部門を映像本部に合体』...」『映画時報』1997年5月号、映画時報社、 5頁。
  6. ^ a b “輝き続けた"錦ちゃん" 萬屋錦之介さん死去 歌舞伎の名門から映画へ...”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 31. (1997年3月11日) 
  7. ^ a b c d e 「特集東映動画まつり『いま光り輝く、東映動画』 文・山下彗」『東映キネマ旬報 2008年冬号 vol.8』2008年8月1日、東映ビデオ、 2-5頁。
  8. ^ 「巻返しを計る各社の表情を探る 洋高邦低の声に必死の努力を続ける 岡田社長を頂点にますます業績増大の東映」『映画時報』1976年4月号、映画時報社、 12頁。
  9. ^ 東映クロニクル
  10. ^ a b c 「東映・高岩淡社長インタビュー 『総合戦略目指し上も動く下も動く』」『AVジャーナル』、文化通信社、1994年12月、 27頁。
  11. ^ 全怪獣怪人』下巻、勁文社、1990年11月30日、322頁。C0676。ISBN 4-7669-1209-8
  12. ^ 宇宙船SPECIAL ’70年代特撮ヒーロー全集』監修 金田益実、朝日ソノラマ、1998年5月30日、122頁。ISBN 4-257-03533-1
  13. ^ a b c d 『河北新報』1973年1月7日 - 1月28日付朝刊、テレビ欄。
  14. ^ a b 『河北新報』1973年1月9日 - 1月30日付朝刊、テレビ欄。
  15. ^ a b 『北國新聞』1972年12月10日付朝刊、テレビ欄。
  16. ^ 幻の連続人形劇『笛吹童子』一挙13話分発掘! - NHKアーカイブス・2016年3月25日
  17. ^ 劇団BQMAP所属の同姓同名声優とは別人。

外部リンク編集

NET 金曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
幕末物語
※ここまで「日本歴史シリーズ」
笛吹童子
西部の兄妹
※ここから海外ドラマ
NHK総合 平日18:05 - 18:20枠
月~木-少年ドラマシリーズ
金-レンズはさぐる
(以上18:05 - 18:25)
笛吹童子
600 こちら情報部
(18:00 - 18:25)
NHK総合 児童向け人形劇
真田十勇士
(18:25 - 18:40)
笛吹童子
紅孔雀
(18:25 - 18:40)
TBS 日曜19時台後半枠
新諸国物語 笛吹童子
TBS系 不二家の時間
モンシェリCoCo
新諸国物語 笛吹童子
(廃枠)