メインメニューを開く

笠寺村(かさでらむら)は、かつて愛知県愛知郡にあった。現在の名古屋市南区南部、港区の東部に該当する。

かさでらむら
笠寺村
廃止日 1921年8月22日
廃止理由 編入
現在の自治体 名古屋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
愛知郡
総人口 7,421
(1920年10月1日)
笠寺村役場
所在地 愛知県愛知郡笠寺村
 表示 ウィキプロジェクト

村名は笠寺観音(笠覆寺)に由来する。

沿革編集

交通機関編集

学校編集

神社・仏閣編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大同町駅の開業は、名古屋市に編入後の1926年。
  2. ^ 1921年当時の名称。現・本笠寺駅
  3. ^ 本星崎 - 本笠寺駅間に存在した東笠寺駅(1944年休止 1967年4月15日廃止)は1927年開業であり、1921年当時は存在していなかった。
  4. ^ 笠寺駅開業は、名古屋市に編入後の1943年。

関連項目編集