メインメニューを開く

笠松 将(かさまつ しょう、1992年11月4日[1] - )は、日本俳優愛知県出身[1]鈍牛倶楽部所属。

かさまつ しょう
笠松 将
生年月日 (1992-11-04) 1992年11月4日(26歳)
出生地 日本の旗 愛知県[1]
身長 182cm[1]
血液型 B型[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画CM
事務所 鈍牛倶楽部
公式サイト 事務所ページ

目次

略歴編集

高校卒業後、18歳で上京。20歳頃まで飲食店でアルバイトをしながら、映画エキストラに応募する日々を続けた。撮影現場で俳優がよく話しかけてくれ、その俳優らが出演する様々な作品を観るうちに映画に興味を持つようになった。小さな舞台のオーディションをきっかけに芸能事務所トリプルエーに所属し、俳優としての活動を開始した[2]。当時は、岩井俊二クエンティン・タランティーノの監督作品や山田孝之など自分より10歳ほど年上の俳優の出演作品をよく観ていた[2]。2017年に鈍牛倶楽部に移籍。

人物編集

自身の性格について「ハイテンションだったり、イライラが続いたりと、感情の波が激しいタイプ[3]」と語る。好きな女性のタイプは、地味な子、コンプレックスを持つ人[4]

俳優業の面白さについて、「作品を面白くしようとするなら、カメラが回っている間は何をしても怒られないところ」[4]と答えている。憧れの俳優として一人を挙げることは難しいとしながらも、映画『デイアンドナイト』で共演した田中哲司の名前を挙げている[4]

高校2年生の時に、地元である名古屋でスカウトされたことがある[5]

在日ファンクのミュージックビデオ「或いは」に、リーダー・浜野謙太たっての希望でオファーがあり出演[6]

アイスコーヒーを日に6〜7杯愛飲している。豆などに特定のこだわりはなく、名古屋の実家が喫茶店である[7]

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

ウェブドラマ編集

ミュージック・ビデオ編集

CM編集

出版編集

  • 写真集「Show one’s true colors 」(2017年11月、ユカイハンズ) 撮影:柴崎まどか

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 笠松 将│鈍牛倶楽部 -- DONGYU OFFICIAL SITE”. 鈍牛倶楽部. 2019年5月23日閲覧。
  2. ^ a b 槙野友人「NEWCOMER'S VOICE」『SWITCH』第37巻第2号、スイッチ・パブリッシング、2019年2月、 117頁。
  3. ^ 【WEB版 プラスアクト】「『デメキン』で最凶の不良を演じた笠松将インタビュー!」(2017年11月27日)
  4. ^ a b c シネマトゥデイ【第131回:イケメン調査隊】笠松将、鋭さを感じさせる佇まいが役柄によって一変.シネマトゥデイ.(2019年1月6日)
  5. ^ 笠松将、初めて明かす“役者”への思い 「1番になるまでは絶対にやめられない」”. Real Sound 映画部 (2019年5月18日). 2019年5月23日閲覧。
  6. ^ 在日ファンクの5枚目のフルアルバム『再会』より「或いは」のMVが到着!特設サイトにてオフィシャルインタビューも公開!”. SPACE SHOWER MUSIC (2018年11月20日). 2019年5月23日閲覧。
  7. ^ [https://kode.co.jp/Articles/food-bodum 「俳優・笠松将とコーヒーの、親密な関係性」(2019年6月10日)

外部リンク編集