メインメニューを開く

笠松隕石(かさまついんせき)とは、1938年昭和13年)3月31日午後3時頃、岐阜県羽島郡笠松町の箕浦氏宅に落下してきた隕石である。1988年(昭和63年)6月29日に笠松町指定文化財(天然記念物)に指定される[1]

調査の結果、0.4~1.2mmの球粒を持つ古銅輝石カンラン石球粒隕石で、約50億年前のものと判明した。

目次

概要編集

  • 重さ:721g
  • 大きさ:長さ10.8cm 幅6.5cm 高さ6.2cm
  • 比重:3.57
  • その他:表面色は黒、石質で微粒子を含み磁性はなし

所在地編集

  • 岐阜県羽島郡笠松町新町7

脚注編集

  1. ^ 笠松町の文化財”. 笠松町 (2011年11月28日). 2013年5月15日閲覧。

外部リンク編集