メインメニューを開く

笠置山 (京都府)

日本の京都府相楽郡笠置町にある山

概要編集

京都府南部の笠置町内にある山。府立笠置山自然公園に指定されている。

1331年鎌倉幕府の倒幕計画が発覚した後醍醐天皇三種の神器を保持して笠置山にて挙兵、篭城して元弘の乱の発端となった。 信仰の対象としての歴史は弥生時代にまで遡るとされ、山中にはかつて修験道の行場であり1300年の歴史をもつ笠置寺がある。 紅葉の名所としても有名である。国の史跡および名勝に指定されている。

周辺編集

関連項目編集

外部リンク編集