第一勧業銀行DKBハーティーズ

第一勧業銀行DKBハーティーズ(だいいちかんぎょうぎんこう―)は、かつて存在した女子バスケットボールチームである。母体は第一勧業銀行(現・みずほ銀行)。本拠地は東京都目黒区

第一勧業銀行DKBハーティーズ
愛称 ハーティーズ
創設年 1951年
解散年 2001年
本拠地 東京都
企業 第一勧業銀行
(現:みずほ銀行
優勝歴 2回
テンプレートを表示

歴史編集

1951年日本勧業銀行女子バスケットボール部として発足[1]

1968年の第1回日本リーグに参加。

1973年オールジャパン優勝を果たし、日本リーグでも第8回(1974/75)と第14回(1980/81)を制した古豪として知られた。

その後低迷し、2部落ちとなるものの1988年に元全日本の北原憲彦がヘッドコーチに就任すると、1989年の日本リーグ2部優勝、1993年の1部復帰し1シーズン目で3位と健闘する。

北原の退任後は再び2部落ちとなり、復帰後の2000年にチーム名に「DKB」を加えて、W1リーグ優勝を果たすも本社のリストラにより廃部。

なお第一勧銀とともに後にみずほ銀行・みずほコーポレート銀行の母体となる富士銀行日本興業銀行も女子バスケットボールチームを持っていてともに日本リーグに参加していた。

主な成績編集

主な歴代所属選手編集

脚注編集

関連項目編集