メインメニューを開く

概観編集

大学全体編集

建学の精神編集

  • 「個性の伸展による人生練磨」
    • 大学名に冠している“第一”は、第一義諦(究極的・絶対的な真理を意味する仏教用語)の第一に由来し、個性を第一義的特性としてとらえ、内在する個性を教育により可能な限り多く引き出し、伸展させたいとの創設者の思いを表している。この理念は1956年に創設された福岡第一高等学校に始まり、1960年に創設された同学にも受け継がれることとなった。ただし、大学教育では「個性」を「専門性」と位置づけており、専門性に集中・特化した教育を基本としている。
  • 「天寿を全とうせしめるものは薬の力である。生命の根元に培うものは薬学の使命である。教育は社会進化の源泉である。ここに第一薬科大学を開き人類の福祉と学術の深化、文化の向上を祈念する。」

沿革編集

略歴編集

年表編集

  • 1956年 学校法人高宮学園設立認可
  • 1959年 第一薬科大学設置認可(薬学部薬学科)
  • 1960年 第一薬科大学開学(薬学部薬学科)
  • 1961年 入学定員増認可
  • 1963年 清心寮(女子寮鉄筋4階建)竣工
  • 1966年 入学定員増認可。薬学部製薬学科設置認可
  • 1967年 新館完成。薬学部製薬学科開設。薬学科を薬剤学科に改組。旧本館増改築
  • 1976年 入学定員増認可(薬剤学科160名、製薬学科100名)
  • 1976年 東館竣工
  • 1978年 研究実習棟竣工
  • 1980年 学校法人都築高宮学園に改称
  • 1982年 図書館拡張整備、薬用植物園温室完成
  • 1982年 推薦入学制実施
  • 1984年 都築記念館竣工
  • 1985年 学校法人都築学園に改称。都築高宮学園総合グランド竣工
  • 1986年 都築学園記念厚生会館竣工
  • 2003年 附属ハッチェリー薬局開局
  • 2006年 薬剤学科、薬学部製薬学科の2学科を統合し、定員173名の薬学部薬学科(6年制)へ移行
  • 2008年 実務実習教育センター完成
  • 2009年 学園祭である「薬大祭」が復活
  • 2010年 創立50周年記念講演会開催(同学の卒業生である九州大学教授らが講演)
  • 2016年 薬学部薬学科の入学定員173のうち60名を減じ、薬学部に漢方薬学科(定員60名・6年制)を設置
  • 2020年 創立60周年。看護学部看護学科(定員80名・4年制)を設置
  • 2021年 キャンパス内に災害救助用ヘリポートを備えた地上10階、地下1階の新校舎着工予定

大学データ編集

所在地編集

  • 福岡市南区玉川町22番1号

運営母体編集

創立者編集

学長編集

施設編集

  • 本館(講義棟)
    • 講義室
    • 研究室
    • 事務室
    • 就職相談室
    • カフェテリア
  • 新館(実習棟)
    • 研究室
    • 模擬病棟
    • 模擬病院薬局
    • 模擬保険薬局
    • 医薬品情報室
    • 服薬指導実習室
    • 薬物血中濃度解析室
    • 調剤実習室
    • 製剤実習室
    • 無菌製剤実習室
    • 化学系実習室
    • 生物系実習室
    • 物理系実習室
    • 衛生系実習室
    • 情報処理演習室
    • 中央機器室
    • RIセンター
    • 講義室
  • 厚生会館
    • 1F 食堂、書店(紀伊国屋書店)
    • 2F 大講義室
    • 3F 学生ロッカールーム
    • 4F 体育館
    • 5F 大音楽会館
  • 図書館本館
    • 玄関ロビー
    • 事務室
    • 閲覧室(1F~3F)
    • 大閲覧室
    • 国試情報センター
  • 実験動物飼育施設
  • 薬草園
  • クラブハウス
  • 附属ハッチェリー薬局
  • 女子専用学生寮(ゲストハウス)

学部・学科編集

  • 薬学部
    • 薬学科(6年制)・・・高い総合力を持った薬剤師を目指す。
    • 漢方薬学科(6年制)・・・高い総合力に加え、強み(漢方医薬学)を持った薬剤師を目指す。

薬剤師国家試験を受験する上で、学科による有利不利はない。

  • 看護学部
    • 看護学科(4年制)・・・薬学教育を活かし、薬物療法に強い看護師を目指す。

取得可能資格:看護師保健師助産師など

第三者評価編集

  • 2018年3月に公益財団法人日本高等教育評価機構により、機構が定める大学評価基準に適合していると認定された。

薬剤師国家試験結果編集

  • 2015年に行われた第100回薬剤師国家試験での新卒出願者数は69名、新卒受験者数は39名で新卒合格者数は30名[1]。合格率は76.92%であり、私立大学の中では15位、全体では29位であった(全国私立大学平均71.65%)。

サークル活動編集

  • 九薬連大会(九州薬科大学連盟大会)や、九州地区大学体育大会に参加している。

運動部編集

文化部編集

同好会・愛好会編集

行事編集

  • 学園祭(薬大祭)

周辺環境編集

  • 大学の周辺には、第一薬科大学付属高等学校、福岡第一高等学校、福岡市立春吉中学校、南市民センター・図書館、市立南体育館など、教育施設や文化施設が集中している。また、同区内には九州大学大橋キャンパス(芸術工学部)、純真学園大学、純真短期大学、福岡女学院大学、福岡女学院大学短期大学部がある。
  • 九州中央病院(公立学校共済組合)、南区役所に近い。
  • 最寄りの駅(西鉄高宮駅)から天神(福岡市中心部)までの電車での所要時間は、約5分である。

交通編集

附属施設編集

  • RIセンター・・・第一薬科大学新館(実習棟)内
  • 中央機器室・・・第一薬科大学新館(実習棟)内

連携施設編集

海外の交流協定調印校編集

主な系列校編集

主な卒業生編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 第100回薬剤師国家試験 大学別合格者数 (PDF)”. 厚生労働省 (2015年3月27日). 2016年2月23日閲覧。

外部リンク編集