第三の時効』(だいさんのじこう)は、横山秀夫による連作警察小説。全6篇が収録されており、全篇とも集英社の『小説すばる』に掲載された。第16回山本周五郎賞候補作。

第三の時効
著者 横山秀夫
発行日 2003年2月5日
発行元 集英社
ジャンル 推理小説警察小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 328
コード ISBN 978-4-08-774630-3
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

作者が初めて事件を捜査する刑事を主人公にした「F県警強行犯シリーズ」の第1作目。

全編とも2002年から2005年にかけてテレビドラマ化された。

登場人物編集

  • 刑事部長
    • 尾関守
  • 捜査第一課課長
    • 田畑昭信
  • 捜査第一課強行犯捜査一係
    • 朽木泰正 - 班長:「青鬼」。捜査手法は「理詰め型」。
    • 田中 - 主任
    • 森隆弘
    • 殿村
    • 矢代勲
    • 島津:前職は捜査第二課知能犯捜査係。田端の所轄時代の部下。
  • 捜査第一課強行犯捜査二係
    • 楠見 - 班長:「冷血」。捜査手法は「搦手型」「謀略型」。公安あがり。女性に対して極めて辛辣。
    • 植草 - 主任
    • 宮嶋
    • 蒲地
    • 阿久津
  • 捜査第一課強行犯捜査三係
    • 村瀬 - 班長:「天才」。捜査手法は「閃き型」「天才型」。動物的カンの持ち主。
    • 伴内 - 主任
    • 東出裕文 - 警部補:村瀬不在中に班長代理を務める。
    • 石上 - 警部補:東出・氏家と同期。
    • 吉池
    • 三谷
    • 須藤
  • 暴力団対策課
    • 湯浅 - 課長
    • 小浜 - 特捜班長
    • 氏家忠宏:東出・石上と同期。前職は生活安全課。

各話掲載情報編集

  • 沈黙のアリバイ(『小説すばる』2001年9月号掲載)
  • 第三の時効(『小説すばる』2002年2月号掲載)
  • 囚人のジレンマ(『小説すばる』2002年4月号掲載)
  • 密室の抜け穴(『小説すばる』2002年7月号掲載)
  • ペルソナの微笑(『小説すばる』2002年9月号掲載)
  • モノクロームの反転(『小説すばる』2002年11月号掲載)

書誌情報編集

テレビドラマ編集

TBS版編集

横山秀夫サスペンス
「沈黙のアリバイ」(第1作)
「第三の時効」(第2作)
「密室の抜け穴」(第3作)
「ペルソナの微笑」(第4作)
「囚人のジレンマ」(第5作)
「モノクロームの反転」(第6作)
ジャンル 刑事ドラマ
原作 横山秀夫
企画 越智貞夫
脚本 久松真一
森岡利行
監督 清弘誠
榎戸耕史
長谷川康
出演者 渡辺謙(第1作主演)
緒形直人(第2作主演)
石橋凌(第3作主演)
金子賢(第4作主演)
橋爪功(第5作主演)
段田安則(第6作主演)
寺田農
製作
プロデューサー 杉本明千世
制作 TBS
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域  日本
放送期間2002年7月8日 - 2005年6月13日
放送時間月曜 21:00 - 22:54
放送枠月曜ミステリー劇場
放送分114分
回数6
テンプレートを表示

横山秀夫サスペンス』は、2002年から2005年までTBS系「月曜ミステリー劇場」で放送されたシリーズ。全6回。

タイトルは『沈黙のアリバイ』(第1作) → 『第三の時効』(第2作) → 『密室の抜け穴』(第3作) → 『ペルソナの微笑』(第4作) → 『囚人のジレンマ』(第5作) → 『モノクロームの反転』(第6作)

ドラマでは山梨県警捜査一課が舞台となっている。

キャスト(TBS版)編集

山梨県警察本部(TBS版)編集
  • 尾関泰嗣(刑事部長) - 寺田農
  • 田畑昭信(捜査第1課 課長) - 橋爪功
捜査第1課強行犯捜査係 一班(TBS版)編集
捜査第1課強行犯捜査係 二班(TBS版)編集
捜査第1課強行犯捜査係 三班(TBS版)編集
  • 村瀬透(班長) - 伊武雅刀(第3作・第5作・第6作)
  • 東出裕文(警部補・第5作は一班に班長代理として出向) - 石橋凌(第3作・第5作・第6作)
  • 石上孝志(警部補) - 隆大介[5](第3作)
  • 松田秀行(巡査部長) - 田中哲司[5](第3作・第5作)
  • 西山知子(刑事) - 真瀬樹里[5](第3作)
  • 清水道明(刑事) - 古川康大(第3作・第6作)
  • 鈴木真一(刑事) - 小川剛生(旧・小川剛[6])(第3作・第6作)
  • 佐藤仁(刑事) - 信太昌之(第3作・第5作)
  • 金子(刑事) - 日向丈(第3作)
  • 井上(刑事) - 大門裕明[7](第3作)
  • 安原(刑事) - 松本航平(第3作)
  • 伴内孝(刑事) - 上田耕一(第5作)
  • 是永貴志(刑事) - 永田良輔(第6作)
暴力団対策課(TBS版)編集
その他(TBS版)編集
  • 野口京子(楠見班長の婚約者・12年前にひき逃げにあい中央厚生病院に植物状態で入院中) - 木内友三(第4作・第6作)
ゲスト(TBS版)編集
第1作「沈黙のアリバイ」(2002年)
第2作「第三の時効」(2003年)
第3作「密室の抜け穴」(2003年)
第4作「ペルソナの微笑」(2004年)
第5作「囚人のジレンマ」(2004年)
第6作「モノクロームの反転」(2005年)

スタッフ(TBS版)編集

放送日程(TBS版)編集

話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 演出 視聴率
1 2002年7月08日 沈黙のアリバイ 「沈黙のアリバイ」
(「第三の時効」所収)
久松真一 清弘誠 16.1%
2 2003年2月24日 第三の時効 「第三の時効」 榎戸耕史 16.1%
3 5月05日 密室の抜け穴 「密室の抜け穴」
(「第三の時効」所収)
森岡利行 15.5%
4 2004年5月03日 ペルソナの微笑 「ペルソナの微笑」
(「第三の時効」所収)
久松真一 長谷川康
5 9月13日 囚人のジレンマ 「囚人のジレンマ」
(「第三の時効」所収)
榎戸耕史 13.4%
6 2005年6月13日 モノクロームの反転 「モノクロームの反転」
(「第三の時効」所収)
長谷川康

テレビ東京版編集

横山秀夫サスペンス
「沈黙のアリバイ」(第1作)
「モノクロームの反転」(第2作)
ジャンル 刑事ドラマ
原作 横山秀夫
脚本 青島武
監督 麻生学
出演者 仲村トオル(第1作主演)
岸谷五朗(第2作主演)
製作
チーフ・
プロデューサー
中川順平
プロデューサー 木下真梨子
平部隆明
制作 テレビ東京
BSテレ東
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域  日本
放送期間2020年10月26日 -
放送時間月曜 20:00 - 21:54
放送枠月曜プレミア8
放送分114分
回数2
月曜プレミア8
テンプレートを表示

横山秀夫サスペンス』は2020年10月26日11月9日テレビ東京月曜プレミア8」で放送された。

タイトルは『沈黙のアリバイ』(第1作) → 『モノクロームの反転』(第2作)

ドラマでは山梨県警察が舞台となっている[23]

キャスト(テレビ東京版)編集

山梨県警察本部刑事部(テレビ東京版)編集
捜査第一課強行犯捜査一係(通称・一班)(テレビ東京版)編集
捜査第一課強行犯捜査三係(通称・三班)(テレビ東京版)編集
その他(テレビ東京版)編集
  • たっちゃんの母(たっちゃんの葬儀の5日後自殺) - 水崎綾女
  • たっちゃん(15年前に朽木と同乗していた刑事にひき殺された聴覚障害者) - 大岡周太朗
ゲスト(テレビ東京版)編集
第1作「沈黙のアリバイ」(2020年)
第2作「モノクロームの反転」(2020年)

スタッフ(テレビ東京版)編集

放送日程(テレビ東京版)編集

話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督
1 2020年10月26日 沈黙のアリバイ 「沈黙のアリバイ」
(「第三の時効」所収)
青島武 麻生学
2 11月09日 モノクロームの反転 「モノクロームの反転」
(「第三の時効」所収)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 午後のサスペンス 横山秀夫サスペンス「沈黙のアリバイ」 - テレビ大阪(アーカイブ)
  2. ^ TV Drama - Naoto Ogata Official Web Site
  3. ^ a b プロフィール - タイムリーオフィス(アーカイブ)
  4. ^ 再放送 - 浜田大介ブログ 2012年5月24日
  5. ^ a b c d e f 午後のサスペンス 横山秀夫サスペンス 密室の抜け穴 - テレビ大阪(アーカイブ)
  6. ^ 第3作
  7. ^ プロフィール - 大門裕明の"大門塾"。
  8. ^ 須永慶の「1968年」から、今まで出演した作品 - 須永慶のホームページ
  9. ^ プロフィール - 夢工房(アーカイブ)
  10. ^ プロフィール - NEWSエンターテインメント(アーカイブ)
  11. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画(アーカイブ)
  12. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画(アーカイブ)
  13. ^ a b プロフィール - 合同会社 現代
  14. ^ 武藤 令子”. サーブプロモーション. 2016年4月10日閲覧。
  15. ^ プロフィール - オスカー電子カタログ(アーカイブ)
  16. ^ a b c 午後のサスペンス 横山秀夫サスペンス ペルソナの微笑 - テレビ大阪(アーカイブ)
  17. ^ プロフィール - ムーン・ザ・チャイルド(アーカイブ)
  18. ^ プロフィール - 生島企画室(アーカイブ)
  19. ^ 谷口 賢志”. SOS MODEL AGENCY. 2016年4月10日閲覧。
  20. ^ プロフィール - アール・クルー(アーカイブ)
  21. ^ 稲次将人プロフィール(下書) - 稲次将人オフィシャルブログ 2007年10月13日
  22. ^ プロフィール - キリンプロ(アーカイブ)
  23. ^ 岸谷五朗「濃い男だらけの男臭い作品」横山秀夫原作本格警察ドラマで、ライバル刑事・仲村トオルと火花散らす”. ザテレビジョン (2020年11月7日). 2020年11月20日閲覧。
  24. ^ a b c d e f g 仲村トオル×岸谷五朗、対照的な刑事がぶつかり合う!横山秀夫サスペンスを実写化”. ザテレビジョン (2020年9月24日). 2020年11月20日閲覧。
  25. ^ 飯田基祐 - Twitter 2020年10月16日
  26. ^ プロフィール - ATプロダクション

外部リンク編集