第三図南丸(だいさんとなんまる)は、日本水産が所有していた捕鯨母船

第三図南丸
Tonan Maru no. 3 (1938) 1939-11-21.jpg
第三図南丸(1938年)
基本情報
船種 捕鯨母船
タンカー
クラス 第二図南丸型捕鯨母船
船籍 大日本帝国の旗 大日本帝国
Flag of Japan.svg 日本
所有者 日本水産
日本海洋漁業統制
運用者 Flag of Japan.svg 日本水産
日本海洋漁業統制
 大日本帝国海軍
日本水産
建造所 大阪鉄工所桜島工場
母港 東京港/東京都
姉妹船 第二図南丸
航行区域 遠洋
信号符字 JUJM→JBXR
IMO番号 45152→67472(※船舶番号)
改名 第三図南丸→図南丸
建造期間 486日
就航期間 11856日
経歴
起工 1937年5月26日
進水 1938年5月1日
竣工 1938年9月23日
最後 1944年2月19日被弾沈没(トラック島空襲)(第三図南丸)
1971年3月9日売却解体
要目
総トン数 19,209トン
純トン数 13,263トン
載貨重量 22,065トン
全長 168.86m
垂線間長 163.07m
型幅 22.56m
型深さ 17.32m
高さ 13.10m(水面から1番デリックポスト最上端まで)
27.43m(水面から1番マスト最上端まで)
16.76m(水面から2番デリックポスト最上端まで)
喫水 11.059m
主機関 排気タービン付三連成レシプロ機関 1基
推進器 1軸
最大出力 8,200IHP
定格出力 7,000IHP
最大速力 14.123ノット
航続距離 13ノットで18,000海里
1941年11月4日徴用。
高さは米海軍識別表[1]より(フィート表記)
テンプレートを表示
第三図南丸
基本情報
艦種 特設運送船
特設運送船(給油船)
艦歴
就役 1941年11月10日(海軍籍に編入時)
横須賀鎮守府部隊/横須賀鎮守府所管
除籍 1943年8月31日
要目
兵装 不明
装甲 なし
搭載機 なし
徴用に際し変更された要目のみ表記
テンプレートを表示

船歴編集

 
就役時の第三図南丸。

竣工編集

大阪鐵工所(後の日立造船)大阪桜島造船所で建造され、1938年(昭和13年)9月23日に竣工した。前年に竣工した第二図南丸の同型船で、太平洋戦争前は、主に南極海での捕鯨に使われていた。

太平洋戦争編集

「第三図南丸」は太平洋戦争直前の1941年(昭和16年)11月に日本海軍によって徴用され、11月1日付で特設運送船として補給隊に編入された[2]。11月25日に横須賀を出港し、佐世保、三亜を経由して12月8日にカムラン湾に到着[3]英領ボルネオ攻略に参加した。12月13日、「第三図南丸」を含めて10隻の輸送船が第十二駆逐隊などに護衛されてカムラン湾を出撃[4]。12月16日にミリ、ルトン、セリヤへの上陸が行われ[5]、上陸後「第三図南丸」はミリへ資材などを降ろした[6]。続いてクチン攻略が行われ、「第三図南丸」など6隻が駆逐艦2隻と掃海艇2隻の護衛で12月22日にミリから出撃[7]。しかし、23日に船団はオランダ潜水艦「K14」の襲撃を受けて「第三図南丸」を含めて4隻の輸送船が被雷した[8]。「第三図南丸」は中破したが航行は可能であった[9]。12月17日に「第三図南丸」はカムラン湾へ向かい[10]、その後修理のため日本本土へ向かった。1942年2月1日、呉到着[11]。修理は横浜造船所で行われた[11]

1942年11月1日から横浜造船所で石油輸送専門に戻す作業が行われ、1943年2月25日に特設給油船に変更された[12]

トラック島編集

第三図南丸は太平洋戦争中に数度、米潜水艦の雷撃を受けた。1943年7月24日にティノサ(USS Tinosa, SS-283)の魚雷を受けた際には、ティノサは合計15本の魚雷を発射しそのうち12本が命中したが、魚雷の信管の不良のため、爆発したのは2本のみで、残りは全て不発だった(当時のアメリカ海軍は、信管の不良に悩まされていた)。しかし爆発した魚雷がスクリューにダメージを与えたため自力航行が出来ず、トラック島まで曳航された。損害の大きさから、第三図南丸は油槽船(タンカー)としてではなく海に浮かぶ重油タンクとしてしばらくトラック島にとどまる事になる。なおこの時、船体に魚雷が突き刺さったままの姿が髪にかんざしを差した花魁(おいらん)のようであった事から、「花魁船」と言われた。

トラック島で工作艦明石が長期にわたる修理を実施した結果、1943年11月に再び「船」として復帰し、輸送任務に就くことになった。1944年(昭和19年)2月17日、アメリカ軍によるトラック島空襲に遭遇して被弾炎上し、19日2時10分に沈没した。

監督官等編集

監督官
  1. 大道寺邁 大佐:1943年2月20日[13] - 1943年5月25日
指揮官
  1. 大道寺邁 大佐:1943年5月25日 -

戦後編集

戦後、南極海での捕鯨を再開した日本水産が高性能な捕鯨母船を必要としたため、第三図南丸が再就役可能か調査が行われ浮揚可能・修理可能の判断が下された。1951年(昭和26年)3月に浮揚され、日本まで曳航されて、播磨造船所(現・IHI)で修理がおこなわれた。なお、浮揚させる時は陸から引っ張ったりせずに日本から来た船だけで浮揚に成功させている。これは国内で撃沈された艦船の浮揚・解体で、高い技術を持っていたからできた事である。

図南丸、第二図南丸は戦没していたため、捕鯨母船としての再就役にともない、船名は図南丸に変更された。10月17日に再竣工。再竣工と同時にGHQ日本商船管理局en:Shipping Control Authority for the Japanese Merchant Marine, SCAJAP)によりSCAJAP-T323の管理番号を与えられた。再竣工後は再び南極海での捕鯨に従事することとなり、タンカー改装の橋立丸に代わって第6次南氷洋捕鯨(1951/52年漁期)から日本水産の母船として出漁している。その後も北洋・南極海での捕鯨に従事し1971年(昭和46年)に引退、広島県呉市の対岸、江田島で解体された。

脚注編集

  1. ^ Tonan_Maru_No.2_class
  2. ^ 捕鯨工船「図南丸」太平洋に死せず、68ページ
  3. ^ 捕鯨工船「図南丸」太平洋に死せず、68-69ページ
  4. ^ 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、521ページ、捕鯨工船「図南丸」太平洋に死せず、69ページ
  5. ^ 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、523ページ
  6. ^ 捕鯨工船「図南丸」太平洋に死せず、70ページ
  7. ^ 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、528-529ページ
  8. ^ 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、530、640ページ、捕鯨工船「図南丸」太平洋に死せず、70ページ
  9. ^ 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、531ページ、捕鯨工船「図南丸」太平洋に死せず、70ページ
  10. ^ 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、535ページ
  11. ^ a b 捕鯨工船「図南丸」太平洋に死せず、71ページ
  12. ^ 捕鯨工船「図南丸」太平洋に死せず、72ページ
  13. ^ 海軍辞令公報(部内限)第1057号 昭和18年2月23日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072089800 

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集