第九管区海上保安本部

第九管区海上保安本部(だいきゅうかんくかいじょうほあんほんぶ)は、新潟県新潟市に本部を置く海上保安庁管区海上保安本部の一つである。主に東北地方南部から北陸地方にかけての日本海沿岸、ならびに新潟県富山県石川県長野県内陸県)を管轄区域とする。

略称九管九管本部と称呼することもある)、英語表記は9th Regional Coast Guard Headquarters。本部は新潟県新潟市中央区美咲町一丁目の新潟美咲合同庁舎2号館にあり、下部組織として4つの海上保安部、4つの海上保安署・分室、航空基地1か所を有する。

特徴編集

第九管区の管轄は、沿岸部に限れば新潟・富山・石川の3県のみであるが[1]東北地方の沖合も活動水域になっており、朝鮮民主主義人民共和国(以下北朝鮮と記述)と国境海域を接する治安の最前線である。そのため、工作船対処用の最新鋭巡視船が配備されパトロールに当たっており、管区外の酒田港秋田港の岸壁に第九管区の巡視船が停泊していることがある。管内ではかつて北朝鮮工作員による数多くの拉致事件が起こり、能登半島沖不審船事件も発生した[1]

近年では、韓国の不法漁民によるあなご密漁による漁業被害や、排他的経済水域(EEZ)の大和堆周辺で北朝鮮漁船による違法操業などに対する漁業監視[2][3]が主な任務となっている。また、管轄区域沿岸の志賀原子力発電所柏崎刈羽原子力発電所周辺海域の警備も行っている。

沿革編集

以下、自治体の名称は当時のもので記載している。

組織編集

 
第九管区海上保安本部が所在する新潟美咲合同庁舎2号館

主な保有船艇・航空機編集

巡視船巡視艇編集

九管は計18隻の巡視船艇を保有しているが、主要なものを以下に挙げる。

新潟海上保安部編集

佐渡海上保安署
上越海上保安署

伏木海上保安部編集

金沢海上保安部編集

七尾海上保安部編集

能登海上保安署

航空機編集

九管は固定翼機2機、回転翼機3機を保有している。

新潟海上保安部(巡視船えちご)編集

回転翼機
  • MH916 みさご:S-76D(えちご搭載機)

新潟航空基地編集

固定翼機
  • MA863 とき1号:ビーチ350
  • MA864 とき2号:ビーチ350
回転翼機
  • MH967 らいちょう1号:AW139
  • MH970 らいちょう2号:AW139

脚注編集

  1. ^ a b c d 北朝鮮の不法侵犯と対峙「海上保安庁」超過酷部隊に密着”. Smart FLASH (2020年1月7日). 2020年6月20日閲覧。
  2. ^ a b c “「違法船」に放水銃 金沢港で訓練初公開”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(北國新聞). (2018年11月14日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000017038 2020年9月20日閲覧。 
  3. ^ “北違法操業、海保が漁期前に監視 大和堆、巡視船5隻、新潟港に”. SankeiBiz. (2018年5月22日). https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180522/mcb1805220300022-n1.htm 2020年9月20日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k 海上保安協会 1998, p. 155.
  5. ^ a b 海上保安協会 1998, p. 29.
  6. ^ a b c 広報のと平成27年7月号 (PDF)”. 能登町広報情報推進課 (2015年7月1日). 2020年9月20日閲覧。
  7. ^ 海上保安協会 1998, p. 30.
  8. ^ 市報さど13号 (PDF)”. 佐渡市役所企画情報課広報広聴係 (2005年3月15日). 2020年9月20日閲覧。
  9. ^ “能登沖で保護の9人、脱北者と断定 仮上陸認める”. 日本経済新聞. (2011年9月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1305V_U1A910C1000000/ 2020年9月20日閲覧。 
  10. ^ “海上保安庁向け1,000トン型巡視船「わかさ」、「さど」引き渡し” (プレスリリース), 三井造船, (2015年2月26日), https://www.mes.co.jp/archive-news/press/2015/20150226.html 2020年6月20日閲覧。 

参考文献編集

  • 『第九管区海上保安本部50年史』海上保安協会新潟支部、1998年9月。

外部リンク編集