メインメニューを開く
第二丁卯
艦歴
建造所 イギリスロンドン
起工
進水 慶応2年(1866年
竣工 慶応3年(1867年
就役 慶応4年5月(1868年6月から7月)長州藩が購入
明治3年4月9日(1870年5月9日)献納
喪失 1885年4月3日
除籍
要目[1]
排水量 236トン
全長 長さ:36.58m
全幅 幅:6.40m
吃水 2.29m
機関 横置直道式レシプロ1基
60馬力(IHP)
速力 5ノット
航続距離
燃料
乗員
兵装 5.9インチ砲1門
5.5インチ後装砲1門[2]

第二丁卯(だいにていぼう)は日本海軍軍艦。元は長州藩の発注した三檣スクーナー型木造汽船。

「丁卯」は十干十二支のひとつで、幕末では慶応3年(1867年)に当たる。この年にイギリスで建造された長州藩の軍艦が後の「第一丁卯」と「第二丁卯」となる。同一年の建造のため第一と第二を付加して区別した。

艦歴編集

建造時の仮称は「アソンタ(Assunta)」と称し、イギリスロンドンで建造、慶応4年5月(1868年6月から7月)長州藩が購入、「第二丁卯丸」と命名された。

明治3年4月9日(1870年5月9日)に政府に献納、同年5月8日(1870年6月6日)に品川沖で受領した。これにより兵部省所管となり「第二丁卯艦」と改名された。また翌明治4年11月15日(1871年12月26日)に六等艦と定められた。明治5年2月(1872年3月前後)から翌年1月まで測量任務に従事している。

1875年(明治8年)の江華島事件発生の際には、「雲揚」や「春日」などと共に釜山沖に派遣されていた。江華島での直接の交戦には参加していない。

1877年(明治10年)に勃発した西南戦争では下関の警備に従事、また日奈久攻略に参加した。

明治天皇福岡行幸の護衛艦として神戸港に回航中、1885年(明治18年)4月3日に三重県安乗崎で座礁、破壊された。

艦長編集

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

  • 山崎景則 少佐:1873年1月12日 - 1873年3月3日
  • 杉盛道 少佐:1878年11月25日 - 1883年3月2日
  • 東郷平八郎 少佐:1883年3月12日 - 1884年5月15日
  • 池辺尚能 大尉:1884年5月19日 - 9月4日
  • 松岡方祇 少佐:1884年9月4日 -

脚注編集

  1. ^ 要目は『幕末の蒸気船物語』による。排水量125トンとする資料もあるが、船体寸法に対して明らかに小さいとしている。『日本海軍史』によると排水量125トン、長さ39.4m、幅6.6m、吃水2.4m、60馬力、速力8.0ノット。
  2. ^ 『幕末の蒸気船物語』による。『日本海軍史 第7巻』『聯合艦隊軍艦銘銘伝』によると8門。

参考文献編集

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
  • 元綱数道『幕末の蒸気船物語』(成山堂書店、2004年) ISBN 4-425-30251-6
  • 官報

関連項目編集