メインメニューを開く

第二東海自動車道(だいにとうかいじどうしゃどう)は、東海地方を縦貫する国土開発幹線自動車道(国幹道)の路線名である。法的略称は「第二東海道」(だいにとうかいどう)である。第一東海自動車道と並行する路線で、連絡路(清水連絡路・引佐連絡路)とジャンクション (JCT) を介して相互に補完し合うようになっている。

東京側の一部区間を除き新東名高速道路及び伊勢湾岸自動車道として事業化されている。

目次

路線名・道路名編集

国土開発幹線自動車道の路線名は、第二東海自動車道であり、以下の表のとおりとされている。

起点 主たる経過地 終点
東京都 厚木市付近 静岡市付近 名古屋市

また、高速自動車国道の路線を指定する政令の路線名は第二東海自動車道横浜名古屋線であり、以下の表のとおりとされている。

これらについて、一般公衆に案内されている道路名(通称名・営業路線名)に区分すると以下のようになる。

道路名 区間 備考
(計画中・調査中) 玉川IC - 海老名南JCT
E1A 新東名高速道路 海老名南JCT - 豊田東JCT 伊勢原JCT - 御殿場JCTは未開通
E1A 伊勢湾岸自動車道 豊田東JCT - 東海IC

高速自動車国道としては基本計画区間となっている東海IC - 名港中央ICについては、高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路として国道302号名古屋環状2号線伊勢湾岸道路が開通している。

海老名南JCT以東は計画中・調査中であるが、国土交通省の資料[1]によると起点が東京都世田谷区の玉川IC(仮称)であり東京外かく環状道路に接続する。途中、横浜泉JCT(仮称)を経て海老名南JCTに至り首都圏中央連絡自動車道(圏央道)に接続する計画である。同資料によれば、玉川IC - 横浜泉JCTの距離は36キロメートル (km) 、横浜泉JCT - 海老名南JCTの距離は10kmとなっている。なお、玉川ICの名称は既に第三京浜道路で使用されているが、国土交通省の資料が示す玉川ICと同一であるかは不明。途中のインターチェンジの数・位置などは未定。神奈川県の自動車専用道路網構想での路線名は武相幹線[2]日本高速道路保有・債務返済機構の資料[3]及び国土交通省高速道路ナンバリング[4]では東名高速道路横浜新道及び第三京浜道路の概ね中間を通り、東京都内にて東京外かく環状道路に接続するように記載されているが、海老名南JCT以東の都市計画決定等はされておらず、詳細な経路は不明となっている。

沿革編集

インターチェンジなど編集

IC
番号
施設名 接続路線名 起点
から
km
備考 所在地
玉川IC C3 東京外郭環状道路 0.0 調査中 東京都 世田谷区
横浜泉JCT 横浜環状道路 神奈川県 横浜市泉区
海老名南JCT C4 首都圏中央連絡自動車道さがみ縦貫道路 海老名市
E1A 新東名高速道路 静岡豊田方面

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 高規格幹線道路に関する点検について (PDF)”. 国土交通省 道路局. p. 7 (2007年11月). 2017年3月7日閲覧。
  2. ^ 第3章 目標の実現に向けた交通施策 (PDF)”. かながわ交通計画 (PDF). 神奈川県. p. 5 (2007年10月). 2017年3月7日閲覧。
  3. ^ 全国路線図 (PDF)”. 独立行政法人 日本高速道路保有・債務返済機構. 2017年3月7日閲覧。
  4. ^ http://www.mlit.go.jp/road/sign/numbering/about/index.html
  5. ^ 第四次全国総合開発計画 (PDF)”. 国土交通省. 2018年6月2日閲覧。

外部リンク編集