第二次世界大戦下の宣戦布告

宣戦布告

この項目は、第二次世界大戦下の宣戦布告(だいにじせかいたいせんかのせんせんふこく)の時系列である。

第二次世界大戦のヨーロッパ戦線英語版のアニメーション地図

宣戦布告は、他国との戦争に突入するにあたって行われる正式な行為である。二国間または多国間で戦争を行うために行為遂行的発話英語版が行われるか中央政府の代表により署名された文書が提出される。宣戦布告に関する正式な国際法規は開戦に関する条約(1907年のハーグ条約)である[1]

第二次世界大戦下で、国家間の戦争につながった、これらの行為の裏側で行われた外交戦略については、第二次世界大戦の外交史英語版を参照。

一覧編集

下表は、第二次世界大戦における国家間の戦争の勃発をまとめたものである。表にあるのは、事実上の戦争状態が存在した日付と戦争を仕掛けた国、その相手国である。出来事については、物理的な攻撃を伴わない単純な断交と明らかな宣戦布告、侵略行為をまとめた。希なケースとして、二国間の戦争が、断続的な和平期間を挟み、二度起きた。講和条約または休戦期間は含まない。


種類について:

A = 事前の宣戦布告なき攻撃
C = 正式な宣戦布告、手続きなし(開戦事由があって覆せない場合があった)
U = 最後通牒を経て戦争に至った
W = 正式に宣戦布告された

日付 戦争を仕掛けた国 相手国 種類 備考 出来事
1939-09-01   ドイツ   ポーランド U[2][3] ドイツが午前4:44に攻撃開始(ベルリン、ワルシャワ時間)[4][2][5] ポーランド侵攻
1939-09-01   スロバキア共和国   ポーランド A スロバキアのポーランド侵攻英語版
1939-09-03   イギリス
  フランス
  オーストラリア
  ニュージーランド
  インド
  トンガ英語版
  トランスヨルダン英語版
  モロッコ
  チュニジア
  ドイツ U[2][3] At 11:15 a.m. London time,[6] British PM, Neville Chamberlain publicly delivered his Ultimatum Speech.[3][注釈 1]>[7] As the Statute of Westminster 1931 was not yet ratified by the parliaments of Australia and New Zealand, the British declaration of war on Germany also applied to those dominions. Tonga was not a British dominion, but declared war separately, alongside Britain.[8] The French ultimatum to Germany expired a few hours later at 17:00. United Kingdom declaration
French declaration
1939-09-04   ネパール   ドイツ W

Declaration

1939-09-06   南アフリカ   ドイツ W[2][3] Declaration
1939-09-10   バーレーン英語版
  カナダ
  オマーン英語版
  ドイツ W[2][3] Declaration

Declaration

Declaration

1939-09-17   ソビエト連邦   ポーランド A[2][3] Invasion
1939-11-09   クウェート英語版   ドイツ W Kuwaiti Declaration of War
1939-11-30   ソビエト連邦   フィンランド A[2][3] Second war between these nations (after Finnish invasion in 1918–1920). 冬戦争
1940-04-09   ドイツ   デンマーク
  ノルウェー
A[2] デンマークの戦い
ヴェーザー演習作戦
1940-04-12   イギリス   フェロー諸島 A[3] フェロー諸島占領
1940-05-10   ドイツ   ベルギー
  オランダ
A/W[2][3] Date of the German offensive in the West, W from Belgium and the Netherlands.[9]

ベルギーの戦い

Netherlands

1940-05-10   ドイツ   ルクセンブルク A[3] ドイツのルクセンブルク侵攻英語版
1940-05-10   イギリス   アイスランド A イギリスのアイスランド侵攻英語版
1940-06-??   ドイツ   スイス A ドイツ空軍がフランス侵攻に伴いスイスの領空を侵犯。スイス空軍は、ドイツ空軍を迎撃、一部を撃墜している。 第二次世界大戦中のスイスへの空襲
1940-06-10   イタリア   フランス
  イギリス
W[2][3] France and the UK
1940-06-10   カナダ   イタリア W[2] Declaration
1940-06-11   南アフリカ
  オーストラリア
  ニュージーランド
  イタリア W[2]

South Africa

Australia

New Zealand

1940-06-11   フランス   イタリア W[2] Declaration
1940-06-25   イギリス   ヴィシー・フランス A ヴィシー・フランスは1940年7月8日にイギリスとの国交を断絶 メルセルケビール海戦
1940-09-09   イタリア   エジプト王国 A エジプトからのイタリアの正式な宣戦布告はなし イタリアのエジプト侵攻
1940-09-22   大日本帝国   ヴィシー・フランス A 日本軍が仏領インドシナを占領 仏印進駐
1940-09-23   自由フランス
  イギリス
  オーストラリア
  ヴィシー・フランス A Invasion
1940-10-??   タイ   ヴィシー・フランス A Franco-Thai War
1940-10-28  イタリア   ギリシャ王国 U[3] イタリアがギリシャに侵攻 ギリシャ・イタリア戦争
1940-11-23   ベルギー亡命政府自由ベルギー軍英語版   イタリア W[10] Declaration
1941-02-05   自由フランス   イタリア A Invasion
1941-04-06   ドイツ   ギリシャ王国 W[2][3] ギリシャの戦い
1941-04-06   ドイツ   ユーゴスラビア王国 A[2][3] ユーゴスラビア侵攻
1941-04-06   イタリア   ユーゴスラビア王国 A[3] ユーゴスラビア侵攻
1941-04-07   ユーゴスラビア王国   ハンガリー A[11] ドイツの侵攻後、ハンガリーに爆撃を行った ユーゴスラビア侵攻
1941-04-14   ドイツ   エジプト王国 A エジプトは1945年まで宣戦布告しなかった ゾネンブルーメ作戦
1941-05-02   イギリス   イラク A アングロ=イラク戦争
1941-06-08   自由フランス   ドイツ A [要出典] シリア・レバノン戦役
1941-06-22   ドイツ
  イタリア
  ルーマニア
  ソビエト連邦 A[2][3] 攻撃時にドイツから時限宣戦布告があった[12] バルバロッサ作戦
1941-06-22  トゥヴァ人民共和国   ドイツ W Tuva was a client state of the Soviet Union. Part of the USSR from 1944.
1941-06-25   フィンランド   ソビエト連邦 W フィンランドソ連との戦争の一部と認識している 継続戦争
1941-06-27   ハンガリー   ソビエト連邦 C[11] ハンガリーの数カ所が爆撃された後、ハンガリー軍はソ連の攻撃と判断し、政府は議会の同意なしに、摂政不在のまま両国がすでに交戦状態にあると判断した。 バルバロッサ作戦
1941-08-25   ソビエト連邦
  イギリス
  オーストラリア
  イラン A イラン進駐
1941-12-05   イギリス   フィンランド
  ルーマニア
  ハンガリー
W[13] Declaration
1941-12-06   フィンランド
  ルーマニア
  イギリス W[3] Declaration
1941-12-07   イギリス   ハンガリー W[14] UK declaration of war from 1941-12-05 entered into force on 1941-12-07 1 minute after midnight Declaration
1941-12-07   大日本帝国   アメリカ
  イギリス
  タイ
W/A[2] W (日本の認識); A (イギリス、アメリカの認識)

日本の対米英宣戦布告

真珠湾攻撃

香港占領

タイ進駐

1941-12-07   カナダ
  オーストラリア
  ニュージーランド
  フィンランド
  ルーマニア
  ハンガリー
W[3] Declaration
1941-12-07   カナダ
  パナマ
  大日本帝国 W[3] Declaration
1941-12-08   イギリス
  アメリカ
  カナダ
  オーストラリア
  コスタリカ
  ドミニカ共和国
  エルサルバドル
  グアテマラ
  ハイチ
  ホンジュラス
  オランダ王国亡命政府英語版
  ニュージーランド
  ニカラグア
  フィリピン・コモンウェルス
  トンガ英語版[8]
  大日本帝国 W[3]

イギリスの対日宣戦布告
アメリカ合衆国の対日宣戦布告
カナダによる宣戦布告
Australian declaration
Costa Rican declaration
Dominican Republic's declaration
Guatemalan declaration
Salvadoran declaration
Haitian declaration
Honduran declaration
Dutch declaration
New Zealand's declaration
Nicaraguan declaration
Philippine declaration
Tongan declaration

1941-12-08   南アフリカ   大日本帝国
  フィンランド
  ルーマニア
  ハンガリー
W[3] South African declaration
1941-12-08   モンゴル人民共和国   ドイツ W[要出典]

Mongolian declaration

1941-12-08   満洲国   アメリカ W[3]

Manchukuo declaration

1941-12-08   大日本帝国   イギリス領マラヤ A マレー作戦

シンガポール空襲英語版

1941-12-09   オーストラリア
  ニュージーランド
  キューバ英語版
  大日本帝国 W[3]

Australian declaration

New Zealand's declaration

1941-12-09   中華民国   ドイツ
  イタリア
  大日本帝国
W[3] 中華民国と日本は1937年から戦闘を行っている。 日中戦争

Declaration

1941-12-11   ドイツ
  イタリア
  アメリカ W[2][3]

ドイツの対米宣戦布告英語版

イタリアの対米宣戦布告

1941-12-11   アメリカ
  キューバ英語版
  コスタリカ
  ドミニカ共和国
  グアテマラ
  ニカラグア
  ドイツ
  イタリア
W[3] Germany

アメリカ合衆国の対伊宣戦布告

1941-12-11   オランダ王国亡命政府英語版   イタリア W[3] Declaration
1941-12-11   ポーランド亡命政府   大日本帝国 W[2] Japan rejected declaration of War. Prime Minister Hideki Tōjō's answer was: "We don't accept the Polish declaration of war. The Poles, fighting for their freedom, declared war under the British pressure"[要出典].
1941-12-12   ルーマニア
  ブルガリア
  スロバキア共和国
  アメリカ
  イギリス
W[3]

Romanian declaration

Bulgarian declaration

1941-12-12   ハイチ
  エルサルバドル
  パナマ
  ドイツ
  イタリア
W[3] Declaration
1941-12-12   オーストラリア
  オランダ
  ポルトガル A ポルトガルは第二次世界大戦中を通して中立を維持した。

Invasion

1941-12-13   イギリス
  ニュージーランド
  南アフリカ
  ブルガリア王国 W[3]

British declaration

New Zealand's declaration

South African declaration

1941-12-13   ホンジュラス   ドイツ
  イタリア
W[3] Declaration
1941-12-13   イタリア   キューバ英語版
  グアテマラ
W[3] Declaration
1941-12-14   クロアチア独立国   アメリカ
  イギリス
W[3] Declaration
1941-12-15   ハンガリー   アメリカ C[15] The Prime Minister informed the U.S. ambassador without approval of the Parliament and the Regent, but initially denied it would mean "war" in fact, however two days later he declared it means the two countries became belligerent. As the ambassador refused to accept the verbal form of this act, the next day the Prime Minister in written reinforced it. Declaration
1941-12-16   チェコスロバキア亡命政府   ドイツ
  イタリア
  フィンランド
  ルーマニア
  ハンガリー
  大日本帝国
  ブルガリア王国
  クロアチア独立国
  スロバキア共和国
W[3] Czechoslovakia declares war on all countries at war with the United States of America, Great Britain and the Union of Soviet Socialist Republics. Declaration
1941-12-16   大日本帝国   サラワク王国

  英領北ボルネオ

  ブルネイ

A 日本占領時期のイギリス領ボルネオ
1941-12-17   アルバニア   アメリカ W Declaration
1941-12-19   ニカラグア   ルーマニア
  ハンガリー
  ブルガリア
W[3] Declaration
1941-12-19   ルーマニア   ニカラグア W[16] Out of the Axis countries only Romania reciprocated, declaring war on Nicaragua on the same day Declaration
1941-12-20   ベルギー亡命政府   大日本帝国 W Declaration
1941-12-24   ハイチ   ルーマニア
  ハンガリー
  ブルガリア
W[3] Declaration
1941-12-24   ルーマニア   ハイチ W[17] Out of the Axis countries only Romania reciprocated, declaring war on Haiti on the same day Declaration
1942-01-01 連合国 枢軸国 W Declared during Arcadia Conference Declaration
1942-01-06   オーストラリア   ブルガリア W Declaration
1942-01-25   タイ   イギリス
  アメリカ
A Declaration
1942-01-25   イギリス
  ニュージーランド
  南アフリカ
  タイ W

British declaration

New Zealand's declaration

South African declaration

1942-02-19   大日本帝国   ポルトガル A Portugal maintained neutrality throughout World War II. Invasion
1942-03-02   オーストラリア   タイ W[3]

Australian declaration

1942-05-05   南アフリカ
  オランダ王国亡命政府英語版
  ポーランド
  ヴィシー・フランス A マダガスカルの戦い
1942-05-05   イギリス
  北ローデシア
  南ローデシア
  南アフリカ
  タンガニーカ英語版
  ベルギー領コンゴ
  ヴィシー・フランス
  大日本帝国
A マダガスカルの戦い
1942-05-22   メキシコ   ドイツ
  イタリア
  大日本帝国
W[3] Declaration
1942-06-05   アメリカ   ハンガリー
  ルーマニア
  ブルガリア
W[11] United States Declaration of War upon Hungary
United States Declaration of War upon Romania
United States declaration of war upon Bulgaria
1942-06-13   イロコイ連邦   ドイツ
  イタリア
  大日本帝国
W Having never made peace with Germany from the First World War, Haudenosaunee became the only Native American state to officially declare war on the Axis powers separately from the United States (other Native American nations issued declarations or declared war de facto alongside the United States as their tribal citizens enlisted in the Armed Forces). An Iroquois representative in full regalia announced on the steps of the U.S. Capitol by the following statement: "We represent the oldest, though smallest, democracy in the world today. It is the unanimous sentiment among Indian people that the atrocities of the Axis nations are violently repulsive to all sense of righteousness of our people, and that this merciless slaughter of mankind can no longer be tolerated. Now we do resolve that it is the sentiment of this council that the Six Nations of Indians declare that a state of war exists between our Confederacy of Six Nations on the one part and Germany, Italy, Japan and their allies against whom the United States has declared war, on the other part."[18] Declaration
1942-08-22   ブラジル英語版   ドイツ
  イタリア
W Declaration
1942-11-08   アメリカ合衆国
  カナダ
  ヴィシー・フランス A Invasion
1942-11-10   ドイツ
  イタリア
  ヴィシー・フランス A Invasion
1942-11-12   ドイツ   チュニジア A トーチ作戦に呼応してドイツ軍が数個師団を空輸して侵攻し、チュニスと東部を迅速に占領し、チュニジアのフランスの抵抗で西部は連合軍がチュニジア国境に到達する前に占領された。このチュニジア作戦により、連合国はアフリカにおける枢軸軍をついに撃破した。 Invasion
1942-12-14   エチオピア帝国   ドイツ
  イタリア
  大日本帝国
W 1935年10月3日、イタリアは正式な宣戦布告をすることなくエチオピアに侵攻した。このイタリアの侵攻に対し、エチオピアはイタリアに宣戦布告した。1936年、エチオピアの大部分はイタリアに占領されたが、エチオピアの一部はエチオピア愛国者運動の支配下にあり、1936年5月のアディスアベバ陥落の日から占領下のイタリア軍に対するゲリラ戦を開始した。1941年5月、アディスアベバはギデオン軍によって解放され、エチオピアの主権が回復された。 第二次エチオピア戦争

Declaration

1943-01-09   汪兆銘政権   アメリカ
  イギリス
W[3] Declaration
1943-01-17   イラク   ドイツ
  イタリア
  大日本帝国
W[3] Declaration
1943-01-20   チリ   ドイツ
  イタリア
W President Ríos officially suspended all trade and diplomatic relations with the Axis powers, and Chile officially joined the Allies as authorities began rooting out Nazi spies from Operation Bolivar. While only declaring war on Germany and Italy (although Chile would not declare war on Japan until 1945, it began imprisoning Japanese nationals in 1943), the American government and international press celebrated this day as Chile declaring war on the Axis. Declaration
1943-04-07   ボリビア   ドイツ
  イタリア
  大日本帝国
枢軸国
W Bolivia officially joined the Allies on 7 April 1943. Shortly after war was declared, the President, Enrique Peñaranda, was overthrown in a coup. Bolivian mines supplied needed tin to the Allies, but no troops or warplanes were sent overseas. Bolivians remained confident their geographic isolation would protect them from the war. Declaration
1943-07-12   スイス   イギリス A スイス軍の対空砲火によって、スイスの領空を通過中のイギリス空軍の爆撃機2機が撃墜される[19] 第二次世界大戦中のスイスへの空襲
1943-08-01   ビルマ国   アメリカ
  イギリス
W[3] Declaration
1943-09-08   ドイツ   イタリア
  アルバニア
A After Italy's capitulation to the Allied powers, Germany swiftly invaded both Italy and Italian-controlled territories (such as Albania, an Italian satellite state) to preempt a possible Allied intervention. Operation Achse, German occupation of Albania
1943-09-09   イラン   ドイツ W Declaration
1943-10-01   スイス   アメリカ A スイス領空に侵入したアメリカ軍爆撃機がスイス軍によって撃墜[20] 第二次世界大戦中のスイスへの空襲
1943-10-13   イタリア   ドイツ W[2] Italy had changed sides after the fall of Mussolini. The Declaration of War was given by Pietro Badoglio to the German ambassador in Madrid.[2] Declaration
1943-11-26   コロンビア   ドイツ W 第二次世界大戦下のコロンビア英語版を参照 Declaration
1944-01-17   自由フランス   イタリア社会共和国 A モンテ・カッシーノの戦い
1944-01-27   リベリア   ドイツ
  大日本帝国
W Declaration
1944-04-01   アメリカ合衆国   スイス A アメリカ陸軍航空軍シャフハウゼンへの昼間爆撃をおこなう。なお、スイスは第二次世界大戦を通じて中立の立場を維持した。 第二次世界大戦中のスイスへの空襲
1944-06-06   フランス共和国臨時政府   ドイツ A Invasion
1944-07-25   フランス共和国臨時政府   大日本帝国 A Invasion
1944-08-25   ルーマニア   ドイツ W[3] Romania switched sides Declaration
1944-09-05   ソビエト連邦   ブルガリア W Declaration
1944-09-07   ハンガリー   ルーマニア W[3] Declaration
1944-09-07   ルーマニア   ハンガリー W[3] Declaration
1944-09-08   ブルガリア   ドイツ W Bulgaria switched sides Declaration
1944-09-15   ドイツ   フィンランド A Lapland War
1944-09-21   サンマリノ   ドイツ
  イタリア社会共和国
A Battle of San Marino
1944-09-23   フィリピン第二共和国   アメリカ
  イギリス
W[21] Philippine declaration
1944-12-28   ハンガリー王国   ナチス・ドイツ W[22] The Provisional National Government, which had been established under Soviet protection in the city of Debrecen, declared war on Germany. The German-backed Arrow Cross regime was still at war with the Soviet Union and its troops were still in action. As it had not switched sides of its own accord, Hungary was never recognized as having defected to the Allies. Hungarian declaration
1945-02-02   エクアドル   ドイツ
  大日本帝国
W Ecuadorian declaration
1945-02-07   パラグアイ   ドイツ
  大日本帝国
W Paraguayan declaration
1945-02-12   ペルー   ドイツ
  大日本帝国
W[3] Declaration
1945-02-15   ベネズエラ
  ウルグアイ
  ドイツ
  大日本帝国
W

Venezuelan declaration

Uruguayan declaration

1945-02-23   トルコ   ドイツ
  大日本帝国
W Declaration
1945-02-24   エジプト王国   ドイツ
  大日本帝国
W Declaration
1945-02-26   シリア
  レバノン
  ドイツ
  大日本帝国
W Declaration
1945-02-28   サウジアラビア   ドイツ W Declaration
1945-03-01   サウジアラビア   大日本帝国 W[3] Declaration
1945-03-01   イラン   大日本帝国 W[3] Iran declares war on Japan retroactive to the previous day (Feb. 28, 1945) Declaration
1945-03-03   フィンランド   ドイツ W フィンランド、1944年のモスクワ休戦協定に基づき、1944年9月15日に遡ってドイツに宣戦布告。 ラップランド戦争
1945-03-07   ルーマニア   大日本帝国 W[3] Declaration
1945-03-27   アルゼンチン   ドイツ
  大日本帝国
W

Argentinean declaration

1945-04-11   チリ   大日本帝国 W Declaration
1945-06-07   ブラジル英語版   大日本帝国 W[3] Declaration
1945-07-09   ノルウェー亡命政府英語版   大日本帝国 W ノルウェー亡命政府、1941年12月7日、日本への宣戦布告を発表 Declaration[23]
1945-07-14   イタリア   大日本帝国 W Declaration
1945-08-08   ソビエト連邦   大日本帝国 W[2] 第二次世界大戦の全期間中、最後の戦争勃発 ソ連対日参戦
1945-08-10   モンゴル人民共和国   大日本帝国 W[24] W (de jure) A (de facto 1945-08-09) War declared 24 hours after crossing the border with Soviet troops

ソビエト連邦による満洲侵攻

第二次世界大戦中のモンゴル英語版

ギャラリー編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ Included in the speech: "...This morning, the British Ambassador in Berlin handed the German Government a final note, stating that unless we heard from them by 11 O'clock that they were prepared at once to withdraw their troops from Poland a state of war would exist between us. I have to tell you now that no such undertaking has been received and that consequently this country is at war with Germany..."

出典編集

  1. ^ On the Opening of Hostilities; 1907; Yale Law School Library; retrieved March 2014.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v "2194 Days of War"; (1977); Salmaggi, C. & Pallasvini, A.; 91-582-0426-1; per tables included. [Italian; American]
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw Doody, Richard, “Chronology of World War II Diplomacy 1939 - 1945”, World at War, オリジナルのMay 5, 2016時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160505212551/https://worldatwar.net/timeline/other/diplomacy39-45.html 2014年2月閲覧。 
  4. ^ Germans invade Poland”. History.com. 2019年12月1日閲覧。
  5. ^ BBC ON THIS DAY | 1”. news.bbc.co.uk. 2022年4月10日閲覧。
  6. ^ September 3, 1939: Britain declares war on Germany after Hitler's troops invade Poland”. BT.com. 2019年12月1日閲覧。
  7. ^ 1939: Britain and France declare war on Germany, BBC
  8. ^ a b The United States Invasion of Tonga In 1942”. 2005年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月23日閲覧。
  9. ^ Swedish Encyklopedia; "Bonniers Lexikon" (Vol. 1); (c.1960s); table in article by Andra Världskriget: The Second World War; Pp. 461-462.
  10. ^ Veranneman, Jean-Michel (30 September 2014). Belgium in WWII. ISBN 9781783376070. https://books.google.com/books?id=MmVtBQAAQBAJ&q=23+november+belgium+declares+war+on+italy&pg=PA84 
  11. ^ a b c Táblázat az egyes államok hadiállapotba kerüléséről”. arcanum.hu. Arcanum Adatbázis Kft.. 2022年4月10日閲覧。
  12. ^ "The Rise and Fall of the Third Reich"; Shirer, William L
  13. ^ BBC - WW2 People's War - Timeline”. www.bbc.co.uk. 2022年4月10日閲覧。
  14. ^ Hadiállapot Magyarország és Nagy-Britannia között”. arcanum.hu. Arcanum Adatbázis Kft.. 2022年4月10日閲覧。
  15. ^ Draveczki-Ury, Ádám (2011年12月11日). “Hetven éve történt: hadüzenet az Egyesült Államoknak”. honvedelem.hu. Honvédelmi Minisztérium. 2022年4月10日閲覧。
  16. ^ Dr Erik Goldstein, Routledge, 2005, Wars and Peace Treaties: 1816 to 1991, p. 218
  17. ^ Dr Erik Goldstein, Routledge, 2005, Wars and Peace Treaties: 1816 to 1991, p. 217
  18. ^ Treuer, David (22 January 2019). The Heartbeat of Wounded Knee: Native America from 1890 to the Present. Riverhead Books 
  19. ^ Der Archivar - Abgeschossen von der neutralen Schweiz”. Schweizer Radio und Fernsehen (SRF) (2015年9月7日). 2021年3月22日閲覧。
  20. ^ Der Archivar - Abgeschossen von der neutralen Schweiz”. Schweizer Radio und Fernsehen (SRF) (2015年9月7日). 2021年3月22日閲覧。
  21. ^ 1. United States/Philippines (1898-1946)”. 2022年4月10日閲覧。
  22. ^ Az új államiság kiépítése Magyarországon | Magyarok a II. világháborúban | Kézikönyvtár”. www.arcanum.hu. 2021年4月1日閲覧。
  23. ^ Norway Declares War on Japan”. p. 1 (1945年7月9日). 2022年4月10日閲覧。
  24. ^ Christopher P. Atwood (1999), "Sino-Soviet Diplomacy and the Second Partition of Mongolia, 1945–1946", Mongolia in the Twentieth Century: Landlocked Cosmopolitan, Bruce A. Elleman and Stephen Kotkin, eds. (Armonk, NY: M. E. Sharpe), 147.