メインメニューを開く

第二阪神線(だいにはんしんせん)は、阪神電気鉄道戦前に建設を計画していた鉄道路線

阪神電気鉄道は、明治38年(1905年)に今の本線軌道条例に基づいて開業させたが、阪神急行電鉄(現在の阪急)が大正9年(1920年)に直線経路をとる神戸線を並行して開業させたため、阪神が対抗のため計画したものである[1]。対抗上、高速運転可能な線形にすることにしていた。

計画では、梅田駅 - 出入橋駅間、西宮駅 - 芦屋駅間、御影駅 - 石屋川駅間、岩屋駅 - 三宮駅間は現在線との複々線とし、出入橋駅 - 伝法駅 - 尼崎駅 - 西宮駅間、芦屋駅 - 御影駅間、石屋川駅 - 岩屋駅間に新線を建設することとしていた[1]

計画のうち、伝法 - 大物 - 尼崎間は伝法線(後に西大阪線、さらに阪神なんば線と改称)として開業している。また、複々線の高架として完成した御影駅 - 石屋川駅の残り2線は留置線となっているほか、国道43号の開通に伴い、石屋川駅 - 西灘駅間は第二阪神線の計画線へと付け替えられている[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 川島令三「阪神電気鉄道 列車ダイヤのあゆみ」『鉄道ピクトリアル』第47巻第7号、電気車研究会、1997年7月、 159-160頁。

関連項目編集